Dec 10, 2012

Francesco Celani さんについて、まとめ


Cold Fusion - LENR で話題の Francesco Celani さんについて
自分の間違いや勉強不足を補うため調べました。

検索キーワード "Francesco Celani LENR"

=============================================================
[まとめ]

Francesco Celani さんは、イタリアの物理学者で
独自のLENR実験装置を2012年夏の "NIWEEK 2012" で展示されました。

この装置は実験用のため小型ですが、
入力2.8倍の過剰熱が出ると主張され展示されました。

Celani さんの装置は方法が公開されています。

公開されている試験のため、
彼のシステムは、Martin Fleischmann 記念プロジェクト の
一つの試験になっています。

Martin Fleischmann 記念プロジェクトの試験では、
まだうまく再現できていないらしいのですが
第三者の評価試験において過剰熱が測定されたそうです。

=============================================================

http://peswiki.com/index.php/Directory:Francesco_Celani's_LENR_/_Cold_Fusion_Cell
より訳


Directory:Francesco Celani's LENR / Cold Fusion Cell
ディレクトリ:Francesco Celani さん の LENR/常温核融合 セル

Francesco Celani at NI Week, 2012.
NI Week, 2012 の Francesco Celani さん
http://peswiki.com/images/9/9e/Francesco-Celani_NIWeek_400.jpg

Compiled by Sterling D. Allan Pure Energy Systems News
October 14, 2012
Pure Energy Systems News の Sterling D. Allan さんによる記事
2012-10-14

Italian scientist, Francesco Celani, has built a cold fusion cell
that he has shown publicly at scientific events on several occasions.

イタリアの科学者 Francesco Celani さん は、常温核融合 セルを作りました。
それは、幾度かの科学イベントで公式に展示されました。

It appears to illustrate about 2.8 times more heat out than it takes to run it.
それは、動作させるために必要な熱より2.8倍の熱を発生すように見えます。

Several groups and individuals are endeavoring to replicate it, and to build a kit based on it.
いくつかのグループや個人がそれを複製しようとしています、それに基づくキットを作ろうとしています。

Contents
1 Official Websites
1.1 Replication / Kit Projects
2 Videos
2.1 NIWEEK 2012 - Cold Fusion - LENR - eCAT - Anomalous Heat Effect demonstrated
2.2 Francesco Celani, Guided by wire
2.3 Francesco Celani - Roma, Febuary 2012
3 Biography
4 Intellectual Property
5 In the News
6 Directories
7 Contact
8 See also

もくじ
1. 公式サイト
1.1 複製/キット プロジェクト
2. ビデオ
2.1 NIWEEK 2012 - 常温核融合 - LENR - eCAT - 異常熱効果のデモンストレーション
2.2 Francesco Celaniさんの ワイヤによるガイド
2.3 Francesco Celaniさん - 2012年2月 ローマにて
3 経歴
4 知的財産
5 ニュース紹介
6 ディレクトリ
7 連絡先
8 その他
---------------------------------------------------

Official Websites
公式サイト

Replication / Kit Projects
複製/キット プロジェクト

http://QuantumHeat.org - The Martin Fleischmann Memorial Project
 - seeks to replicate Celani's apparatus and create a kit
 that can be sold to universities and other institutions with a budget to purchase the kit.
Martin Fleischmann 記念プロジェクト
 - Celaniさんの装置を複製する方法を探し、キットを作る
 それはキットを返る予算を持つ大学や研究所に販売される

http://www.youtube.com/user/FleischmannMemorial

---------------------------------------------------
Videos
ビデオ

http://www.youtube.com/results?search_query=%22Francesco+Celani%22
NIWEEK 2012 - Cold Fusion - LENR - eCAT - Anomalous Heat Effect demonstrated
NIWEEK 2012 - 常温核融合 - LENR - eCAT - 異常熱効果のデモンストレーション

(YouTube; Aug 9, 2012)

August 7, 2012 - Austin, Texas - National Instruments "NIWEEK 2012"
- Francesco Celani of the Italian National Institute of Nuclear Physics in Frascati, Italy,
shows me the Anomalous Heat Effect of what is believed to be a Low Energy Nuclear Reaction (LENR).

