May 23, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その10)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf
より
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

E-Cat HT performance calculation
E-キャットHT性能計算
-----
At this point all that remains to be done, in order to get the performance (COP) of the E-Cat HT, is to add the radiated power to the power dispersed by convection, and relate the result to the power supplied to the heating elements.

この時点で行う必要が残っているすべてのことは、E-キャットHTの性能(COP)を得るためにすることは、それは、対流により分散されるパワーへの放射のパワーを追加することである、および、加熱素子に供給される電力パワーに結果を関連付けることである。

Conservatively, we can associate to these values a percentage error of 10%, in order to comprise various sources of uncertainty: those relevant to the consumption measurements of the E-Cat HT, those inherent in the limited range of frequencies upon which the IR cameras operate, and those linked to the calculation of average temperatures.

保守的に、我々は、これらの値に10%のパーセントエラーを関連付けることができる、不確実性の様々なソースを構成するためにである: それらは、E-キャットHTの消費電力の測定に関連する、それらは、IRカメラが動作する際に周波数の限られた範囲内で固有である、そしてそれらは、平均気温の計算にリンクされています。
-----
From (8) and from (17) we have:
(8)から、さらに、(17)から、求められるのは、

1568 + 466 = (2034 ± 203) [W] (18)


COP = 2034/360 = 5.6 ± 0.8 (19)


-----
assuming a 10% error in the powers.

パワーでは10%の誤差を仮定。

Plot 2 shows produced vs. consumed energy.

プロット2は、エネルギーの 生成 対 消費量を示しています。

Radiated energy is actually measured energy; total energy also takes into account the evaluation of natural convection.

放射エネルギーは、実際にエネルギーを測定し、総エネルギーもまた、自然対流の評価を考慮されます。(訳注: 後半は意味不明です)

Data are fit with a linear function, and COP is obtained by the slope.

データは、線形関数に適合されており、COPがスロープによって得られる。
-----

Plot 2. Thermal energy produced (kWh) versus electrical energy consumed (kWh).

プロット2。生産された熱エネルギー量(kWh) 対 消費された電気エネルギー量(kWh)。
-----
Ragone Chart
ラゴンチャート
-----
As we have seen, the weight of the active charge of the E-Cat HT plus the weight of the two metal caps sealing the inner cylinder is equal to 0.236 kg.

我々は見てきたように、E-キャットHTプラスインナシリンダを封止する二つの金属キャップの重量の活性チャージの量は0.236キロに等しい。
-----
If we assign this value to the charge powders, we shall be overestimating the weight of the charge; thus, our calculation of the values of power density and the density of thermal energy may be regarded as a lower limit.

我々が、チャージ粉末にこの値を割り当てる場合には、我々は、そのチャージの重さを過大評価しなければならない ; このようにして、パワー密度および熱エネルギー密度の値の我々の計算は、下限値とみなすことができる。

-----
For power density we have:
パワー密度ために、我々は持っているのは:

(2034-360)/0.236 = (7093 ± 709) [W/kg] (20)

-----
Thermal energy density is obtained by multiplying (20) by the number of test hours:

熱エネルギー密度は、試験時間の数に(20)を乗算することにより求められる。

7093・96 = 680949 [Wh/kg] ~ (6.81 ± 0.7) ・ 105 [Wh/kg] (21)



-----
Figure 9 shows the "Ragone plot of energy storage", a typical diagram in which specific energy is represented as a function on a logarithmic scale of the specific power of the various energy storage technologies [Ref. 7].

図9は、"エネルギー貯蔵のラゴンプロット"を示している、模式図である、具体的なエネルギーは、様々なエネルギー貯蔵技術の特定のパワーの対数目盛上の関数として表されている。[参照。 7]。

Power density and thermal energy density found for the E-Cat HT place this device outside of the area occupied by any known conventional energy source in the Ragone chart.

E-キャットHT用に求められた電力密度と熱エネルギー密度は、このデバイスを、ラゴンチャート内の任意の既知の従来型のエネルギー源が占める領域の範囲外に位置付けた。

-----
Given the deliberately conservative choices made in performing the measurement, we can reasonably state that the E-Cat HT is a non-conventional source of energy which lies between conventional chemical sources of energy and nuclear ones.

測定を行う際に作られた意図的に保守的な選択肢が与えられて来たので、我々は合理的に述べることができる、E-キャットHTは、エネルギーの非従来型の源であると、これは、通常の化学エネルギー源と原子力のもの中間にある。
-----

-----
Fig. 9. “Ragone plot of energy storage”[Ref. 7].

