Oct 18, 2014

E-Cat長期試験報告 013

7. Ragone Plot

7. ラゴンプロット

The net production of the E-Cat, the values of which may be seen in the last column of table 7, allows us to calculate the total energy produced by the reactor during its ca. 768 hours of operation.

E-キャットの純生産、表7の最後の列に見られるそれらの値によって、私たちは、操作のその約768時間中に反応器によって生成される総エネルギーを計算することができる。

By multiplying the value of each file by the length of time that the file refers to (48 hours) and adding the results, we get:

時間の長さによって、各ファイルの値を乗算し、そのファイルは、(48時間)を指し、さらに、結果を加算、得られるのは、

(1658.21 * 48) + (1664.88 * 48) + ... + (2373.94 * 48) = (1618194 ± 10%) [Wh] =
= (5825 ± 10%) [MJ] (28)

Next, we may calculate the specific gravimetric energy and the power density associated to the E-Cat and try to place it within the Ragone plot (Figure 13),

次に、特定の重量エネルギーとE-キャットに関連するパワー密度を計算し、ラゴンプロット内に置くことを試みることができるだろう(図13)、

a diagram comparing the power and energy densities of several conventional sources [11].

いくつかの従来のエネルギー源のパワーとエネルギー密度を比較した図[11]。

If one considers the weight of the charge = 1 g, one gets the following values relevant to thermal energy density and power density:

もし人が、燃料チャージの重み =1グラム を考慮した場合、人は、熱エネルギー密度およびパワー密度に関連する次の値を取得します。

(1618194 / 0.001) = (1618194000 ± 10%) [Wh/kg] = (1.6 * 10 ^ 9 ± 10%) [Wh/kg] =
= (5.8 * 10 ^ 6 ± 1 0%)[MJ/kg] (29)

(1618194000 / 768) = (2107023 ± 10%) [W/kg] = (2.1 * 10 ^ 6 ± 10%) [W/kg] (30)

(訳注 25ベージの終わり)

These results place the E-Cat beyond any conventional source of energy, as may be clearly seen from the plot in Figure13.

これらの結果は、エネルギーのいかなるの従来の源をも越えたところにE-キャットを配置する、図13のプロットから明らかに見ることができるのだ。

Our values, though close to the energy densities of nuclear sources, such as U235, are however lower than the latter by at least one order of magnitude [12].

私たちの数値は、核力を源とするエネルギー密度に近いけれども、U235のようにである、しかし、後者より低いのだ、少なくとも一桁だけだが [12]。

(訳注クリックすると拡大します)
Figure 13. “Ragone plot of energy storage”[11]. 

図13。「エネルギー貯蔵のラゴンプロット」[11]。

The plot shows specific gravimetric energy and power densities relevant to various sources. 

プロットは、さまざまなソースに関連する特定の重量エネルギーとパワー密度を示している。

The E-Cat, which would be far off the scale here, lies outside the region occupied by conventional sources.

E-キャットは、ここでは、目盛りからはるか遠くに離れてしまい、従来のエネルギー源が占める領域の外側にある。


Considering that we do not know the internal structure of the reactor,

私たちが、反応器の内部構造を知らないことを考慮すると、

and therefore cannot completely rule out that there were other charges inside it besides the one weighed and inserted by us,

そのため、以下のことを完全に除外することはできないのだが、私達によって計量し、挿入された1つに加えて、その中その他の燃料チャージがあったとということであるが、

we may repeat the above calculations taking the weight of the entire reactor (452 ± 1 g) into consideration:

私たちは、全反応装置の重量 (452 ± 1 g) を考慮して、上記の計算を繰り返すこともできる

(1618194 / 0.452) = (3580075 ± 10%) [Wh/kg] = (3.6 * 10 ^ 6 ± 10%) [Wh/kg] =
= (1.3 * 10 ^ 4 ± 10%) [MJ/kg] (31) 

(3580075 / 768) = (4661 ± 10%) [W/kg] = (4.7 * 10 ^ 3 ± 10%) [W/kg] (32)

Even if taken from this extremely conservative point of view, the reactor lies beyond the limits of the above Ragone plot.

観点としてこの極めて保守的な点から検討しても、反応器は、上記のラゴンプロットの限界を超えて位置しています。


Lastly, by way of further enquiry, we may consider another kind of Ragone plot, where volumetric densities instead of gravimetric densities are expressed (Figure 14), and calculate the reactor's position with respects to it [13].

最後に、さらなる照会を経て、私たちは、ラゴンプロットの別の種類を考慮することができる、重量密度の代わりに、体積密度が発現される(図14)、そして、それへの点で反応装置の位置を計算する [13]。

(訳注 ここで26ページの終わり)

(訳注クリックすると拡大します)
Figure 14. Another version of the Ragone Plot of Energy Storage [13]. 

図14。エネルギー貯蔵のラゴンプロットの別のバージョン[13]。

In this plot, specific volumetric and gravimetric energy densities are given for various sources. 

このプロットでは、特定の体積および重量エネルギー密度は、さまざまなソースのために与えられる。

The E-Cat, far off the scale here, lies outside the region occupied by conventional chemical sources.

E-キャットは、ここで遠くスケールオフするし、従来の化学源が占める領域の外側にある。



Given that we do not know the exact internal volume of the E-Cat, we may conservatively take into account the whole external volume of the object.

私たちは、E-キャットの正確な内部容積を知らないことを考えると、私たちは、オブジェクトの全外部体積を計算に入れるという、保守的なことを考慮することになるでしょう。

The results are:

結果は以下のとおりです。

E-Cat Volume = 20π + 2 * 16π = (163 ± 2%) cm³ = (0.163 ± 2%) l (33)

(5825 / 0.163) = (35736 ± 12%) [MJ/l] = (3.6 * 10 ^ 4 ± 12%) [MJ/l] (34)

Once again, even in the most conservative scenarios, we have values that allow us to conclude that the reactor studied here may not be considered a conventional source of energy.

もう一度繰り返しますが、最も保守的なシナリオにおいて、私たちは、私たちがそれを結論付けることを可能な値を持っているのです、というのは、ここで研究した反応装置は、エネルギーの従来のソースとみなされないだろうということです。

(訳注 ここで7章(27ページ中央)のおわり)