2012-08-07 - テキサス州 オースチン - National Instruments 社の "NIWEEK 2012"
- イタリアのフラスカッティり核物理学のイタリア国立研究所のFrancesco Celaniさんは、
低エネルギー核反応(LENR)であるとと信じられる異常熱効果を私にみせてくれました。

This is absolutely fantastic, as the implications of this little understood phenomena
are a Sea Change to the applications for CLEAN and CHEAP ENERGY.

これはとても楽しいです。このささやかな理解可能な現象の影響がクリーンで廉価なエネルギーとして
いろいろなアプリケーションを変える大きな海に広がると考えられるからです。

This is the same effect seen by others,
such as Fleischmann and Pons in 1989, called "Cold Fusion" at the time.

この他でも見られた同じ効果です
たとえば、1989年のFleischmann さんと Pons さんの、当時は"常温核融合"とよばれたものです。

This is REAL folks, and (hopefully) it will change the world.

これは本当の御伽噺です。(そうあって欲しいのですが)世界を変えます。

National Instruments CEO Dr. James Truchard made this a part of his opening Keynote Presentation
at the annual conference called "NIWEEK 2012".

National Instruments 社の CEO James Truchard 博士は、これを
"NIWEEK 2012"という年に一回のカンファレンスの、
彼の開始キーノート・プレゼンテーションの一部にとり上げました。

I am extremely excited to see this making progress,
and it has the power to change the world as we know it!

わたしはこれが進歩することを見てとても興奮しています。
そしてこれは私たちが知っている世界を変える力となります。

I will be posting more, such as the Panel discussion with Physics and Engineering luminaries
who have witnessed this effect in other situations in the past.

私はさらに用意しました、物理学と技術の著名人によるパネルディスカッションです、
彼らは過去において他の状況によるこの効果を目撃しています。

--------------------------------------------------------------------------------------
Francesco Celani, Guided by wire
Francesco Celaniさんの ワイヤによるガイド

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Q2qWgh7Gx4g

(YouTube; Aug 30, 2012)
In this hand shot informal talk, Francesco Celani explains how he developed his increasingly famous test apparatus.

この手撮りの非公式のお話で、 Francesco Celani さんは説明します。
どうやって彼の有名に成りつつあるテスト装置を開発したかです。

What you see is a humble man with a deep sense of humanity and respect for his contemporaries.

同年輩の人に比べて深い人間性がありと尊敬できる謙虚な人が写されています。

He dismisses his innovations, insight and genius as happenstance and gives credit were ever he can.
彼は偶然の出来事として彼の発明、洞察力、天才を公開し、
彼が信用できる人でありつづけると安心を与えます。

Francesco did not just demonstrate and lecture at ICCF-17,
he was a keen observer and full participant.

Francesco さんは、 ICCF-17 でデモンストレーションも講義もしませんでした。
かれは、鋭い観察者で全部の参加者でした。

Taking front centre seat in the auditorium,
he listened attentively to the results of peoples work
and asked highly intelligent and relevant questions of nearly all the speakers.

講堂の前の真ん中に陣取って、彼は注意深く人々の仕事の結果を聞きました。
そして聴衆のほぼみんなの高度に知的で関連する質問をしました。

Francesco Celani - Roma, Febuary 2012
Francesco Celaniさん - 2012年2月 ローマにて

http://vimeo.com/37164649

--------------------------------------------------------------------------------------

Biography
経歴

Primary source: http://www.iccf17.org/popup/bio_5.htm
一次源

[訳注 以下約を略します。]

===========================================================================

http://www.lenr-coldfusion.com/2012/12/07/celani-releases-third-party-test-results/
より訳

Celani Releases Third-Party Test Results
Celani さんは、第三者試験結果を公開する

December 7, 2012
 Posted by admin under Francesco Celani, Hunt Utilities Group, Martin Fleischmann Memorial Project

2012-12-07
Francesco Celani さんによる投稿、Hunt Utilities グループ、 Martin Fleischmann 記念プロジェクト

No Comments
コメント無し

On the heels of potentially negative findings with the Hunt Utilities Group and the Martin Fleischmann Memorial Project,
Francesco Celani released some information about tests reportedly conducted by “a major multinational corporation.”

