Oct 9, 2014

E-Cat長期試験報告 001

これから、"Observation of abundant heat production from a reactor device and of isotopic changes in the fuel"の訳を行います。

訳は原文の著者に寄贈します。
ですから訳の権利は、原文の著者に属します。

また、原文が長いため、疲れが出てきて、
すべてを訳さずに途中で投げ出すことがあるかもしれませんので、
それはそれでご容赦願います。


Observation of abundant heat production from a reactor device and of isotopic changes in the fuel

反応器装置からの豊富な熱産生の観察、および、燃料中の同位体変化

著者一覧

Giuseppe Levi
Bologna University, Bologna, Italy

Evelyn Foschi
Bologna, Italy

Bo Höistad, Roland Pettersson and Lars Tegnér
Uppsala University, Uppsala, Sweden

Hanno Essén
Royal Institute of Technology, Stockholm, Sweden


ABSTRACT

概要

New results are presented from an extended experimental investigation of anomalous heat production in a special type of reactor tube operating at high temperatures.

新しい結果は、高温で作動する反応管の特殊なタイプで異常な熱産生の長時間実験的研究から示されている。

The reactor, named E-Cat, is charged with a small amount of hydrogen-loaded nickel powder plus some additives, mainly Lithium.

E-キャットという反応器を、水素を吸着させたニッケル粉末の少量を充填している、さらに加えて、いくつかの添加剤、主にリチウムがある。

The reaction is primarily initiated by heat from resistor coils around the reactor tube.

反応は、主に反応管の周りに抵抗コイルからの熱によって開始される。

Measurements of the radiated power from the reactor were performed with high-resolution thermal imaging cameras.

反応器からの放射される力(熱)の測定は、高解像度赤外線カメラを用いて行った。

The measurements of electrical power input were performed with a large bandwidth three-phase power analyzer.

電力入力の測定は、大きな帯域幅三相電力分析器を用いて行った。

Data were collected during 32 days of running in March 2014.

データは2014年3月運転した32日の間に収集された。

The reactor operating point was set to about 1260 ºC in the first half of the run, and at about 1400 °C in the second half.

反応炉の動作点は、運転の前半に約1260ºCに設定され、後半に約1400℃にしました。


The measured energy balance between input and output heat yielded a COP factor of about 3.2 and 3.6 for the 1260 ºC and 1400 ºC runs, respectively.

入力と出力熱の間で測定されたエネルギー収支は、約3.2と3.6のCOP率をもたらした、1260ºCと1400ºCのそれぞれの実行についてである。

The total net energy obtained during the 32 days run was about 1.5 MWh.

実行32日の間に得られた総純エネルギーは約1.5メガワット時だった。

This amount of energy is far more than can be obtained from any known chemical sources in the small reactor volume.

エネルギーのこの量は、小さな反応器容積内の任意の公知の化学的供給源(要するにガソリン等)から得ることができるよりもはるかに多い。

A sample of the fuel was carefully examined with respect to its isotopic composition before the run and after the run,

燃料のサンプルを慎重に検討した、その同位体組成に関連して実行前と実行後にである。

using several standard methods: XPS, EDS, SIMS, ICP-MS and ICP-AES.

いくつかの標準的な方法を使用して:XPS, EDS, SIMS, ICP-MS and ICP-AES.

The isotope composition in Lithium and Nickel was found to agree with the natural composition before the run,

リチウムとニッケル中の同位体組成は、実行する前に、自然の物と一致することが判明した

while after the run it was found to have changed substantially.

実行後に、実質的に変更されたことが発見された。

Nuclear reactions are therefore indicated to be present in the run process,

核反応は、したがって、実行プロセス中に存在することが示された、

which however is hard to reconcile with the fact that no radioactivity was detected outside the reactor during the run.

しかし、それについてと、放射能が運転中に反応器外で検出されなかったという事実を同時に理解することは従来の常識だけでは難しいことです。