Oct 21, 2014

E-Cat長期試験報告 016

Appendix 1
付録1

Radiation measurements during the long-term test
of the E-Cat prototype.

長期試験中の放射線測定
E-キャットプロトタイプの。

D. Bianchini, Bologna

PREFACE

序文

Between the 24/02/14 and the 29/03/14 in Lugano (CH) I performed the radiation field measurements for radiation protection purposes as per Andrea Rossi request on the 30/01/14.

ルガノ (CH) における24日/02月/2014年と29日/03月/2014年の間、私は30日/01月/2014年のアンドレア·ロッシのリクエストに従って放射線防護の目的で放射電界の測定を行った。

As in previous evaluation on the same type of prototype, the process, the geometry and the materials are unknown.

プロトタイプの同じタイプの以前の評価と同様に、プロセス、幾何学的形状および材料は、不明である。

The industrial plant manager declared the absence of using both of charge particle acceleration systems and intentionally added radioisotopes of any type.

工業プラントマネージャが、宣言したのは、以下の両方を使用していないことである、荷電粒子加速システムと、如何なる種類の放射性同位元素の意図的添加。(訳注 E-Catには、荷電粒子加速システム(例:真空下でのプラズマ加速装置)や、ウランやその他の放射性元素による隠しエネルギー源が無いことを意味する))

This statement excludes the presence of a field of ionizing radiation except for a new and unknown form of radiation source .

この宣言文により、放射線源のまったく新しい未知の形を除いて、電離放射線の場の存在を除外できる。

The radiation measurements are made on the materials used before and after the test and on the ambient around the prototype in use during the test.

放射線の測定は、試験の前後に使用された材料についてされ、および試験中に用いられたプロトタイプ装置の周囲環境についてもです。

The measuring positions are conservative with respect to the position and the occupation time of the operators involved.

測定位置は、関係するオペレータの、位置と占有時間に関して保守的である。

The present evaluation based on the radiation measurements cannot be related to criteria of functionality of the system and cannot be used for comparison in systems different from this one, in the process, in the geometry or in the construction materials used.

放射線測定に基づいた今回の評価は、システムの機能性の判断基準に関連することができないし、そして、過程において、ジオメトリにおいて、あるいは、使用された建設資材において、これとは異なるシステムでの比較のために使用することもできない。

Figl: Picture of the neutron probe and tennoluminescent detectors around the prototype

図: プロトタイプの周りの中性子プローブとtennoluminescent検出器の写真



MATERIALS AND METHODS

材料および方法

In order to avoid potential source or risk for the operators and the population around the prototype during the long duration test the commissioner ask me to measure different kind of radiation in wide range of energy.

長い持続時間の試験の間に試作品の周りのオペレータや集団に対する潜在的な供給源または危険を回避するため、コミッショナーが私に依頼したことは、エネルギーの広い範囲での放射線の異なる種類を測定することです。

The hypothesis that the prototype can produce a radiation field is due to the unconventional energy that the inventor has produced with it.

プロトタイプが放射線場を生成することができるという仮説は、発明者がそれを用いて生産しているという非在来型エネルギーに起因している。

To ensure that this process do not involve ionizing radiation I perform the evaluations on different type of radiation in wide spectrum and wide energy.

このプロセスが、電離放射線を含まないことを確実にするために、私は、広いスペクトルと広いエネルギーの範囲で放射線の異なるタイプに関して評価を行う。

The measurements are divided temporally in before, during and after the using of the prototype.

測定値は、試作品の使用の、前、中および後に、時間的に分割されている。

In the "before" and "after" evaluation the gamma and alpha/beta field evaluation are made on the material used inside the prototype.

で「前」と「後」の評価において、ガンマとアルファ/ベータフィールドの評価が、プロトタイプの内部で使用された材料についてされています。

In the "during" evaluations the gamma and neutron field are performed around the system.

評価の「中」において、ガンマおよび中性子場の計測は、システムの周囲で行われます。

The measure does not take into account in any way the interaction of the photons,

測定値は、いかなる方法でも、光子の相互作用を考慮に入れない、

charged particles or neutron produced by the materials inside the apparatus during the using

荷電粒子や中性子、これは使用した時に装置内部の材料によって生成されるのだが、

and cannot in any way be traced back to the production of ionizing radiation from the inside of the prototype.

