Jan 31, 2014

Huizenga名誉教授が亡くなる、92歳

Huizenga名誉教授は、あのStanley Pons and Martin Fleischmann 両教授が発表した常温核融合(Cold Fusion)現象を否定(1992年)された原子核物理学会の大御所でした。
偉大な権力者の彼も今年92歳で亡くなったのです。

ところで、Martin Fleischmann教授は、2012年に85歳で亡くなっています。

参考 Martin Fleischmann Memorial Project: MFMP


Huizenga名誉教授の常温核融合への功績は、当時の原子核物理学の常識
(核融合といえば重水素原子核同士の核融合反応しか知らなかった時代)
から判断して、常温核融合には3つの奇跡があることを明確に示されたことです。

Miracle #1: the mystery of how the Coulomb barrier is penetrated
どのようにクーロンバリヤーが侵入されたのかという謎
Miracle #2: the lack of strong neutron emissions
強い中性子放射の欠如
Miracle #3: the lack of strong emission of gamma or x-rays
ガンマ線あるいはX線の強い放射の欠如

この3つの奇跡については、Widom-Larsen理論では解消されたことになっています。つまり、

Resolution to Miracle #1: There is no Coulomb barrier with neutrons
中性子にはクーロンバリヤーがそもそも無い
Resolution to Miracle #2: It is not a fusion reaction, so fusion-associated neutrons are not expected.
そもそも核融合ではないから、核融合に関係した中性子を期待することは意味が無い
Resolution to Miracle #3: Converted to infra-red and shielded.
周辺装置を加熱し及びシールドされる

もっとも、Widom-Larsen理論さえも、LENR、Cold Fusionの研究者たち全員が認めた理論では無いのですが、、、。

マックス・プランクが言ったように「科学の進展は葬式ごとに進む。」ので、LENR、Cold Fusionの研究者たちの活躍を期待しています。