Oct 11, 2014

E-Cat長期試験報告 004

Figure 4.

図4。

Wiring diagram. 

配線図。

The two PCEs are located one upstream and one downstream from the control instruments,

2つののPCEは、制御機器からの1つの上流と1つの下流に配置されています

 a TRIAC three-phase power regulator driven by a potentiometer and by the temperature read by the K-probe. 

ポテンショメータとK-プローブによって読み取られる温度によって駆動されるTRIAC三相電力調整器。

The resistors are connected in delta configuration (SW = Switch, C = Connection Box). 

抵抗器は、デルタ構成で接続されている(SW =スイッチ、Cは=接続ボックス)。

Note that, in the text, the three cables running from the control system to C are termed C1, 

尚、本文中、制御システムからCへ走る3本のケーブルがC1と呼ばれる、

whereas the six cables running from C to the reactor are termed C2.

そこでは、Cから反応器へ走る6本のケーブルが、C2と呼ばれる。


Figure 4 details the electrical connections of all elements of the experimental setup.

図4に実験装置のすべての要素の電気的接続の詳細を示します。

The two PCEs were inserted one upstream and one downstream of the control unit:

2のPCEは、制御ユニットの一方の上流、もう一方の下流を挿入された。

the first allowed us to measure the current, voltage and power supplied to the system by the power mains;

まず第一に私たちは、電力幹線によるシステムに供給される電流、電圧、電力を測定することができた;

the second measured these same quantities as input to the reactor.

第二に、反応器への入力として、これらの同じ量を測定した。

Readings were consistent, showing the same current waveform;

読み取り値は、一致していた、同じ電流波形を示ていた;

furthermore, they enabled us to measure the power consumption of the control system,

さらに、それらは、制御システムの電力消費を測定することができた、

which, at full capacity, was seen to be the same as the nominal value declared by the manufacturer.

それが、フル稼働で、製造者が宣言した公称値と同じであるように見られた。



Special attention was given to measuring the current and voltage input to the system:

特別な注意がシステムへの電流と電圧の入力を測定することに与えられた:

the absence of any DC component in the power supply was verified in various occasions in the course of the test,

電源内の任意のDC成分が存在しないことは、試験の過程で、さまざまな場面で検証した
(訳注 2012年-2013年にかけて実施された試験の第三者試験報告論文で、最も怪しいと疑われた件がこのDC成分、つのり直流電流の投入による誤魔化しの可能性である、逆にそれしか批判的陣営が科学的に合理的に疑問を指摘できることがなかった、今回の試験ではこの点をクリアできるように特別の注意を払ったということである)

by means of digital multimeters and supplementary clamp ammeters.

デジタルマルチメータおよび補助クランプ電流計による。

We also verified that all the harmonics of the waveforms input to the system were amply included in the range measurable by the PCEs (Figure 5).

また、システムへの波形入力のすべての高調波が、PCEによる測定可能範囲に十分に含まれていたことを確認した(図5)。

The three-phase current line supplying all the energy used for the test came from an electrical panel belonging to the establishment hosting our laboratory,

テストに使用されるすべてのエネルギーを供給する3相電流線は、私たちの研究室をホストしている設置物に属する電気パネルから来た、

to which further unrelated three-phase current equipment was connected.

これにさらに無関係の三相電流機器が接続されていた。
Figure 5.

図5。

The PCE display downstream from the control unit. 

PCEディスプレイ、制御ユニットから下流。

On the left, one can see the current’s waveshape (identical in both PCEs), 

左側には、人は、現在の波形を見ることができます(両方のPCEで同一)、

on the right its harmonics analysis. 

右に、その高調波解析。

Note that the PCE is capable of correctly measuring up to 100 harmonics, 

PCEが、100の高調波まで正しく測定することが可能であることに注意してください

though with diminishing precision. 

精度を減少しても。

The figure reveals that all the most important harmonics are contained within the 20th harmonic, 

図は、すべての最も重要な高調波は第20番高調波の中に含まれていることを明らかにし、

and, therefore, that all the wave shape harmonics input to the system lie within the PCE’s measuring range.

そして、したがって、システムへのすべての波形形状の高調波入力は、PCEの測定範囲内にあるということである。


David Bianchini, MSc and expert in radiation detection, was in charge of assessing possible ionizing radiation and neutrons emitted by the reactor charge, before, during and after operation.

デビッドBianchini氏は、修士及び放射線検出の専門家、彼は、反応装置の燃料系によって放出された可能性のある電離放射線と中性子の評価を担当していた、操作の事前、途中、事後にである。

For this purpose, he provided the following instruments:

この目的のために、彼は以下の機器を提供:

a scintillation probe, a neutron radiation detector, a Geiger probe and various thermo luminescent dosimeters.

シンチレーションプローブ、中性子放射線検出器、ガイガープローブとさまざまな熱ルミネッセンス線量計。

For all types of radiation taken into consideration, background radiation was measured beforehand,

考慮した放射線のすべてのタイプでは、背景放射は、予め測定された、

both inside the laboratory where the test took place, and in various premises belonging to the establishment hosting us.

試験が行われた実験室の内部と、そして、私たちをホストしている設置物に属するさまざまな施設の両方で。

 Subsequently, Bianchini evaluated the possible presence of alpha, beta and gamma radiation by applying his instruments directly to the powder

その後、Bianchini氏は、粉末を直接に自分の機器を適用することにより、アルファ、ベータおよびガンマ線の存在の可能性を評価すした

that was subsequently inserted into the reactor.

その粉末は、続いて反応器に挿入されたものだ。

The same operation was repeated after the end of the test on the powder extracted from the reactor.

同様の操作は、試験の終了後にも、反応器から抽出された粉末に対して繰り返した。

In both cases, no signs of activity were found.

どちらの場合も、活動の兆候は見られなかった。

Similar readings were performed on the E-Cat, both during the dummy run without charge powder, and during normal operation.

同様の測定値は、燃料と成る粉末のないダミーの実行中に、通常動作中の両方にて、E-キャット上で実施した。

Several dosimeters located in the vicinity of the reactor were in operation during the entire 32 days of the test,

反応装置の近傍に位置する複数の線量計は、試験の全32日間、運転していた

for detecting neutron radiation.

中性子放射線を検出するためである。

A detailed report on these operations and the results thereof is supplied as Appendix 1 to the present paper.

これらの操作とその結果に関する詳細な報告書は、本論文の付録1として供給される。