さらに、いかなる方法でも、プロトタイプの内側からの電離放射線の生産に遡ることができません、

The radiation measurement protocol is structured as follows:

次のように放射線測定プロトコルが構成されています。

(訳注 33ページの終わり)

Appendix 1
付録1

 The comparison of the CPM collected during the test

テスト中に収集されたCPMの比較は、

with the CPM referred to the background in laboratory

実験室でのバックグラウンドと呼ばれるCPMとの比較だが、

is an index of low flounce radiation field.

低フラウンス(訳注 振動の意味)放射場のインデックスである。

 The active probes and the TLD positions was chosen to be at the closest position.

アクティブプローブおよびTLD位置が最も近い位置になるように選択された。

 accessible by operators around the support frame.

支持フレームの周囲にオペレーターがアクセス可能となるように。

 The radioisotope presence in the material used before and after the experiment is
 evaluated with a Geiger scanner in ratemeter mode.

実験の前と後に使用される材料における放射性同位体存在は、計数率計モードでのガイガースキャナーで評価されます。

 The background radiation, for all kind of radiation, has been measured both in the plant and in laboratory,

バックグラウンド放射線は、放射のすべての種類のために、プラントで実験室でその両方で測定されている

at a distances d>30m from the room where the test took place

テストが行われた部屋から d>30m 距離で。



The measurements were performed with the following instrumentation:

測定は、以下の器具類を用いて行った。


1. LUDLUM 2241 Scaler-Ratemeter (sin 214522):

1. LUDLUM 2241 スケーラー、計数率計 (sin 214522):

 Scintillation probe (2.5 x 2.5 cm) (Dia x L) (Nal)TI Ludlum 44-2 ( PR-227268);

 シンチレーションプローブ

 Energy range: 50 keV -2 MeV;

エネルギー範囲:

 Exposure sensitivity: 19.9 CPM/nSv/hr 137'Cs gamma);

露光感度:

 Integration time: 2s.

積分時間:

 Rate meter Alarm and Alert: 0.2 μSv/h

レートメーターのアラームおよびアラート:

 Calibration factors on 137Cs supplied by the factory (04/2012)

セシウム137の上のキャリブレーション係数は、工場から供給される

 Constancy evaluation of gamma response factor with 137Cs radiation source before and after the test

試験前後のセシウム137の放射線源を用いたガンマ応答係数の不変性の評価

 The rate meter has a serial RS-232 blue-tooth connection to a pc logger.

速度計はPCのロガーへのシリアルRS-232ブルーティース接続があります。



2. LUDLUM 2221 Sealer/Ratemeter SCA (sin202347):

2. LUDLUM 2221 シーラー/計数率計 SCA (sin202347):

 Neutron Radiation Detector (neutron recoil scintillator) Prescila 42-4 l (PR256816)

中性子放射線検出器(中性子リコイルシンチレータ)

 Sensitivity declared : 350 cpm per mrem/h;

感度の宣言:

 Calibrations at ENEA calibration service:

ENEAの校正サービスでの校正:

14/06/2012 (N°03N12) wi1h AmBe source (E.,.-, =4.4 MeV)
F =0.028μS'vl h/ CPM I equivalent to 36 cpm per μSv/h
28/0112008 wi1h Pu-Li source (Eneutrons =0.54 MeV)
F =0.067μS'vl h/ CPM equivalent to 15 cpm per μSv/h


 Angular dependence and temperature dependence as in Figure 2

図2のように角度依存性や温度依存性

Figure 2: Angular and energy dependence of the Ludlum 44-41 neutron probe.

図2:ラドラム44-41中性子プローブの角度とエネルギー依存性。

(訳注 34ページの終わり)

Appendix 1
付録1


3. LUDLUM 2241 Sealer-Ratemeter (sin214522):

3. LUDLUM 2241 シーラー、計数率計 (sin214522):

 Geiger Probe Ludlum 44-9 ( PR- 226527);

ガイガー・プローブ・ラドラム44-9

 Energy range: energy dependent

エネルギー帯:依存のエネルギー

 Exposure sensitivity: 3300 cpm/mR/hr (137Cs gamma);

露光感度:

 Integration time: 2s.

