May 21, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その5)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

Data analysis
データ分析
-----
Upon conclusion of the test, the recordings from the video camera were examined.

試験の終了時に、ビデオカメラからの録画を調べた。

By reading the images reproducing the PCE-830's LCD display at regular intervals, it was possible to make a note of the number of kWh absorbed by the resistor coils.

定期的にPCE-830のLCDディスプレイで再生する画像を読み取ることによって、抵抗コイルで吸収されたkWhの数をメモしておくことが可能であった。

Subsequently, the E-Cat HT's average hourly power consumption was calculated, and determined to be = 360 W.

続いて、E-キャットHTの平均時間ごとに消費電力を算出し、360W であると決定された。

-----
As far as the evaluation of the energy produced by the E-Cat HT is concerned, two dominant components must be taken into account, the first being emission by radiation, the second the dispersion of heat to the environment by means of convection.

E-キャットHTによって生成されるエネルギーの評価に関する限り、2つの支配的な成分は考慮する必要があり、最初は放射線による排出である、第二は、対流による環境への熱の分散。
-----
Heat transfer by conduction was deemed to be negligible, due to of the minimal surface of contact (not more than a few mm2) between the device and its supports, and to the fiberglass insulation material placed at the contact points.

伝導による熱移動は無視できると考えた、デバイスとそのサポートの間の接触の最小面(数平方ミリメートル以上ではない)の効果による、さらに、接触点に配置されたグラスファイバー断熱材にもよる。

This material, however, partially obscured the image of the ECat HT’s surface.

この材料は、しかしながら、部分的にECAT HTの表面の画像を不明瞭にした。
-----
Energy emitted by radiation was calculated by means of Stefan-Boltzmann’s formula, which allows to evaluate the heat emitted by a body when its surface temperature is known.

放射によって放出されるエネルギーは、その表面温度が知られている体から放出される熱を評価することを可能にするステファン・ボルツマンの式、により算出した。

Surface temperature was measured by analyzing the images acquired by the IR camera, after dividing the images into multiple areas, and extracting the average temperature value associated to each area.

表面温度は、赤外線カメラにより取得された画像を分析することによって測定した、複数のエリアに画像を分割した後、各領域に関連する平均温度値を抽出する。
-----
Conservatively, surface emissivity during measurements was set to 1,
i.e. the temperature values recorded are consequently lower than real, as will be explained below

控えめに、測定中の表面放射率が1に設定された、すなわち、記録された温度の値は、実際のよりも結果的に低くなっています、以下に説明するように、
-----
The calculation of energy loss by convection from objects of cylindrical shape placed in air has been presented many times in academic papers that address issues related to heat transfer (see f.i. [4,5]).

空気中に配置された円筒形状のオブジェクトからの対流によるエネルギー損失の算出は、学術論文で多くの回数で提示されてきたが、問題は熱伝達に関連していると指摘しているのである。

It was therefore possible to estimate the amount of heat transferred by the E-Cat HT to the surrounding air in the course of the test.

試験の過程で周囲の空気へのE-キャットHTにより伝達される熱の量を推定することが可能であった。

-----
The thermal performance of the E-Cat HT was finally obtained as the ratio between the total energy emitted by the device and the energy absorbed by its resistor coils.

E-キャットHTの熱性能は、装置によって放出される全エネルギーとその抵抗コイルによって吸収されるエネルギーとの比として最終的に得た。