Oct 9, 2014

E-Cat長期試験報告 002

1. Introduction
はじめに

This paper presents the results from a new extended study carried out on the “E-Cat” reactor, a device invented by Andrea Rossi.

本論文では、「E-キャット」反応装置、アンドレア·ロッシが発明したデバイス、この上で行った新しい拡張研究の結果を示す。

Various tests of this reactor have indicated that an excessive amount of heat is generated from a fuel consisting of hydrogen-loaded nickel powder plus some additives.

この反応器のさまざまなテストが示していることは、過剰な熱量が生成されること、水素をロードされたニッケル粉末からなる燃料である、さらにいくつかの添加剤からなるのだ。

The heat generating process is initiated by heat from resistor coils around the reactor tube.

発熱プロセスは、反応管の周りにある抵抗コイルからの熱によって開始される。

In addition, the resistor coils are fed with some specific electromagnetic pulses.

また、抵抗コイルにはいくつかの特定の電磁パルスが供給される。

The E-Cat reactor was tested in March 2013 by the same collaboration performing the present test and a report is given in ref. [1].

E-キャット反応器は、2013年3月に、このテストを実行するのと同じコラボレーションによって試験された、その報告書は、参考文献 [1]に記載されている。

The March 2013 test showed indeed a clear indication that abnormal heat was generated,

2013年3月の試験は確かに異常な熱が発生したことを明らかに示しを示したが、

i.e. that the amount of heat could not be explained by any chemical processes in the limited volume of the reactor tube.

すなわち、熱の量は、反応管の限られた容積内の任意の化学プロセスでは説明できないこと。

This striking result prompted us to investigate this phenomenon further.

この顕著な結果は、この現象をさらに調査することを促した。

Therefore a second test has now been performed, this time over a much longer period of time (32 days).

したがって、第二の試験は、今回実行が完了したのだが、今度は、時間のかなり長い期間(32日間)にわたっている。

Also, additional instrumentation was employed to further improve and secure the experimental conditions during the run.

また、追加計測機器は、、稼働中の実験条件を、さらに向上させ確実にするために使用された。

A longer test was also motivated to investigate the long term stability of the E-Cat operation, as well as running it at two different operational settings for comparison.

長い試験には、E-キャット動作の長期安定性を調査するモチベーションがあったし、比較のために2つの異なる動作設定でそれを実行することも含む。

Furthermore, and more importantly, we wanted to investigate if the nuclear composition of the fuel had changed due to the heat generating process.

また、より重要なのは、私たちは、燃料の核種の組成が、発熱プロセスに起因して変化したかを調査したかった。

Such an investigation is indispensable in order to find out if the heat generating process has its origin in transformations at the nuclear level.

このような調査は、発熱プロセスが、核レベルでの変換にその起源を持っているかどうかを調べるためには不可欠である。

A careful analysis of the fuel isotope composition has therefore been performed on samples taken by us before and after the experimental run

燃料同位体組成の慎重な分析は、従って、実験の実行前と後において、私たちが用いたサンプルについて実行されました

using the standard methods of SIMS, XPS, EDS and the chemical element analysis ICP-MS and ICP-AES.

SIMS、XPS、EDSの標準的な方法を、さらに、化学元素分析ICP-MSとICP-AES用いてです。

In the course of the year following the previous tests, the E-Cat’s technology was transferred to Industrial Heat LLC, United States,

以前のテストに続く翌年の経過では、E-キャッツ技術は、工業用ヒートLLC社、米国にある、に移管されました、

where it was replicated and improved.

そこで、それが複製され、改善された。

The present E-Cat reactor is therefore an improved version running at higher temperature than the one used in the March 2013 experiment.

現在のE-キャット反応器は、そのため2013年3月の実験で使用したものよりも高い温度で実行されている改良版です​​。

The general experimental procedure in the present test was the same as in the March test,

本実験における一般的な実験手順は、3月の試験と同じであった

 i.e. the input power was carefully monitored with appropriate instruments,

すなわち、入力電力が注意深く適切な機器を使用してモニターされ、

and the output power was determined by measuring the emitted radiation

出力電力は、放出される放射線を測定することによって決定した

as well as calculating the heat dissipation from convection.

同様に対流からの熱放散の計算などもあります。

The test started with a run with no fuel in the reactor

テストでは、反応器内の無燃料で走行を開始した、

in order to make sure that our experimental set-up gave a perfect balance between the measured input and output power.

私たちの実験の設定は、測定された入力と出力電力との間の完璧なバランスを与えていることを確認するためである。

Since we required that our measurements be carried out in an independent laboratory with our own equipment,

私たちの測定が、私たち自身の機器を用いて、独立した実験室で行われることが、私たちには必要であったので、

the experiment was purposely set-up and hosted within an industrial establishment

実験は、工業の有力施設の中で意図的にセットアップしてホストされました

which was not in any way connected with Andrea Rossi’s businesses or those of his partners.

アンドレア·ロッシの企業、あるいは彼のパートナーのそれとは、何も関係のないところである。

The test was thus performed in Barbengo (Lugano), Switzerland,

テストは、このように、Barbengo(ルガノ)、スイスで行われ、

in a laboratory placed at our disposal by Officine Ghidoni SA.

それは、オフィチーネGhidoni SA 社( http://www.officineghidoni.ch/ )のそばの、私達の処分に配置された実験室の中でである。