Hunt Utilities グループ、 Martin Fleischmann 記念プロジェクトで可能性的に否定的な発見の後に、
Francesco Celani さんから情報提供がありました。
報告によると"大きな多国籍企業"で指揮された試験についてです。

The testing was interpreted as exhibiting 1.16 watts of excess heating.

試験は、過剰熱として1.16ワットが見つかったと解釈されました。

While meager, it could be quite significant given the amount of material used
and it would be interesting to see this scaled up.

貧弱ですが、まったく十分です、つまり使用された材料の量に対してです、
そしてこれをスケールアップしてみようとそんな気になります。

This amount of excess heating would likely not be detected with the Hunt Utilities Group reactor setup,
and this may be a reason for them moving ahead with new reactor designs and calorimetry.


この量の過剰熱は、Hunt Utilities グループの設置した反応装置では観測されませんでした。
そしてこのため彼らは、新しい反応装置の設計と熱量計測に向かおうとしていました。

Apparently, the MFMP group has been aware of these results for a couple of weeks,
but didn’t disclose anything about it until Celani himself did to the 22passi blog at Celani’s request.

あきらかに、MFMP(Martin Fleischmann Memorial Project) グループは、
ここ数週間でこの結果を知りました。
でも何も公開しなかったのです。
ええ、Celaniさん自身が、Celaniさんの要望で 22passi blog でそうするまで、、、。

The vortex mailing list posted a Google translated version of Celani’s message.

Celaniさんのメッセージの グーグル翻訳に投稿した vortex のメーリングリストです。

from: Francesco.Celani
to NextMe, 22 steps, EnergeticAmbiente, Vincenzo Valenzi
Date: December 4, 2012 19:07
Subject: 2 Slides end of the meeting about the replica.

Dear Colleagues,

同僚のみなさんへ

as requested, I am attaching a copy of the 2 slides
about the first INDEPENDENT replication of thermal anomalies using nano-Constantan wires,
according to our procedures regarding the preparation of the material.

ご要望にこたえて、二つのスライドのコピーを添付します
ナノ-コンスタンタン線を用いた熱異常の最初の独立した複製について、
材料の準備に関して私たちの手続きに従ってます。

(訳注 コンスタンタン an alloy of copper (60 per cent) and nickel (40 per cent).
 銅(60%)とニッケル(40%)の合金)

The experiments were carried out in complete autonomy,
by researchers (experts) affiliated to a major international industry.

実験は完全に自主的に行われていました、
大きな国際的な製造業に援助された(専門的な)研究者によってです。

Please note the following:
次に注目してください。

- The reactor used is COMPLETELY different from the one we developed and used.
As a result, the probability of a systematic error in the measurements has become highly unlikely;

反応装置は、私たちの開発して利用しているものと完全に違います。

- Calorimetric measurements [were performed] and are not only thermometric
(as used by us, in the specific case);

熱量の計測はされています、
(特殊な場合として、私たちがしていたように)温度だけでないです。

- They used only 20 cm of wire, ie a fifth of that used by us;

20cmの(コンスタンタン)線を使いました、私たちより五倍長いです。

- The wire used is a “base”, type 2L, ie with only TWO layers of nanomaterial. Usually use wires with 200-700 layers.

(コンスタンタン)線は、2L 型の "ベース"です。つまり、ナノ材料の 2層だけです。
たいていし、200-700層の線です。

- Regarding the thermal anomalies, they begin with temperatures higher than those typically found with wires of 200-700 layers.

