Oct 19, 2014

LENRのレクチャーがSUNY Orangeで行われる

SUNY Orangeは、ニューヨーク州立大学の一部門で、オレンジカウンティコミュニティカレッジとも呼びます。英文なら、"SUNY Orange, or Orange County Community College, is a unit of the State University of New York (SUNY) offering two-year associates degrees and certificates. The college has two campuses in Middletown, New York and in Newburgh, New York."ということです。

ここで、Thomas A. Wind 氏 による LENR(Low Energy Nuclear Reactions)の新発見に関するプレゼンテーションが10月20日PM 7:00にあるそうです。

詳しくはここ


また、"The Renewable Energy Disaster"(再生可能エネルギーは災害だ)というサイトがあり、
バイオ燃料の問題点(食料との競合、非効率性、高価格、環境破壊)、風力発電の問題点(高価格、不安定性、景観と環境への影響)、太陽光発電の問題点(高価格、不安定性)を説明する中で、LENR(E-Catなど)への期待を説明しています。

といってもLENRもまだ実商品が無いため、そもそも問題があるかどうかもわからない(だから当然、LENRも問題山積みと考えるべきです)。いずれのエネルギー(石油、石炭、天然ガス、核分裂原子力、その他)にしても、メリットとデメリットがあるので、常に再検討が必要です。その場合、環境負荷も経済性に変換して、税金の投入も正しくその経費に算入して、経済性一本で判定できるようにすることが、誰にでも判るように説明し、市場という大衆の公正な判断を仰ぐということにつながります、こういう判断の仕方が、今の人間の最も高みにある知恵というものだと、そう思います。