Dec 5, 2013

第14回常温核融合研究会が東工大で開かれます

毎日見ている ECat-World の記事によると
第14回常温核融合研究会(JCF14)が12月7日と8日に、
日本の東京工業大学の大岡山キャンパスの南8号館-501室(5階) 大輪講室で開かれます。

日本で常温核融合を研究している大学関係の方の団体が、
Japan CF-research Society です。

日本の場合、米国に較べて予算がほとんど付かない状況での研究のようです。

参加方法はこちら(日本語)。

英文の研究会のプログラムはこちら(英語)。
英文の研究会の発表概要はこちら(英語)。

ECat で成功しているとされるニッケル-水素系でのLENR反応を、
日本でも調査しておりその状況が説明されるようですが、
まだまだ、マスコミ受けする実験結果は出ていないようです。

参加にはおそらく、20,000円+懇親会費用が必要です。
入会費10,000円、年会費 5,000円、研究会参加費5,000円でしょうか。
この手の研究会の費用としては、一般的な金額です。

私は、お金が無いので参加しません。

JCFは低予算でがんばっておられ、
資料の多くを公開されていることが、
すごいところです。

たとえば、今年夏に米国で行われた、ICCF18の参加報告はこちら(日本語)。