熱の異常を認めて、彼らはより高い温度から始めました。
200-700層の線で通常に見つかるよりもです。

The magnitude of the anomalies, normalized to a standard [wire] length, is approximately half of those seen with the wires from 200-700 layers.
異常の程度ですが、標準の[線]の長さに正規化されました、これがだいだい半分です。
200-700層の線に比べてです。

The “mechanical” robustness of the wires seems to be unchanged.
線の機械的な強度は変わっていないようです。

Apart from my brief preview, the data SHOULD be presented and thoroughly discussed before December 15, by the authors of the measurements.
わたしの簡易な事前予想とは別に、データは公開され全体にわたり議論されるべきです、
12月15日の前にです、計測の作者によって。

Thanks for your attention,
Francesco CELANI

お気遣いに感謝します
Francesco CELANI

Here are a couple of slides from the testing.
ここに、試験のスライドがあります。

http://i.imgur.com/yA7HS.jpg
http://i.imgur.com/cOTvo.jpg

=============================================================

http://www.e-catworld.com/2012/09/new-interview-with-francesco-celani/
より訳

New Interview with Francesco Celani

Francesco Celani さんへのインタビュー

September 4, 2012
2012-09-04

The Italian web site NextMe.it has published a new interview with Francesco Celani,
famous now for the LENR device which he has demonstrated at recent conferences
in Texas and South Korea.

イタリアのWEBサイト NextMe.it は、Francesco Celani さんへのインタビュー を公開した
彼は、今やLENRの装置で有名です、それは最近のカンファレンスでデモされました。
テキサスと韓国で

The interview covers a number of interesting topics.
As best as I can determine from the Google translated article,
here are some of his main points.

インタビューはたくさんの面白いトピックスがあります。
Google翻訳から得た一番と思われる内容で、ここに彼の主張の要約を書きます。

Andrea Rossi  Celani thinks Rossi has discovered something but can’t control it.

Andrea Rossi さんについて、 Celaniさんは、Rossi さんき何かを発見したがそれを制御できていないと考えています。

National Instruments  Very impressed with CEO James Truchard,
 who was personally involved in helping Celani set up the instrumentation to measure his device.

National Instruments 社について CEOのJames Truchardさんにとても惹かれています。
 Jamesさんは、実験装置の計測装置の設置でCelaniさんを個人的に支援しています。

Palladium  He thinks palladium could be used in this reaction, but prefers to use nickel which is far cheaper.

パラジウムについて 彼は、パラジウムも使えるがニッケルはとても安いので使いたいと考えています。

Gamma Rays  They have not been able to detect gamma rays when hydrogen has been used in the reactor  only with deuterium.

ガンマ線について 水素を反応装置で利用する限りガンマ線を検出していません、重水素のときだけ検出されます。

Commercialization  Celani has been funded by private entrepreneurs who prefer to remain anonymous.
His projection is to be able to create heat at 100 euros per kW, and electricity at 300 euros per kW.
Here’s the exact text from the Google translation on this point:

商用化 Celaniさんは、個人の投資家を発見しました、その人は匿名を好みます。
彼の目標は、kWあたり100ユーロで熱を作ることです。
電力ならば、kWあたり300ユーロです。
ここには、Googleでの正確な訳文があります。

“Simply put, with 300 euros you can get 3 kW and 1 kW electric heat:
this value is the average power electricity consumed in a private house in a day (ie 24kWh/giorno).
Suppose instead of using it as heating, with 1000 euro investment in wires (most obviously controls / pumps),
you warm all winter and not just for one year.”

簡単に言うと、300 ユーロで、 3 kWと1 kWの電熱です。
これは、一日の個人の家の平均消費電力の値です。(つまり24キロワット時/毎日)
熱源としてそれを使う代わりに、ワイヤは1000ユーロの費用です、
一冬暖かく、しかも一年だけではありません。

If there are any Italian speakers out there I would be most grateful
if you could correct any of the above, or add any more important details from the interview.

もしイタリア語がわかるひとがいれば、もっと書けますが、、、
もし訂正があったりさらに情報があれば連絡してください。