May 21, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その1)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf
より
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)


PART 1: THE DECEMBER TEST
PART1:12月のTEST

Device and experimental set-up
デバイスと実験セットアップ

The E-Cat HT-type device in this experiment was a cylinder having a silicon nitride ceramic outer shell, 33 cm in length, and 10 cm in diameter.
この実験におけるE-キャットHT型装置は、窒化ケイ素セラミック外殻、長さは33 cmであり、直径10cmの円筒であった。

A second cylinder made of a different ceramic material (corundum) was located within the shell, and housed three delta-connected spiral-wire resistor coils.

第二シリンダは、別のセラミック材料(コランダム)からなり、シェル内に配置され、三つにデルタ接続された螺旋ワイヤの抵抗コイルを収容。

Resistors were laid out horizontally, parallel to and equidistant from the cylinder axis, and were as long as the cylinder itself.

抵抗器は、水平にレイアウトされ、シリンダ軸線から等距離に並列にもである、シリンダ自体の長さと同じであった。

They were fed by a TRIAC power regulator device which interrupted each phase periodically, in order to modulate power input with an industrial trade secret waveform.

これらは、TRIAC電力調整装置によって供給した、それは、定期的に各相に割り込んだ、電源入力を調節するためにである、工業企業秘密波形を使っている。

This procedure, needed to properly activate the E-Cat HT charge, had no bearing whatsoever on the power consumption of the device, which remained constant throughout the test.

この手順は、適切にE-キャットHTチャージをアクティベートするために必要なのだが、デバイスの消費電力に一切関係しませんでした、、テストを通して一定のままであった。

The most important element of the E-Cat HT was lodged inside the structure.

E-キャットHTの最も重要な要素は、構造体の内部に留まっていた。

It consisted of an AISI 310 steel cylinder, 3 mm thick and 33 mm in diameter, housing the powder charges.

これは、AISI310スチールシリンダー、厚さ3mm、直径33ミリメートル、パウダーチャージを収容、から成っていた。

Two AISI 316 steel cone-shaped caps were hot-hammered in the cylinder, sealing it hermetically.

二つAISI316スチール円錐形のキャップは、シリンダー内で熱に打撃された、それを密閉して閉じ込める。

Cap adherence was obtained by exploiting the higher thermal expansion coefficient of AISI 316 with respect to AISI 310 steel.

キャップ密着性が、AISI310鋼に対するAISI 316のより高い熱膨張係数を利用して得られた。

-----

Finally, the outermost shell was coated by a special aeronautical-industry grade black paint capable of withstanding temperatures up to 1200° C.

最後に、最外殻は、1200℃までの温度に耐えることのできる特殊な航空業界グレードのブラック塗装でコーティングされた。
-----

It was not possible to evaluate the weight of the internal steel cylinder or of the caps because the ECat HT was already running when the test began.

テストが始まった時ECAT HTがすでに実行されたため、内部のスチールシリンダーの、あるいは、キャップの重量を評価することはできませんでした。

Weighing operations were therefore performed on another perfectly similar device present on the premises, comparing a cap-sealed cylinder containing the active charge with another identical cylinder, empty and without caps.

計量操作は、したがって、敷地内の別の完全に同様のデバイスが存在する上で行った、別の同じシリンダーでアクティブなチャージを含むキャップ密封されたシリンダーを比較してである、空のとかキャップなしでもである。

The difference in weight obtained is 0.236 kg:
得られた重量差は0.236キロです。

this is therefore to be assigned to the charge loaded into the E-Cat HT and to the weight (not subtracted in the present test) of the two metal caps.

これは、つまり、E-キャットHTにロードされたチャージに、さらに、二つの金属キャップの重量(本試験では減算せず)に割り当てられるべきです。

In the course of the test, the E-Cat HT was placed on a metal frame and allowed to freely radiate to the surrounding air.

試験の過程で、E-キャットHTは、金属フレーム上に配置し、周囲の空気に、自由に放射させた。

The contact points between the device and the frame were reduced to the minimum necessary for mechanical stability;

装置とフレームとの間の接触点は、機械的安定性のために必要な最小限に減少された。

room temperature was constantly measured by means of a heat probe, and averaged 15.7° C (= 289 K).

室温が熱プローブを用いて常時測定され、平均 15.7°C(=289 K)。
-----

The instruments used to acquire experimental data were at all times active for the entire 96 hours of the test, and consisted of an IR thermographic camera to measure the E-Cat HT’s surface temperature, and a wide band-pass power quality monitor measuring the electrical quantities on each of the three phases, to record the power absorbed by the resistor coils.

実験データを取得するために使用される器具は、試験全体の96時間常時活性であり、構成は、赤外線サーモグラフィカメラ、E-キャットHTの表面温度を測定するためである、ワイドバンドパス電力品質モニタ、三相の各々についての電気量を測定するためである、抵抗コイルによって吸収される電力を記録するためである。



Fig. 4. Instrumentation set-up for measurements.
図4。測定のための計装セットアップ。

Foreground: thermal image capture.
前景:熱画像キャプチャ。
On right: instrument used for electrical measurements.
右側:電気測定に使用した機器。
Background: the E-Cat HT on its support frame;
背景:その支持フレーム上のE-キャットHT;
the IR camera is not visible here.
赤外線カメラは、ここで表示されません。

(続く)