Oct 25, 2012

Widom-Larsen 理論 (概要訳)


-----------------------------------------------------
今、常温核融合(cold fusion, LENR)最高の理論と言われる
 Widom-Larsen理論のサイトの概要訳です。
-----------------------------------------------------
本家

Widom-Larsen Theory Portal
http://newenergytimes.com/v2/sr/WL/WLTheory.shtml

簡易な訳です
(敬称略など失礼なところや誤訳があります、あらかじめご了承ください)

-----------------------------------------------------

Summaries of Theory
要約

By Krivit: Krivit さんによる

In 2005, Dr. Allan Widom and Lewis Larsen began publishing papers
that presented a new theory to explain the experimental anomalies observed
in "cold fusion" experiments.

2005年には、Dr. Allan Widom と Lewis Larsen は出版論文を開始しました
それが新しい理論を発表します、"常温核融合"の実験で観測された
実験的な異常を説明するのです。


Their theory claims these anomalies are due not to a fusion reaction,
which would involve the strong force,
but to other low energy nuclear reactions that involve weak interactions,
namely neutron formation from electrons and protons/deuterons,
followed by local neutron absorption and subsequent beta-decay processes.
The following published papers and news items provide more details
on the Widom-Larsen Ultra-Low-Momentum Neutron Catalyzed Theory of LENRs.

彼らの理論では、これらの異常は、強い力を伴う核融合反応によるものでなく、
しかし弱い相互作用を伴う、他の低エネルギー核反応によると主張する。
局所の中性子吸収とおよびその後のβ崩壊のプロセスが続くのである。
以下の公表論文やニュース項目に詳細が示されている、
LENRsのWidom-Larsenの超低運動量中性子触媒理論として。

(1986 Reference on Surface Plasmons)


By Widom and Larsen: Widom さん と Larsen さんによる

Allan Widom and Lewis Larsen propose that, in condensed matter,
local breakdown of the Born-Oppenheimer approximation occurs
in homogeneous, many-body, collectively oscillating patches of protons, deuterons, or tritons
found on surfaces of fully loaded metallic hydrides;

Allan WidomとLewis Larsenは、凝縮物質で、次のことを提案する
ボルン - オッペンハイマー近似の局所破壊が発生する
陽子、重陽子、またはトリトンの均質、多体、集合的に振動するパッチで、
それは、完全にロードされた金属水素化物の表面に見られる

Born-Oppenheimer breakdown enables a degree of electromagnetic coupling
of surface proton/deuteron/triton oscillations with those of nearby surface
plasmon polariton (SPP) electrons.

ボルン・オッペンハイマーの破壊は、電磁結合の度合いを可能にする
陽子、重陽子、またはトリトン振動体についての結合
表面プラズモンポラリトン(SPP)電子の近くのそれとの結合である。

Such coupling between collective oscillations creates local nuclear-strength
electric fields in the vicinity of the patches.

集団的振動との間のこのような結合は、パッチの近くに局所核強電界を作成します。

SPP electrons bathed in such high fields increase their effective mass,
thus becoming heavy electrons.

このような高いフィールドでびっしょりのSPP電子は、
有効質量を増加させ、重い電子になります。

Widom and Larsen propose that heavy SPP electrons can react directly
with protons, deuterons, or tritons located in surface patches
through an inverse beta decay process
that results in simultaneous collective production of one,
two, or three neutrons, respectively, and a neutrino.

WidomとLarsenは、提案する、
重いSPP電子が、陽子、重陽子、またはトリトンと直接反応することができると、
それは表面パッチに配置さていて、逆ベータ崩壊のプロセスを経ている、
1つ、2つまたは3つのそれぞれ中性子、ニュートリノとの同時共同生産でその結果として。

Collectively produced neutrons are created ultra-cold; that is,
they have ultra-low momentum and extremely large quantum mechanical wavelengths
and absorption cross-sections compared
to “typical” neutrons at thermal energies.

