Oct 16, 2014

E-Cat長期試験報告 011

6. Analysis of data obtained from the E-Cat

6. E-キャットから得られたデータの分析

Using the same procedure employed for the dummy reactor, we analyzed the 16 files relevant to the active E-Cat test.

ダミー反応装置のために用いたのと同じ手順を使用して、私たちは、アクティブE-キャット·テストに関連する16個のファイルを分析した。

For each file, we calculated average power emitted by radiation and convection by the reactor, cable dissipation through Joule heating, and power transmitted to the hollow rods.

ファイルごとに、私たちは、反応装置による放射と対流によって放出された平均パワーを算出した、ジュール加熱によるケーブル損失、及び、中空ロッドに伝達されたパワーも求めた。

For the rods, we do not have 16 thermography files corresponding to those saved for the reactor, because, as mentioned above, the IR camera's position was changed frequently.

棒に関して言えば、私たちは反応装置のために保存されたそれらに対応する16個のサーモグラフィファイルがない、なぜなら、上述したように、赤外線カメラの位置が頻繁に変更されたからである。

We therefore analyzed several thermography files relevant to different days and positions,

そこで、私達は、異なる日と位置に関連するいくつかのサーモグラフィ・ファイルを分析した、

from which the two most representative ones for length of time and average temperatures were singled out.

そこから、時間の長さと平均温度に関して2つの最も代表的なものが取り出された。

The first file refers to the days of the test before the 6th of March (the day in which power supply to the reactor was increased), the second to the following days.

最初のファイルは、3月6日の前のテストの数日(反応器への電力供給が増加された日)を指し示し、第二は、後の日に対応する。

 This choice was justified by the fact that the thermal variations on the rods obtained by analyzing the file data were significant only in the comparison between the two above-mentioned stages, and lay in any case within the percentage error associated to the result (± 5%).

この選択は以下の事実によって正当化された、ファイルデータを解析して得られた棒上の熱変化は、2つの上記のステージ間での比較においてだけ有意であった、さらに、その結果に関連したパーセンテージ誤差(± 5%)の範囲内であればどのような場合にでも存在し得た。

Once again, as in the case of the dummy reactor,

もう一度、ダミー反応装置の場合のように、

the rods’ symmetric geometry allowed us to perform calculations for only one set of three rods,

棒の対称な幾何形状により、私たちは3本のロッド一組だけのための計算を実行することができた、

and multiply the result by a factor of two.

さらに、結果に2倍の係数を掛けます。

Here, from the power value obtained for the rods, one should once again subtract the small contribution of heat emitted by the cables that run through them;

ここで、棒に対して得られたパワー値から、人は、それらを通って走るケーブルによって放出された熱の少ない寄与を、再び引くべきである。

but this value is included in the percentage error associated to the result.

しかし、この値は、結果に関連付けられたパーセント誤差に含まれている。


The results obtained are as follows:

得られた結果は以下のとおりです。

(訳注 クリックで拡大します)

Table 5. Power emitted by radiation and convection by a set of three E-Cat rods (column 4) and by both sets (column 5). 

表5。3本の E-キャットの棒のセットによって放射と対流によって放出されるパワー(列4)そして両方のセットによる(列5)。

The values are averaged over two different periods of time: 

値は、時間の二つの異なる期間にわたって平均化される。

the upper row refers to the days before March 6 – the day when the power supply was raised by ca. 100 watts – the lower row refers to the following days.

上段は3月6日までの数日を指し - 電源はca.によって100ワットに上げされたその日 - 下段は、その後の日を指します。



Tables 6 and 7 report all the E-Cat test results relevant to the days of testing, approximately two days for each file.

表6及び表7は、テストの日に関連したすべてのE-キャットのテスト結果をレポートします、各ファイルにつき約2日間です。


The first table shows the average temperature of each cap and of the entire body of the E-Cat for each of the 16 files analyzed.

最初の表は、各キャップの平均温度を示している、及びE-キャットの体全体も、分析した16個のファイルのそれぞれについてである。

It should be mentioned that, as in the case of the dummy reactor,

言及されるべきことがある、ダミー反応装置の場合のように、

analysis on the E-Cat was again performed by dividing the thermal images into 10 areas along the length of the reactor,

E-キャットの解析は、再び、反応器の長さに沿って10の領域に熱画像を分割して行ったし、

and into three areas for each cap.

各キャップのための3つの領域に変換している。

In the table, however, the results relevant to each area are further averaged out, in order to facilitate reading.

表では、しかしながら、各領域に関連する結果は、さらに平均化される、読み取りを容易にするためにである。

(訳注 ここで20ページが終わり、21ページへ)

In the second table, mean power consumption, watts produced and watts dissipated by Joule heating are shown for each file.