図9。"エネルギー貯蔵のラゴンプロット"[参照。 7]。

The plot shows specific gravimetric energy and power densities relevant to various sources.

プロットは、様々なソースに関連する特定の重量的なエネルギーとパワー密度を示しています。

The E-Cat HT, which would be off the scale here, lies outside the region occupied by conventional sources.

E-キャットHTは、ここで尺度からはずれるであろう物、従来のエネルギー源が占める領域の外側にある。

-----
Remarks on the test

テストで備考
-----
The device subject to testing was powered by 360 W for a total of 96 hours, and produced in all 2034 W thermal.

テストのデバイス被験体は、合計96時間で、360 Wで駆動され、すべてで 2034 W の熱を生産した。

This value was reached by calculating the power transferred by the E-Cat HT to the environment by convection and power irradiated by the device.
この値は、そのデバイスによる対流と放射によるパワーによって環境へ、E-キャットHTによって伝達されるパワーを計算することによって達成された。

The resultant values of generated power density (7093 W/kg) and thermal energy density (6,81 ・ 105 Wh/kg) allow us to place the E-Cat HT above conventional power sources.

生成されたパワー密度(7093 W/ kg)を、熱エネルギー密度(6,81 ・ 105 Wh/kg)の結果値で、私たちは、従来のパワー源の上に E-キャットHTを配置することができます。
-----
The procedures followed in order to obtain these results were extremely conservative, in all phases, beginning from the weight attributed to the powder charge, to which the weight of the two metal caps used to seal the container cylinder was added.

これらの結果を得るために従ったの手順は、非常に保守的であった、すべての段階においてである、粉料チャージに起因する重量から始めて、その容器シリンダをシールするために使用される2つの金属キャップの重量までを加えた。

The same may be said for the choice of attributing an emissivity of 1 to the E-Cat HT; other instances of underestimation may be found in the calculation of the radiating area of the device without the two bases, and in the fact that some parts of the radiating surfaces were covered by metal struts.

同じことが、E-キャットHTに1の放射率を採用するという選択についても言えるでしょう; 過小評価の他の実例は、2つのベースを含めずにいたデバイスの放射エリアの計算で見つけられるかもしれません、さらに、放熱面の一部が金属支柱で覆われたという事実もあります。

It is therefore reasonable to assume that the thermal power released by the device during the trial was higher than the values given by our calculations.

それ故、試験中にデバイスによって放出された熱出力が我々の計算で与えられた値よりも高かったと仮定することが妥当である。

-----
Lastly, it should be noted that the device was deliberately shut down after 96 hours of operation.

最後に、そのデバイスが意図的に操作の96時間後に停止したことに留意すべきである。

Therefore, from this standpoint as well, the energy obtained is to be considered a lower limit of the total energy which might be obtained over a longer runtime.

したがって、同様にこのような観点から、得られたエネルギーは、より長い実行時間にわたって得られるかもしれない総エネルギーの下限と考えられるべきである。
-----
This test enabled us to pinpoint several procedural issues, first of all the fact that the device was already in operation when the trial began.

このテストでは、いくつかの手続き上の問題を特定することができました、まず第一に、試験が始まったときに、デバイスが既に運転中であったという事実。

This prevented us from correctly weighing the device beforehand, and conducting a thermal analysis of the same without the powder charge, prior to evaluating its yield with the charge in position.

これは、あらかじめデバイスの重量を正確に量ることから私たちを妨害した、さらに、パウダーチャージ無しで同じ形式の熱分析を行うこともです、位置におけるチャージ有りのその収量を評価することがもっと重要ですが。

The choice of placing the thermal camera under the E-Cat HT should also be considered unsatisfactory, as was the impossibility of evaluating the real emissivity of the cylinder's paint coating.

E-キャットHTの下部にサーマルカメラを配置することの選択はまた、不十分と見なされるべきである、シリンダーの塗装の本当の放射率を評価することが不可能であったことも同様です。
-----
All these issues were taken notice of in the light of the subsequent test held in March.

これらすべての問題は、3月に開催された後続の試験の観点に注目点として採用された。

This was performed with a device of new design, as a result of technological improvements effected by Leonardo Corporation in the intervening months.

これは、新しい設計の装置を用いて行った、その間の数ヶ月でレオナルド・コーポレーションによって達成された技術の向上の結果としての装置である。

(訳注:以上でPART1:12月のTESTは終わりです)