May 24, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART2:3月のTEST(その6)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf
より
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

Remarks on the test
テストでの備考
-----
An interesting aspect of the E-Cat HT2 is certainly its capacity to operate in self-sustaining mode.

E-キャットHT2の興味深い側面は確かに自立モードで動作する能力です。

The values of temperature and production of energy which were obtained are the result of averages not merely gained through data capture performed at different times; they are also relevant to the resistor coils’ ON/OFF cycle itself.

得られた温度およびエネルギー生産の値は、異なる時期に実行されたデータ・キャプチャによって単に得られたのではない平均値の結果である; それらはまた、抵抗コイルのON / OFFサイクルそれ自体に関連しています。

By plotting the average temperature vs time for a few minutes of test (Plot 3) one can clearly see how it varies between a maximum and a minimum value with a fixed periodicity.

テストの数分間で平均温度対時間をプロットすることによって(プロット3)、はっきりと次を見ることができます、それが、固定周期で最大と最小値との間でどのように変化するかをです。
-----

Plot 3. Average surface temperature trend of the E-Cat HT2 over several minutes of operation.

プロット3。操作の数分にわたってE-キャットHT2の平均表面温度の傾向。

Note the heating and cooling trends of the device, which appear to be different from the exponential characteristics of generic resistor.

機器の加熱と冷却の傾向に注意してください、これは、一般的な抵抗の指数特性とは異なるように見える。
-----
Looking at Plot 3, the first feature one notices is the appearance taken by the curve in both the heating and cooling phases of the device.

プロット3を見ると、気がつく第一の特徴は、デバイスの加熱と冷却相の両方のカーブによる外観です。

If we compare these in detail with the standard curves of a generic resistor (Plot 4 and Plot 5), we see that the former differ from the latter in that they are not of the exponential type.

もし、我々が、一般的な抵抗の標準曲線を用いて詳細にこれらを比較すると(プロット4そしてプロット5)、わかってくることは次のことです、前者は後者とは異なります、その点でそれらは指数関数型ではありません。
-----

Plot 4. Comparing the typical heating curve of a generic resistor (left, [Ref. 9]) to the one relevant to one of the E-Cat HT2’s ON states.

プロット4。汎用抵抗器の典型的な加熱曲線を、E-キャットHT2のオン状態のいずれかに該当するものと比較する(左、[文献9])
-----

Plot 5. Comparing the typical cooling curve of a generic resistor (left, [Ref. 9]) to the one relevant to one of the E-Cat HT2’s OFF states.

プロット5。汎用抵抗器の典型的な冷却曲線を、eキャットHT2のOFF状態のいずれかに該当するものと比較する(左、[文献9])。
-----
Finally, the complete ON/OFF cycle of the E-Cat HT2, as seen in Plot 3, may be comparedwith the typical heating-cooling cycle of a resistor, as displayed in Plot 6.

最後に、E-キャットHT2の完全ON/OFFサイクルは、プロット3に示すように、抵抗器の典型的な加熱冷却サイクルと比較することができる、プロット6に表示されるように。
-----

Plot 6. Heating and cooling cycle of a generic resistor [Ref. 9].

プロット6。一般的な抵抗器の加熱と冷却サイクル[参照。 9]。

The trend is described by exponential type equations.

傾向は指数関数型方程式によって記述される。
-----
What appears obvious here is that the priming mechanism pertaining to some sort of reaction inside the device speeds up the rise in temperature, and keeps the temperatures higher during the cooling phase.

ここに明らかに表示されることは、装置内の反応のある種に係る呼び水機構は、温度上昇をスピードアップする、および、冷却段階中でも高い温度を維持するということである。
-----
(初版)
Another very interesting behavior is brought out by synchronically comparing another two curves: power produced over time by the E-Cat HT2, and power consumed during the same time.

別の非常に興味深い挙動が、もう二つの曲線をsynchronicallyに比較することによって引き出されています : E-キャットHT2によって時間をかけて生産されるパワー、さらに、同じ期間中に消費したパワー。

(新版)
Another very interesting behavior is brought out by synchronically comparing another set of curves: power produced over time by the E-Cat HT2, and power consumed during the same time.

別の非常に興味深い挙動が、もう一組別の曲線をsynchronicallyに比較することによって引き出されています : E-キャットHT2によって時間をかけて生産されるパワー、さらに、同じ期間中に消費したパワー。

An example of this may be seen in Plot 7, which refers to about three hours of test.