総称して生産される中性子は超寒いです。つまり、
彼らは超低運動量と非常に大規模な量子力学の波長と吸収断面積を持っています。
熱エネルギーで"典型的な"中性子に比べて。

Finally, Widom and Larsen propose that
heavy SPP patch electrons are uniquely able to immediately convert almost any locally produced or incident gamma radiation directly
into infrared heat energy,
thus providing a form of built-in gamma shielding for LENR nuclear reactions.

最後に、WidomとLarsenは提案する
重いSPPのパッチ電子が独自に直ちに直接、
ほぼすべての局所産または入射ガンマ放射線を
変換することができます。
こうしてLENR核反応についてビルトインのガンマ線シールド形を提供する。

By Anonymous Poster on Digg (link dead) (Feb. 1, 2010) Diggの匿名ポスターさんによる

It is looking more and more that "cold fusion" isn't fusion at all.

それは、 "常温核融合"がまったく核融合だけではないことをもっともっと示しています。

The best theory out there that doesn't invoke any new physics is the Widom-Larsen theory
(which has been published in a reputable peer reviewed journal).

最高の理論はWidom-ラーセン理論である
どんな新しい物理学を呼び出すことはありません。
(評判のピアに審査レビューされたジャーナルに掲載されている)。

In a nutshell, it states what is going on is a multistep process.
一言で言えば、それは多段階プロセスで何が起こっているかを述べています。

The plasmon modes in hydrated metals
(think of them as surface electrons that all act together)
get energized (many ways to do this)
and get absorbed by protons.
水素を吸収した金属中のプラズモンモード
(表面電子と考えること、すべての挙動を一緒にして)
は、エネルギーを得て(これを行うために多くの方法で)
陽子によって吸収され得る。

This produces a very low energy neutron
(reverse neutron decay due to the weak nuclear force).

これは非常に低エネルギーの中性子を生成
(弱い核力による中性子崩壊の逆)。

Low-energy neutrons get absorbed quite easily by anything.
低エネルギーの中性子が何にも非常に簡単に吸収される。

This starts a cascade of creating unstable isotopes which beta decay.
これは、ベータ崩壊する不安定な同位体を作成するためのカスケードを開始します。

During the beta decay, gamma ray photons are released,
but when they hit that metal plasmon they get shifted
into mostly IR (heat) with a soft X-ray tail.
The challenge is that this phenomena requires very high energy densities (order of 10^11 V/m).
So it more often will happen in small nano-crevices in materials.

ベータ崩壊時には、ガンマ線光子が放出され、
しかし、ガンマ線は金属プラズモンをヒットしたとき、
彼らは軟X線の尾と主に赤外線(熱)にシフトしてしまうという。

課題は、この現象は非常に高いエネルギー密度を(10 ^ 11 V / mのオーダー)が
必要ということです。
だから、材料の小さなナノ割れ目に、もっと頻繁に起こるでしょう。

By Anonymous Poster on Google Video (Nov. 18, 2007) Google Videoの匿名ポスターによる





Widom-Larsen theory explains how an electron and a proton (Hydrogen ion)
could combine into slow neutrons plus neutrino in a fluctuating electric field.

Widom-Larsen理論は電子と陽子(水素イオン)が、変動する電場で
遅い中性子とニュートリノの組み合わせに変わることができる方法を説明します。

The slow neutron then recombines with other elements in the setup through a chain of nuclear reactions,
ultimately resulting in Helium being produced.
This breakthrough theory may explain experimental 'Cold Fusion' observations,
where previous criticism has been focused on the impossibility of fusion in that setup.
The theoretical framework may now be there for building reactors
based on this new class of experimental nuclear reactions.

遅い中性子はその後、設定内の他の要素と再結合、
核反応の連鎖を通ります。
その結果最終的にはヘリウムが生成される。
この画期的な理論は、実験的な"コールドフュージョン"の観測を説明できるかもしれない、
ここで、以前の批判は、そのセットアップでの核融合が不可能であることが注目されていたのだ。
理論的枠組みは現在、反応炉(原子炉)を構築するためにあるかもしれません
つまり、実験の核反応の新しいクラスに基づいて作れます。

(訳注 You tube には、Widom-Larsen theory の動画が他にもいくつかあります )

Highlights of Claims ハイライト

- Not fusion or fission, but weak interactions explains Huizenga's three miracles
  核融合でも核分裂でもない、弱い相互作用 ハイゼンガの三つの奇跡を説明する
 
