May 21, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その6)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

Calculating the power emitted by radiation
放射によって放出されたパワーを計算
-----
Planck's Law expresses how the monochromatic emissive power of a black body varies as a function of its absolute temperature and wavelength;

プランクの法則は、黒体の単色放射パワーが絶対温度、波長の関数としてどのように変化するかを表す;

integrating this over the whole spectrum of frequencies, one obtains the total emissive power (per unit area) of a black body, through what is known as Stefan-Boltzmann’s Law:

周波数の全スペクトルにわたってこれを統合すれば、黒体の総放射パワー(単位面積当たり)を取得できる、ステファン・ボルツマンの法則として知られているものを通じてである:
-----

-----
where σ indicates Stefan-Boltzmann's constant, equal to 5.67・10-8
[W/m2K4].

ここで σは、ステファン・ボルツマン定数を示す、5.67 ^ 10-8 [W/m2K4] に等しい、
-----
In the case of real surfaces, one must also take emissivity (ε) into account.

実際の表面の場合には、放射率(ε)をも考慮する必要があります。

ε expresses the ratio between the energy emitted from the real surface, and that which would be emitted by a black body having the same temperature.
εは、比を表している、比は、実際の表面から放出されるエネルギーと、同じ温度を有する黒体によって放出されるであろうそれとの間である。

The formula then becomes:
式は次のようになります。
-----

-----
where ε may vary between 0 and 1, the latter value being the one assumed for a black body.

ここで、εは、0と1との間に変化し得る、後者の値は、黒体のために想定されるものである。

As it was not possible to measure the emissivity of the coating used in this analysis, it was decided to conservatively assume a value of ε = 1, thereby considering the E-Cat HT as equivalent to a black body.

この分析において、用いられたコーティングの放射率を測定することは不可能であったので、控えめにε=1の値を取ることとした、これにより、E-キャットHTを黒体と同等に考慮している。

This value was then input in the thermal imagery software, which allows the user to modify some of the parameters, such as ambient temperature and emissivity, even after having completed the recordings.

この値は、次いで、熱画像ソフトに入力された、これにより、ユーザーはいくつかのパラメータ、周囲の温度や放射率、などを変更することができます、記録を完了した後でさえもできる。

The camera software then uses the new settings to recalculate the temperature values assigned to the recorded images.

カメラのソフトウェアは、記録されてた画像に割り当てられた温度値を再計算するために新たな設定を使用します。

It was therefore possible to determine the E-Cat HT's emitted thermal power on the basis of surface temperature values that were never overestimated with respect to effective ones.

それ故、有効なものに対して過大評価を決してされなかった表面温度値に基づいて、E-キャットHTにより放出される熱出力を決定することが可能であった。
-----
The veracity of this statement may be proven by an example where we see what happens when one assigns a value lower then 1 to ε: in fig. 7, the thermal image of the E-Cat HT has been divided into 40 areas.

この文の信憑性は、εに1より低い値を代入するときに何が起こるかを、我々が見るという例によっても、証明することができる: 図7、E-キャットHTの熱画像は40の領域に分割されている。

Emissivity has been set to = 1 everywhere, except in two areas (Nos. 18 and 20), where it is set to 0.8 and 0.95, respectively.

放射率は、どこでも=1に設定されている、例外は、二つの領域(第18および20)、そこだけ、それが、それぞれ、0.8及び0.95に設定されている。

The temperature which the IR camera assigns to the two areas is 564.1 °C and 511.7 °C, respectively  these values being much higher than those of the adjacent areas.

IRカメラが二つの領域に割り当てる温度は、564.1℃、511.7℃、である、それぞれ、これらの値は、隣接する領域のそれよりもはるかに高いという。
-----
It is therefore obvious that by assigning a value of 1 to ε in to every area, we are in fact performing a conservative measurement: this is a necessary precaution, given the lack of information on the real emissivity value of the E-Cat HT.

あらゆる領域にεに1の値を割り当てることによって、したがって、それは、明白である、我々は保守的な測定を行うという事実にいます:これはE-キャットHTの本当の放射率値の情報の不足を考えると、必要な予防策です。
-----

-----
Fig. 7. This image exemplifies the effect of emissivity on the determination of temperatures.

図7。この画像は、温度の決定について、放射の影響を例示する。

The E-Cat HT has been divided in 40 areas; in areas 18 and 20 emissivity has been set to = 0.8 and 0.95, respectively, whereas in all the remaining areas ε has been set to = 1.

E-キャットHTを40領域に分割; 領域18および20は、放射率=0.8及び0.95に設定されている中で、それぞれ、残りのすべての領域でε=1に設定されているのてある。

Measured temperatures appear to be higher in areas 18 e 20 with respect to those recorded in the other areas.

測定された温度は、他の領域で記録されたものに関して領域18 E 20で高くなるように見える。

If the lower values for ε were extended to all areas, this would lead to a higher estimate of irradiated energy density.

もし、εの下限値が、すべての領域に拡張された場合、これは、照射エネルギー密度のより高い推定につながる。

For our calculations, therefore  in view of the fact that the effective value of ε was not available for our test, and that it was felt desirable to avoid any arbitrary source of overestimation  ε was left set to = 1 in all areas.

我々の計算では、εの実効値は、我々のテストのために利用できなかったという事実を考慮すると、それ故、さらに、過大評価のあらゆる任意の源を避けることが望ましいと考えられたので、 εは、すべての領域で =1 に設定されたまま残っていた。