二番目の表においては、消費電力を意味し、ワットが生成され、ジュール熱によって消費されるワットはファイルごとに表示されます。

Uncertainty associated to the result is on average 5% for power consumption and 3% for watts emitted.

結果に関連する不確実性は、消費電力に関しては、5%であり、平均放出されたワットに関しては、3%である。

The last two columns record COP and net production.

最後の2つの列がCOP及び純生産を記録する。

COP is the ratio of the sum of the mean power, emitted by radiation and convection by both the E-Cat and the rods, to mean power consumption of the reactor minus watts dissipated by the cables through Joule heating.

COPは、比であり、平均電力の合計の、それはE-キャットと棒の両方によって放射と対流によって放出されるのだが、反応器の平均電力消費との比だ、ただし、ジュール加熱によりケーブルによって放散されるワットをマイナスしておく。

It therefore gives an indicative parameter of the reactor’s performance.

それは、したがって、反応装置の性能を示すパラメータを提供します。

Net production, on the other hand, is given by the difference between the total watts produced by the reactor and those consumed by it, and shows what portion of emitted power is entirely due the internal reaction of the E-Cat.

純生産量は、一方では、次の両者の差によって与えられる、反応装置によって生成される総ワットとそれによって消費されるその総ワット、さらに、放出されたパワーの一部がE-キャットの内部の反応に完全によるものであるということを示しています。

By way of example, using the data of file No. 1 in the table, we have:

一例として、テーブル内のファイル番号1のデータを用いて、私たちは持てる:

(訳注 クリックで拡大します)

Table 6. Average temperatures of E-Cat body and caps calculated for each of the 16 thermography files recorded during the test. 

表6。 E-キャット本体とキャップの平均温度、これはテスト中に記録された16個のサーモグラフィファイル毎に算出された。

One file corresponds to ca. two days of data logged.

1つのファイルは、記録されたログの約二日間に対応する。

(訳注 ここで21ページが終わる)

(訳注 クリックで拡大します)

Table 7. For each of the 16 thermography files recorded (ca. two days of test) we have, subsequently: 

表7。記録された16個のサーモグラフィ・ファイルのそれぞれについて(約テストの2日間)私たちは、持っている、以下のように:

average power consumption of the E-Cat, power emitted by the E-Cat by radiation, 

E-キャットの平均消費電力、放射によって、E-キャットによって放出されたパワー、

power emitted by convection, sum total of the last two values, sum total of watts emitted by both sets of rods by radiation and convection, 

対流によって放出されるパワー、最後の二つの値の総和、放射および対流によって棒の両方のセットにより放出されるワットの総和、

power dissipated by Joule heating, COP, and net production.

ジュール加熱によって消費されるパワー、COPおよび純生産。



What immediately stands out in Table 7 is the sharp difference between values obtained in the first ten days of the test (files 1 to 5 included),

表7にすぐに際立っていることは、試験の最初の10日間で得られた値と値の間の鋭い違いです(ファイル1〜5を含む)、

when power input to the reactor was kept at lower levels, and those obtained in the second period,

反応器への電力入力をより低いレベルに保ったとき、第二の期間で得られたそれら、

 in which power supply was increased by slightly more than 100 W.

その状況で、パワー供給が100Wより.わずか多く増加させられた。

The effect of raising power input was an increase in power emission of about 700 W.

電源入力を上昇させる効果は、約700 Wのパワー放出の増加であった。

Plot5 shows the trend of average temperature for one of the areas in which the thermography file of the E-Cat was divided (Area No. 5), when power input was increased.

Plot5はエリアの一つのための平均温度の傾向を示している、そこにおいて、E-キャットのサーモグラフィファイルが分割されたのだが(エリア5号)、電源入力が増加したときである。

All values have been calculated by setting only one emissivity value, so as to make displaying on a continuous line possible, but the choice of ε is appropriate here only for the final temperatures reached after power increase.

すべての値は、1つの放射率値を設定することによって計算された、連続したライン上に表示を可能にするためにだ、しかしεの選択は、ここで適切である、電力増加後の最終到達温度のためにだけであれば。

For this reason, the plot is not entirely reliable as far as the values on the y-axis are concerned:

このため、プロットは、完全に信頼できるものではない、y軸上の値に関する限りにおいてだ。

its purpose is merely that of showing how long it took the E-Cat to stabilize after input current was increased.

次のような目的に過ぎないのだ、入力電流が増加した後に安定化するまでに、どのぐらい時間がかかったかを示すということだ。

As one can see, this amounts to about 400 seconds, slightly more than six minutes.

人はわかるようはずだ、これは約400秒に達すると、6分よりわずかに多い時間だ。

(訳注 ここで22ページが終わる)