May 22, 2013

E-Cat第三者試験結果 PART1:12月のTEST(その8)


(初版)
http://ecat.com/files/Indication-of-anomalous-heat-energy-production-in-a-reactor-device.pdf

(新版)
http://xxx.lanl.gov/ftp/arxiv/papers/1305/1305.3913.pdf
(もちろん著作権は、元論文の方にあります。)

For each area, as well as for the entire duration of the video footage, a time diagram of the average temperature trend was extracted; data was then saved to Excel worksheets, from which the averages were extracted.

各領域について、同様にビデオ映像の全期間のような、平均温度のトレンドの時間図を抽出した。その後、データはExcelワークシートに保存されました、そこから平均値が抽出されました。

-----
The temperatures thus obtained, expressed in Kelvin for each area, are presented in the following three tables.

各エリアのかのようにして得られた温度は、ケルビンで表現され、以下の3つの表に示されている。

-----


Table 1. Division into 10 areas
表1。10領域への分割
-----
By averaging these 10 values, one obtains a temperature, associable to the E-Cat HT, of 709 K.

これらの10個の値を平均化することによって、709 K の E-キャットHTに連想さ温度を取得する。


Table 2. Division into 20 areas
表2。20領域に分割する
-----
By averaging these 20 values, one obtains an assignable temperature for the E-Cat HT of 710.7 K.

これらの20個の値を平均化することによって、710.7 KのE-キャットHT用に割り当て可能な温度を取得する。


Table 3. Division into 40 areas.
表3。40領域に分割する。
-----
By averaging these 40 values, one may assign to the E-Cat HT a temperature of 711.5 K.

これらの40の値を平均化することによって、711.5 KのE-キャットHT温度に割り当てることができます

The comparison between the different subdivisions into areas shows that the average temperature depends only slightly upon the choice of subdivision, and actually tends to increase, because the areas near the blacked-out ones are treated more effectively.

領域の異なる細分群での比較は、平均温度は小分けの選択にごくわずかに依存していることを示しており、実際には増加する傾向がある、理由は、ブラックアウトの近くの領域がより効果的に扱われているためである。

With reference to the third case above, one may calculate thermal power emitted by the E-Cat HT by first considering the average of the fourth power of the temperature of each area.

上記第三のケースを参照すると、各領域の温度の4乗の平均値を第一に考慮してE-キャットHTによって放射される熱出力を計算することができる。

One gets the following value:
次の値を取得します。
-----

-----
Emitted thermal power (E) may be easily obtained by multiplying the Stefan-Boltzmann formula by area of the E-Cat HT :

放出される熱出力(E)は、E-キャットHTの領域でステファン・ボルツマンの式を乗算することによって容易に得ることができるだろう。

-----

-----
where:
ここで:

R = radius of the E-Cat HT , equal to 0.05 [m]
L = length of the E-Cat HT , equal to 0.33 [m].

R = the E-Cat HTの半径 , 0.05 [m] に等しい
L = the E-Cat HTの長さ , 0.33 [m] に等しい.
-----

-----
In calculating the total area of the E-Cat HT, the area of the two bases was omitted, their surface being:

E-キャットHTの総面積の計算では 、2つのベースの領域が省略され、その表面積は:

-----

-----
This choice was motivated by the fact that for these parts of the cylinder, which are not framed by the IR camera, any estimate of irradiated energy would have been highly conjectural.

この選択は、シリンダのこれらの部分にとって、それがIRカメラによるフレームに入らないという事実によって動機付けされた、照射エネルギーのいずれの推定も高度推測されていると思います。

We therefore preferred not to include this factor in calculating E, thereby underestimating radiative thermal power emitted by the E-Cat HT.

そこで、Eの計算にこの因子を含まないことが好ましい、それによってE-キャットHTによって放出された放射熱の力を過小評価する。

-----
Emitted thermal power (E), apart from minute variations, remains constant throughout the measurement, as may be seen in the Plot 1 below, showing the measured radiative power vs time in hours.

放出される熱出力(E)は、微小なバリエーションから離れて、測定を通じて一定のまま 以下のプロット1に見られるように、時間単位で測定された放射パワー対時刻を示す。

Power production is almost constant with an average of 1609.4 W
出力生産は1609.4 Wの平均でほぼ一定である。

-----
To this power we must subtract the thermal power due to room temperature.

このパワーにとって、私たちは部屋の温度による熱出力を減算する必要があります。

On the basis of an average of 15.7 °C over 96 hours, we get:
96時間以上の 15.7°C 平均に基づいて、我々は得る:
-----

-----
So the final value is:
だから、最終的な値は次のとおりです。
-----


-----
Plot 1. Emitted thermal power vs time.

プロット1。放出された熱出力対時刻。

Power production is almost constant with an average of 1609.4 W
パワー生産は1609.4 Wの平均でほぼ一定である
-----
Note that the image reproduced by the IR camera is actually the projection of a cylindrical object on a two-dimensional plane.

赤外線カメラによる再生像が実際には二次元平面上の円筒形物体の投影であることに注意してください。

Consequently, the lines of sight between the camera and the cylinder radius vary between 0 and 90 degrees.

これにより、カメラとシリンダ半径との間の視線は、0 から90度で変化する。

In the latter case, which refers to the lateral parts of the E-Cat HT with respect to camera position, and thereby to the edges of the thermal image, the recorded temperatures may be significantly lower than effective ones.

後者の場合には、それは、カメラの位置に対してE-キャットHTの側部を指すのだが、それによって熱画像のエッジに、記録された温度は有効なものより著しく低いかもしれない。


However, the division into rectangles adopted by us in order to calculate the average temperatures, comprises these edges (see fig. 8), which will therefore appear to be colder than they actually are due to the IR camera's angle of view.

しかし、平均気温を計算するために、私たちが採用した長方形への分割は、これらのエッジを含み(図8参照)、それゆえ、それらがのが実際そうであるより寒いように見えます、ビューの赤外線カメラの角度に起因しているためです。

Once again, we opted to take a conservative stance, underestimating temperatures where the effective value was not easily assessable

もう一度繰り返しますが、我々は、保守的なスタンスを取ることにしました、実効値は簡単に評価可能ではなかったので温度を過小評価します。