May 21, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その3)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf

より
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

Of these parameters, only the last one was of interest for the purposes of the test, which was designed to evaluate the ratio of thermal energy produced by the E-Cat HT to electrical power consumption for the number of hours subject to evaluation.

これらのパラメータのうち、最後のものだけが試験の目的のために重要であった、その試験は、評価の対象となる何時間もの間に、消費電力とE-キャットHTによって生成される熱エネルギーの割合を評価するために設計されたから。

The instrument was connected directly to the E-Cat HT cables by means of three clamp ammeters, and three probes for voltage measurement.

器具は、3つのクランプ電流計を用いて、E-キャットHTケーブルに直接接続した、さらに電圧測定のための3つのプローブも接続された。
-----

A wristwatch was placed next to the wattmeter, and a video camera was set up on a tripod and focused on both objects:

腕時計は、電力計の隣に置かれた、ビデオカメラを三脚に設定して、両方のオブジェクトに集中していた:

at one frame per second, the entire sequence of minutes and power consumption were filmed and recorded for the 96-hour duration of the test.

1秒に1回のフレームで、分のシーケンス全体、及び消費電力は、テストの96時間の持続のために、撮影されて記録された。
-----



Fig. 6. The video camera on its tripod framing the display used for electrical measurements (PCE-830), and recording at 1 frame p.s. for the whole duration of the test.

図6。電気的測定のために使用される表示をフレーミングする三脚に固定されたビデオカメラ(PCE-830)、試験の全期間のため1フレーム毎秒で記録。