- Explains most of the well-accepted experimental data in "cold fusion" field
  "常温核融合"の世界によく受け入れられた実験データの大部分を説明

- Miley-Larsen experimental transmutation correspondance
  マイリー・ラーセン実験核変換に対応
 
- Suggests an explanation for Iwamura transmutation effect
  岩村核変換効果の説明を示唆
 
- Explains light and heavy hydrogen experiments
  軽水素と重水素実験を説明

- Requires no "new physics"
  全く"新しい物理学"を必要としません

Back to Top

Resolution to Huizenga's "Three Miracles of Cold Fusion"
ハイゼンガの"コールドフュージョンの三奇跡"への回答

John Huizenga wrote a scathing book denouncing cold fusion research in 1993.

ジョン ハイゼンガは、1993年に常温核融合の研究を非難する痛烈な本を書いた。

He was a professor of chemistry and physics at the University of Rochester,
a Department of Energy-funded hot fusion research laboratory.

彼はロチェスター大学、エネルギー資金による高温核融合研究所の
教室で化学と物理学の教授であった。

(訳注ハイゼンガさんが常温核融合が認められると自分の研究が台無しになる一番の人です)

He was also chairman of the 1989 Department of Energy cold fusion evaluation panel
that decided cold fusion research was not an area of science worthy of government funding.

彼はまた、エネルギー常温核融合の評価パネルの1989学科長だった
それは常温核融合の研究は政府の資金援助に値する科学の領域ではないと判断しました。

He mocked cold fusion by alluding to its unexplained characteristics as "miracles."

彼は常温核融合をあざけった。
その説明のつかない特性を "奇跡"とほのめかしてして。

Huizenga's three miracles were:
ハイゼンガの三つの奇跡:

Miracle #1: the mystery of how the Coulomb barrier is penetrated
奇跡#1:クーロン障壁を貫通している方法の謎

Miracle #2: the lack of strong neutron emissions
奇跡#2:強力な中性子量の不足

Miracle #3: the lack of strong emission of gamma or x-rays
奇跡3:強力なガンマの放射やX線の欠如

Resolution to Miracle #1: There is no Coulomb barrier with neutrons
ミラクル#1 への回答:中性子ならクーロン障壁はありません

Resolution to Miracle #2: It is not a fusion reaction, so fusion-associated neutrons are not expected.
ミラクル#2 への回答:それは核融合反応ではないので、核融合関連の中性子が期待されていません。

Resolution to Miracle #3: Converted to infra-red and shielded.
ミラクル#3 への回答:赤外線変換されシールドされます。

Back to Top

Simple Explanation of Mechanics of Theory
理論の力学の簡単な説明

See Full Article: "Widom-Larsen Theory Simplified"

 "Widom-ラーセン理論簡易版": 参照してください

画像(クリックで拡大)



Energy Release - Many Possible Low-Energy Nuclear Reaction Networks

エネルギーリリース - 多くの可能な低エネルギー核反応ネットワーク

See Full Article: "Where Does the Energy Come From in LENR?"
"LENRではどこからエネルギーが来るのでしょうか?": 参照してください

For more information on these network reaction pathways, see Larsen's Sept. 3, 2009 slides 11-12
and June 25, 2009 slides, pages 45, 46, 50 and 62-64.

これらのネットワークの反応経路の詳細については、
ラーセンの2009年9月3日スライド11-12を参照してください。
そして2009年6月25日スライド、ページ45、46、50、62から64。

画像(クリックで拡大)




以下の項目があります。詳細は本家を見てください

Informal Articles by Theorist
理論家による非公式の記事


Slides Presentations and Documents by Theorist (Larsen)
理論家(Larsen さん)によるスライドプレゼンテーション

本家を見てください

Scientific Papers
論文

Issued Patents
特許

Visual Examples of Data Correspondance
データの視覚的例

Third-Party References
第三者の参照

Citations in Other Published Papers or Books
その他の発表論文や書籍の引用

In the News Media
ニュースメディア

Non-Reviewed Peer Responses
未レビューの論文の反応