積分時間:

 Background (typical): 60CPM

背景(標準):

 Rate meter Alarm aod Alert: 0.3 μSv/h

レートメーターのアラーム aod (訳注 and の間違いと推測) アラート:

 Calibration factors on 137Cs supplied by the factory (0412012)

セシウム137の上のキャリブレーション係数は、工場から供給される

 Constancy evaluation of gamma response factor with 137Cs before and after the test.

試験前後の137Csガンマ応答係数の不変性の評価。



4. TERMOLUMINESCENT DOSIMETERS LiF:V

4. TERMOLUMINESCENT 線量計 LiF:V

 TDL Reader: Vinteen Toledo 654

TDLリーダー:Vinteenトレド

 Calibration field: IEC 61267 – Code RQR5 – 2.45 mm A1 HVL

キャリブレーションフィールド:

 Calibration dose :0.050±0.005 mGy

校正線量:

 Calibration factor: individual for each TDL

キャリブレーション係数:各TDLに個別の

Mean counts of the sample: 1613 cou

サンプルの平均カウント:

Mean F value of the sample 0.031 μC

サンプルのF値を意味する

 Extended error on the dose measure at 0.050n

0.050nでの線量測定上の拡張エラー

 2 TDL for each position of measurement

計測の各位置のための2 TDL

 Calibration made before and after the measurement

キャリブレーションの前および測定後に行う



RESULTS

結果

Evaluation of radionuclides presence:

放射性核種の存在の評価:


The material that compound the prototype, include the material inside, are controlled before and after the test

プロトタイプを配合する材料は、内部の材料をも含んでいて、試験の前後で制御されている

in order to avoid the presence of radioisotope contamination.

放射性同位元素汚染の存在を回避するためである。

These measurements are performed with the Geiger probe in rate meter configuration on at least 20 points:

これらの測定は、少なくとも20ポイントによる速度メーター構成でガイガープローブを用いて実行されます。

(訳注 クリックすると拡大します)

The reactor's inside material has been scanned in a low background container (5cmPB) with the Nal probe and this measure didn't shows any γ/X activity of the sample.

反応装置の内部の材料は、低バックグラウンド容器(5cmPB) 内にてナルプローブでスキャンされた、この計測では、サンプルのいかなるγ/ X活性をも示すことはありませんでした。


Gamma/X monitoring during the test:

試験中のガンマは/ Xモニタリング:

The monitoring of the photonic dose field is made with passive and active dosimeters.

フォトニック線量フィールドのモニタリングは、受動的および能動的線量で行われる。

During the 34 days of running 16 TLD dosimeters recorded the dose (4 for each side) and 4TLD are used as control placed at d > 50cm (Figure 3).

34日間の実行の間、16のTLD線量計は線量を記録した(各4辺について)、そして4TLDが、 d>50センチメートルに配置されたコントロールとして使用されている(図3)。

(訳注 35ページの終わり)

Appendix 1
付録1


(訳注 クリックすると拡大します)

Figure 3. Relative position of the detector with respect to the prototype

図3。プロトタイプに関して検出器の相対位置



The term luminescent reading values and relative doses are presented in table:

長期の発光読み取り値と相対線量は表に示されている。

(訳注 クリックすると拡大します)

The comparison of the absolute dose to the control dosimeters (background) shows that the increment dose due the test is less than 0.03±0.0lmGy for all the positions considered.

制御線量計(バックグラウンド)への絶対量の比較が示していることは、テストによる増分線量が、想定されるすべての位置に対して、 0.03±0.0lmGy 未満であることす。


Neutron field monitoring during the test:

試験中の中性子場のモニタリング:


The neutron dose field evaluation is made on 5 hours interval. 

中性子線量フィールドの評価は5時間間隔で行われる。

This interval is considered representative of the rest of the test. 

この間隔は、試験の残りの部分を代表すると考えられている。

The measurements are performed in scaler mode on 60s integration time on the detailed number of runs.

測定は、実行の詳細な数について、60秒の積分時間にするスケーラモードで実施されている。


(訳注 クリックすると拡大します)

Bologna 09/04/2014

ボローニャ2014年9月4日

Dott. Bianchini David

Dott。 Bianchiniのデビッド

Via EmiliaPonente 37S

EmiliaPonente37S経由

40132 -Bologna
P.l:01037800578


(訳注 36ページの終わり)