Oct 14, 2014

E-Cat長期試験報告 008

4.3 Joule heating in the cables

4.3 ケーブルでのジュール加熱

The cables supplying power to the reactor are made of copper and are several meters long.

反応器に電力を供給するケーブルは、銅製であり、数メートルの長さである。

In the present run of the E-Cat the current flow may actually be higher than 40 A.

E-キャットの現在の実行では、電流の流れは、40 Aより高い可能性が実際にある。

For this reason, it is expedient to evaluate what portion of the current,

この理由のため、電流のどの部分を評価することが好都合であるか、

fed to the system by the power mains, is dissipated by the cables as Joule heat.

それは主電源によってシステムに供給されるのだが、それはジュール熱としてケーブルによって消費されます。

Figure 4 shows the cable layout from mains to load:

図4は、主電源から負荷へのケーブルのレイアウトを示しています。

three copper cables exit the power regulator, one for each phase, three meters in length each, with a cross-profile of 12.00 mm2.

3本の銅ケーブルは、電力調整器を出る、各相につき1本、それぞれ長さが3メートル、12.00平方ミリメートルの切断-断面を有する。

In order to allow the delta configuration connection of the resistors, each of these cables is connected to another two cables, 2 m in length each, having a cross-section of 12.45 mm2.

抵抗器のデルタ構成接続を可能にするために、これらのケーブルのそれぞれは、他の二本のケーブルに接続され、それぞれ長さが2メートル、12.45平方ミリメートルの断面を有する。

(訳注 ここで、13ページの終わり)

Given that the resistivity of copper is = 0.0175 Ω / m mm2,


銅の抵抗率が = 0.0175 Ω / m mm ^ 2 であることを考えると、

one may easily deduce that the electrical resistance of the three cables exiting the regulator (Circuit 1, C1) is = R1 = 4.375∙10–3 Ω,

人は簡単にレギュレータ(回路 1, C1)を出る3本のケーブルの電気抵抗は R1 = 4.375 * 10 ^ -3 Ω であることを推測することができる、

whereas that of the cables splitting off from these (Circuit 2, C2) is = R2 = 2.811 ∙ 10–3Ω.

ここでは、これら(回路 2, C2)から分裂して離れていくケーブルの抵抗は、 R2 = 2.811 * 10 ^ -3 Ω である。



We may calculate the dissipated heat to the limited extent of the dummy reactor:

私たちは、ダミー反応装置の限られた範囲で発生する熱を計算することができる。

the results relevant to the E-Cat will be given in Table 7,

E-キャットに関連する結果を表7に与えられます、

due to the fact that the average current values changed from day to day.

平均電流値は日ごとに変化しているという事実に依存しますが。


Measurements performed during the dummy run with the PCE

PCEとともにダミー運転中に実行される測定は、

and ammeter clamps allowed us to measure an average current,

および電流計クランプは、私たちに、平均電流を測定することを可能とさせてくれる、

for each of the three C1 cables, of I1 = 19.7A, and, for each C2 cable, a current of I1 / 2 = I2 = 9.85 A.

3本の C1ケーブルのそれぞれについて、I1 = 19.7A であり、さらに、 それぞれのC2ケーブルについて、I1 / 2 = I2 = 9.85 A の電流。

The evaluation of heat dissipated by the first circuit is:

第一の回路が発生する熱の評価は次のとおりです。

WC1 = 3(RI1 ^ ²) = 3(4.375 * 10 ^ –3 * (19.7) ^ ²) = 5.1 [W] (9)

For the second circuit we have:

第二の回路について私たちが得たものは:

WC2 = 6(RI2 ^ ²) = 6(2.811 * 10 ^ –3  * (9.85) ^ ²) = 1.6 [W] (10)

By adding the results, we have the total thermal power dissipated by the entire wiring of the dummy.

この結果を追加することで、私たちはダミーの配線全体で消費される総熱出力を得た。

Wtot.dummy = 5.1 + 1.6 = 6.7 ≈ 7[W] (11)

In the calculations that follow, relevant to the dummy reactor and the E-Cat’s power production and consumption, the watts dissipated by Joule heating will be subtracted from the power supply values.

以下の計算において、ダミー反応装置およびE-キャットの電力生産と消費に関連して、ジュール加熱によって消費されるワットは、電力供給値から減算される。


Note that the copper cables, 12.45 mm2 in cross section, run through most of the six alumina rods, inside of which they are joined by a connecting terminal to the Inconel cables coming from the reactor.

注意することは、銅のケーブルだ、断面が12.45平方ミリメートル、6本のアルミナ棒のほとんどを通り抜けている、その内部にて、それらが、反応器から来るインコネル・ケーブルの接続端子によって接合されている。

The length of Inconel cable inside the rods is but a few centimeters long.

ロッド内部インコネル・ケーブルの長さが数センチメートルの長さにすぎない。

Therefore, if one considers that the copper cables run through almost the whole length of the rods (50 cm),

そのため、もし、人がこう考えるなら、銅ケーブルは、棒の全長 (50 cm)をほぼ通じて通るということだが、

it is possible to calculate what fraction of the 7 W given by (11) is emitted within the six rods themselves.

可能であると言えるのは、(11)で与えられる7 Wの割合のどの程度が、6つの棒それ自体の内に放出されるのかということを算出することだ。

For each of the six 50 cm lengths of copper cable, the relevant resistance is 7.028∙10–4Ω.

銅ケーブルの六本の50センチメートル長のそれぞれについて、関連する抵抗は、 7.028 * 10 ^ –4 Ω である

From (10) we see that the heat dissipated inside the rods by the copper cables is = 6 ∙ (7.028 ∙ 10–4 ∙ (9.85)²) = 0.4 W,

(10)から、私たちがわかることは、銅ケーブルによって棒の内側に放散される熱が 6 * (7.028  * 10 ^ –4  * (9.85) ^ ²) = 0.4 Wであることだ。

that is to say, about 6% of the heat emitted by all the copper cables together.

それは言ってみれば、熱の約6%が、すべての銅ケーブルと一緒に放出されるのだ。

It is obvious that the heat emitted by the rods (which shall be calculated in detail in the next paragraph) is only in the least part generated by the cables running through them:

明らかであることは、ロッドによって放出される熱が(次の段落で詳細に計算しなければならないもの)、それらを通り抜けるケーブルによって生成された僅かの部分にのみあることです。

on the contrary, that heat originates almost exclusively from the reactor, which, by conduction through the short lengths of Inconel cables coming from the caps, transmits it to the rods.

逆に、その熱は、反応器からほぼ独占的に由来するのだが、それが、キャップから来るインコネル・ケーブルの短い長さを伝わる伝導によってだが、棒に伝達するのだ。

(訳注 ここ (14ページの中部)で、4.3の終わり)