May 21, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その2)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf

より
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

The thermal camera used was an Optris PI 160 Thermal Imager with 30° x 23° lens, and UFPA 160 x 120 pixel sensors.

使用サーマルカメラは、30°×23°のレンズを備えたOptris PI160サーマルイメージャーで、UFPA160×120ピクセルセンサ。

The camera spectral interval is from 7.5 to 13 μm, with a precision of 2% of measured value.

カメラスペクトル間隔は、測定値の2%の精度で、7.5から13μm である。

The camera was fastened to the frame of the E-Cat HT, and positioned about 70 cm from the device, with lens facing the lower half of the cylinder.

カメラはE-キャットHTのフレームに固定され、そしてデバイスから約70センチに配置されました、シリンダの下半分に対向するレンズを持ちます。

All imaging was thus taken from below the apparatus, in order not to damage the lens from the heat transferred by rising convective air currents.

すべての画像は、装置の下から撮影された、上昇する対流気流によって伝達される熱からレンズを傷つけないためにです。

This choice, however, had a negative impact on the measurements:

この選択は、しかしながら、測定値に悪影響を及ぼした。

the presence of the two metal props on the stationary image shot by the camera introduced a degree of uncertainty in the measurements, as will be explained in detail below.

カメラで撮影した静止画像上の二つの金属支柱の存在は、測定における不確かさの度合いを招きました、以下に詳細に説明する。

Camera capture rate was set at 1 Hz, and the image, visualized on a laptop display, was open to analysis throughout the course of the test.

カメラのキャプチャレートは1Hzで設定され、画像は、ラップトップのディスプレイ上に視覚化されてます、試験の過程を通じて分析のために開いていた。

-----



Fig. 5. E-Cat HT on support frame.
図5。支持フレーム上のE-キャットHT。

The power cables to the internal resistor coils are visible, as well as the IR camera in the lower part of the photograph.

内部抵抗コイルへの電源ケーブルが見える、同様に、写真の下部にIRカメラ。
-----

Electrical measurements were performed by a PCE-830 Power and Harmonics Analyzer by PCE Instruments with a nominal accuracy of 1%.

電気的測定は、1%の公称精度のPCEインスツルメンツ製のPCE-830パワーアンド高調波アナライザによって行われた。

This instrument continuously monitors on an LCD display the values of instantaneous electrical power (active, reactive, and apparent) supplied to the resistor coils, as well as energy consumption expressed in kWh.

この装置は、LCDディスプレイにて、抵抗コイルへの瞬時電力の値(アクティブ、リアクティブ、アパレント)、同様に、キロワット時で表されるエネルギー消費も、連続的に監視する。