この例は、プロット7に見ることができる、これは、テストの約3時間を指します。

The resistor coils ON/OFF cycle is plotted in red, while the power-emission trend of the device appears in blue.

抵抗器コイルON/ OFFサイクルは、赤色でプロットされている、一方、デバイスのパワー放出傾向が青色で表示されている。
-----

Plot 7. Chart showing emitted power (in blue) and consumed power (in red) vs time for the ECat HT2.

プロット7。チャートは、ECAT HT2のための放出されパワー(青)と消費電力(赤)対時間を示す。
-----

Starting from any lowest point of the blue curve, one can distinguish three distinctive time intervals.

青の曲線の任意の最低点から出発し、3つの特徴的な時間間隔を区別することができます。

In the first, emitted power rises, while remaining below the red line representing consumed power.

最初に、放出パワーが上昇する、消費電力を表す赤い線の下を維持しながら。

In the second, emitted power rises above consumed power, and approaches its peak while the resistors are still on.

第二に、放出パワーは、消費電力を上まわって上昇、抵抗器がまだオンの間、そのピークに近づく。

In the third, after the resistors have been turned off, emitted power reaches its peak and then begins to fall to a new minimum value, whereupon the resistors turn on again.

第三に、抵抗器はオフにされた後、放出パワーがピークに達する、そしてそれは、新しい最小値に低下し始める、抵抗は再度オンするところまでである。

In the first time interval, emitted power is less than consumed power; but already in the second the trend reverses, and continues as such into the beginning of the third.

第1の時間間隔において、放出パワーが消費電力未満であり; だが、すでに第二では、傾向は反転する、そして、第三の初めにそのようにして続いています。

Plot 8, which gives an expanded view of Plot 7, the three intervals are visually enhanced for the sake of clarity.

プロット8、プロット7の拡大図を示しているが、3区間を分かり易くするために視覚的に増強される。
-----

Plot 8. Detail taken from Plot 7, reproducing the first two periods of the cycle.

プロット8。プロット7から取った詳細、サイクルの最初の2つの期間を再現。

The three time intervals in which each period may be divided are labeled by Roman numerals.

各期間を分割することのできる3つの時間間隔は、ローマ数字によって標識がつけられる。
-----
(初版)
Further food for thought may be found by analyzing the trend of the ratio between energy produced and energy consumed by the E-Cat HT2, as referred to the same time interval dealt with in Plot 7.

思考のさらなる食品は、比率の傾向を分析することによって見つけることができる、E-キャットHT2によって生産されるエネルギーそして消費されるエネルギーの間での比率である、プロット7で取り扱われている同じ時間の間隔で参照されるべきである。

(新版)
Further food for thought may be found by analyzing the trend of the ratio between energy produced and energy consumed by the E-Cat HT2, during the time interval shown in Plot 7.

思考のさらなる食品は、比率の傾向を分析することによって見つけることができる、E-キャットHT2によって生産されるエネルギーそして消費されるエネルギーの間での比率である、プロット7で示された時間の間隔の間でだが。

The blue curve in Plot 9 is the result of the analysis, and is reproduced here together with the red curve of power consumption normalized to 1.

プロット9の青い曲線は、分析の結果であり、1に正規化された電力消費の赤線と共にここに再生される。

Basically, for every second taken into account, the corresponding value of the blue curve is calculated as the ratio between the sum of the power per second emitted in all the previous seconds, and the sum of the power per second consumed in all the previous seconds.

基本的には、考慮された毎秒のため、青色曲線に対応する値は、比率として算出される、すべての以前の何秒かで放出された毎秒当たりのパワーの合計と、すべての以前の何秒かで消費された毎秒当たりの電力の合計の比率である。
-----

Plot 9. The blue curve is the result of the ratio between energy produced and consumed by the E-Cat HT2, with reference to the same time instants dealt with in Plot 7.

プロット9。青の曲線は、E-HT2キャットによって生成され消費されるエネルギーの間の比の結果である、プロット7で扱う同一の時刻のインスタンスを参照している。

The red curve represents the ON/OFF trend of the resistor coils normalized to 1.

赤い曲線は、1に正規化された抵抗器コイルのON/ OFFの傾向を表しています。
-----
All the above trends are remarkable, and warrant further in-depth enquiry.

上記のすべての傾向が驚くべきものであり、さらに綿密な調査の正当な理由となる。