Dec 29, 2013

2014年のE-CatについてRossi 氏からクリスマスプレゼント

E-Cat World の記事より

E-Catの開発者 Andrea Rossi 氏から、 来年2014年の日程が公表されたとありました。
早速、該当の Andrea Rossi 氏の説明を訳してみましょう。

1- within March 2014 I think will be completed the first part of the long term validation and the results will be published positive or negative as they might be.

訳: 2014年3月に、私が思うに、長期にわたる評価の第一段階が完了します、その結果は、善くても悪くても公開されるでしょう。

私見: 2013年8月頃から第三者により開始されたと思われるE-Catの半年間以上の長期試験が終わることを意味しています。2013年の第三者試験の場合、試験に満足行かなかったので追加試験を行っていたこと、レポートの作成に最低ひと月かかったことで、発表が4ヶ月もずれてしまいました。今回の心配点は、現在の長期試験で追試験をすると、さらに半年遅れる恐れが有ることです。中間報告を3月にしてもらいところです。

2- we are aiming to obtain at least 3/4 of the time of operation in self sustained mode and the remaining 1/4 with a COP>1, so that the energy produced will be more than the energy consumed also during the periods with the drive on.

訳: 我々が目標としているのは、セルフ・サスティン・モード(自立モード)での動作時間の少なくとも3/4を確保すること、さらに、残り1/4をCOP(Coefficient Of Performance 効率 成績係数) > 1 にすること、そうすれは、駆動装置をオンにしても生成されるエネルギーは、消費されるエネルギーより多くなる。

私見: Andrea Rossi 氏から出たセルフ・サスティン・モードという用語は初めてです。3/4期間のセルフ・サスティン・モードでは、出力熱エネルギーが入力無しで自立的に発生すると考えられ、のこり1/4では、COP>1ですから、出力熱エネルギーは、入力を上回ります。これだけで全体として、出力熱エネルギーは入力を明らかに上回りますが、なぜダメ押しのように、文が続くかというと、"the drive on"という部分です。名詞のdriveは、駆動装置という意味ですが、ここでは熱から回転力を発生させる装置=のことです、ここに発電機をつなげることになります。つまり、駆動装置とは、外燃機関であるタービンエンジンあるいはスターリングエンジンを指します。

3- we are working now permanently at temperature (on the surface of the heat exchanging surface) that will allow an efficiency of 40% with the Carnot cycle. In these very days ( also during Christmas) the Hot Cat is working in our USA factory with a temperature upon the external surface, before cooling, around 1 000 °C. Enormous progress has been made in these months working with the Team of our US Partner. Here I found materials, expertise, professonality and, mainly, a moving trust in me that makes me feel extremely indebted. These factors are generating a strong force, with interesting results.

訳: 我々は今恒常的に温度に取り組んでいる(熱交換表面の表面である)、それでカルノーサイクルで40%の効率を達成できるだろう。この素晴らしい日に(クリスマスでもあります)、Hot Catは、我々のUSA工場で動作しており、外部表面の温度が、冷却前で、摂氏で1000度です。大変な進歩が、この数ヶ月に、我々のUSのパートナーチームでありました。ここに私は、素材、専門知識、プロ意識、さらに主に、私自身に信頼をよせることができます、それで私は、非常にありがたく感じます。これらの要素が強い力となり、楽しい結果につながります。

私見: E-Catの最新版は、Hot Catといいますが、発熱温度は、1000度に到達します。これは、ガソリンエンジンなどのシリンダー発熱温度800度前後を少し上回ります。熱力学の教科書によれば、熱機関では、温度差が大きいほど熱効率が向上しますから、1000度という温度は重要な目標値です。また、1000度以上になると、金属が融解してしまいます。実績があり最も安価で丈夫さもある鉄の融点は1500度ですから、1000度前後ということはこれまた大切な目標なのです。Hot Catは、ガソリンエンジンのような間欠爆発ではないため爆発音はありません。したがって、静音性を維持するためなら、熱機関は、タービンとなるはずです。理論効率が高いスターリングエンジンは、ピストンがあるため、振動と騒音があること、つまりメンテがたいへんになる、大きな冷却部が必要になり重量がかさむので、実用性はいまひとつです。タービンは回転運動だけですから、軸受けを工夫すればメンテナンス工数を削減できます。Hot Catは、手で持ち運べるほど小型ですから、家庭に一台設置できると聞いています。このRossi情報からすれば、おそらく、タービンと発電機と蓄電池、熱交換器、ヒートパイプもセットになるはずです。

4- the publication of the theory behind the so called Rossi Effect I think will be published in 2014, but this is not a guarantee, because many are the factors this decision will depend from

訳: いわゆるロッシ効果と呼ばれている背景の理論の公開について、私が思うに、2014年に公開できるでしょう、でも、保障はできません、というのも、多くは要因によるからです、色々な諸事情に依存するのです。

私見: ロッシ効果理論の公開は、特許問題との関係で、特許が取得できたら公開されるのだと思います。

5- the industrial plants are already for sale, because they have already obtained the safety certification, being operated by certified operators, while the domestic appliances, which will be operated by anybody, will need time to obtain the necessary safety certifications.
Please say hello to my beloved New Hampshire, where my US work has been started in 1996….

訳: 産業用プラントはすでに販売しています、というのは、それらはすでに安全認証を取得しているからです、(訓練を受けた)認定オペレーターによって操作されるからです、一方、ドメスティックの(民生用の)装置は、皆さんどなたにも操作されますから、必要な安全認証を取得するには時間がかかります。こんにちはと言って下さい、私の相棒のニューハンプシャー州に、ここに私のUSでの仕事が1996年から始まったのです。

私見: 民生用のE-Catは、産業用より後に発売されるようですね。ロッシ氏のUS(米国)のパートナー企業は、ニューハンプシャー州にいるのでしょうか。以前私は、DEKA社ではないかと推測しました。DEKA社は、ニューハンプシャー州にいます。また、E-Cat World の投稿では、他に GE社とか色々な企業が噂されています。

Warm Regards,
A.R.

訳: 敬具 アンドレア・ロッシ

おまけ 

最近の E-Cat World の投稿に有りましたが、 E-Catの燃料の材料の一つ、ニッケルパウダーを売る詐欺が出始めたとのこと、みなさんも怪しげな商法に十分気をつけて下さい。