Oct 21, 2014

E-Cat長期試験報告 017

Appendix 2
付録2

Alumina sample analysis
アルミナ試料分析

Ennio Bonetti,
エンニオBonetti、

Department of Physics and Astronomy
物理学と天文学専攻

University of Bologna.
ボローニャ大学。


In order to determine the nature of the material covering the reactor, a sample from one of the ridges was analyzed.

反応器をカバーする材料の性質を決定するために、隆起部の一つからのサンプルを分析した。

To prevent contamination, the fragments were placed on an X-Ray crystallography slide and attached with high vacuum grease, avoiding further handling.

汚染を防止するために、断片は、X線結晶学スライド上に置き、高真空グリースを用いて取り付けた、、さらなる取り扱いを避けることができる。
Figure shows slide with fragments attached.

図は、添付の断片とのスライドを示しています。



A table of the measurements parameters used follows.

使用された測定パラメータのテーブルは、以下の通り。

Anchor Scan Parameters:

アンカースキャンパラメータ:

Scan Axis Gonio
Start Position [°2Th.] 30.0000
End Position [°2Th.] 100.0000
Step Size [°2Th.] 0.0200
Scan Step Time [s] 4.0000
Scan Type Continuous
Offset [°2Th.] 0.0000
Divergence Slit Type Fixed
Divergence Slit Size [°] 1.0000
Specimen Length [mm] 10,00
Receiving Slit Size [mm] 0.1000
Measurement Temperature [°C] 25.00
Anode Material Cu
K-Alpha1 [Å] 1.54060
K-Alpha2 [Å] 1.54443
K-Beta [Å] 1.39225
K-A2 / K-A1 Ratio 0.50000
Generator Settings 45 mA, 45 kV
Diffractometer Type Rigaku DMAX-IIIC
Diffractometer Number 1
Goniometer Radius [mm] 240.00
Dist. Focus-Diverg. Slit [mm] 91.00
Incident Beam Monochromator No
Spinning No

(訳注 37ページの終わり)

Appendix 2
付録2

Graphics: (Bookmark 2)

グラフィックス:(しおり2)



(訳注 クリックすると拡大します)

Analysis software automatically identified the following peak list from its database:

解析ソフトウェアは、自動的にそのデータベースから以下のピークのリストを識別した:

Peak List:

ピークリスト:


(訳注 クリックすると拡大します)

Peak configuration allowed the identification of the following components:

ピークの構成は、次のコンポーネントの識別を可能にした。

(訳注 38ページの終わり)

Appendix 2
付録2

Identified Patterns List:

識別されたパターンのリスト:


(訳注 クリックすると拡大します)

Plot of Identified Phases.

識別されたフェイズのプロット。


(訳注 クリックすると拡大します)

Figure shows peaks found (blue ) compared to the two materials identified through the database (red).

図は、データベース(赤)を介して識別される2つの材料と比較して、見つかったピーク(青)を示す。


Conclusion: within the limits of the instrument’s sensitivity range, the sample appears to be constituted of aluminum dioxide, Al2O3.

結論:機器の感度範囲の範囲内で、サンプルは、二酸化アルミニウム、Al 2 O 3をから構成されるようである。


(訳注 39ページの終わり)