Dec 18, 2012

英語の石油無機起源説を調べる


英語の石油無機起源説を調べる

とりあえず、まとめサイトの一つ
http://freeenergynews.com/Directory/Theory/SustainableOil/
から、ざっと訳してみます。

石油関係の単語がたくさん出てきます。とても勉強になりました。

-------------------------------------------------------------------
Abiotic Oil 

無生物の(Abiotic)オイル

Addressing the theory in circulation that oil is not solely of organic origin, but that there may be another mode of origin as well from deeper in the crust, involving magma.

オイルはまったく有機起源(organic)でなくて、マグマが関与する地殻(crust)の深いところから、他のモードの起源であるという循環の理論を考慮しよう

See also Peak Oil

ピークオイルも参照してください

Sterling's Preface:

スターリングの序文:

There is a substantial body of evidence to support this theory.  That does not negate, however, the quest for getting away from dependence on fossil fuels.  The greenhouse gasses produced by the burning of such will continue to be a pressing matter that must be addressed.  Now that the world has achieved a consciousness about how we treat our planet, this news that we are not so far from depleting our oil reserves is a welcome breath of fresh air, removing some of the panic effect that can foster unrest.

この理論を支持する証拠の実質的な物があります。それは、しかし、化石燃料への依存から離れるための探求を否定するものではないです。それらの燃焼によって発生する温室効果ガスは対処しなければならない差し迫った問題であり続けます。我々がこの惑星をどのように扱うかについての意識を達成した今の世界で、石油埋蔵量の枯渇がそう遠くないというこのニュースは、新鮮な空気を歓迎する息吹ですし、不安を醸成するようなパニックの効果の一部を除去するでしょう

----------------------------------------------------------
Supporting Evidence, Briefly
支持する証拠、概略

Oil being discovered at 30,000 feet, far below the 18,000 feet where organic matter is no longer found.

油が地下30,000フィート(9,144m)で発見されてます。有機物がもはや見つからない18000フィート(5,486m)のはるか遠く下です。

Wells pumped dry later replenished.
井戸は空になっても後で補充されます。

Volume of oil pumped thus far not accountable from organic material alone according to present models.
油の量は、従来のモデルに従う、有機材料だけから計算できないほどたくさん汲み上げられています。

In Situ production of methane under the conditions that exist in the Earth's upper mantle. (PhysicsWeb; Sept. 14, 2004)
地球の上部マントルに存在する条件下で、その場でのメタンの生産。 (PhysicsWeb、2004年9月14日)

Expounding the Theory
理論の詳述

Titan's Organic Hydrocarbons Dwarf Earth's Oil Reserves -
タイタンの有機炭化水素は地球の石油埋蔵量を小さく見せる

Data from the Cassini probe orbiting Saturn has shown that the ringed planet's moon has "hundreds of times more liquid hydrocarbons than all the known oil and natural gas reserves on Earth." (Wired; Feb. 13, 2008)

土星軌道上のカッシーニの探査からのデータにより、輪を持つ惑星の衛星が、"地球上のすべての既知の石油と天然ガスの埋蔵量より数百倍以上の液体炭化水素"を 持っていることが示されている(Wired: 2008年2月13日)

'Fossil fuel' theory takes hit with NASA finding -

"化石燃料"理論は、米航空宇宙局(NASA)の発見で打撃を受ける -

NASA scientists are about to publish conclusive studies showing abundant methane of a non-biologic nature is found on Saturn's giant moon Titan, a finding that validates a new book's contention that oil is not a fossil fuel. (World Net Daily; Dec. 1, 2005)

NASAの科学者たちは、土星の巨大な衛星タイタンで非生物学的性質の豊富なメタンが発見されたことを示す決定的な研究を公表しようとしています。発見は、石油は化石燃料ではないという新しい本の主張を正当であると立証します。(ワールドネットデイリー(WND)、2005年12月1日)

・Other Stories by WND
WNDによるその他のストーリー

Huge natural gas field 'discovered' in Texas
テキサスに巨大天然ガス田 '発見'

Abandoned oil wells uncapped
放棄された油井も上限なしかも

'Black Gold' strikes Big Oil 'nerve'
'ブラックゴールド'(訳注 本のタイトル)が、大手石油会社の'神経'を逆撫で

'Hundreds of years' of oil available
油の使用可能期間は'何百年もある'

Forget everything you know about oil
あなたはオイルについて知っているすべてを忘れなさい

Confessions of an “ex” Peak Oil Believer -
"超"ピークオイル信者の告白

F William Engdahl says Peak Oil is not our problem. Politics is. Big Oil wants to sustain high oil prices. Reviews the discovery of abiotic oil. (OilGeopolitics.net; September 14, 2007)

Fウィリアムエングダールはピークオイルは私たちの問題ではないと言います。政治です。大手石油会社は原油高を維持したいと考えています。非生物的な石油の発見のレビュー。 (OilGeopolitics.net、2007年9月14日)

Stalin and Abiotic Oil -
スターリンと無生物オイル

Or How Ruppert's 'Peak Oil' Pile is Gaining Tonnage; by Dave McGowan (Educate Yourself; March 5, 2005)
または、どのようにルパートの "ピークオイル"というパイルがトン数を増しているのか、デイブ・マッゴーワンによる報告(自分自身を教育、2005年3月5日)

Russia Proves 'Peak Oil' is a Misleading Scam -
ロシアは"ピークオイル"は誤解を招くような詐欺であることを証明 -

In 1970 the Russians started drilling Kola SG-3, an exploration well which finally reached a staggering world record depth of 40,230 feet. Since then, Russian oil majors including Yukos have quietly drilled more than 310 successful super-deep oil wells, and put them into production. Last Year Russia overtook Saudi Arabia as the world's biggest single oil producer, and is now set to completely dominate global oil production and sales for the next century.

1970年にロシア人がコラ、SG-3の掘削を開始した、探査井戸である、最後に40230フィート(12,262m)の驚異的な世界記録の深さに達した。それ以来、ユコスを含むロシアの石油メジャーは、秘密裏に310以上の成功した超深度油井を掘削しており、それらを生産体制に入れている。昨年、ロシアはサウジアラビアを抜いて世界最大の単一の油の生産者になりました、今では次の世紀(訳注21世紀のこと)に向けて完全に世界の石油生産と販売を支配するように設定されています。
(訳注 ロシアの実情を探しているのですが、この記事では不十分でした。)

'Oil Shock' Looming - What are the Alternatives? -
"オイルショック"が立ちはだかる - 代替手段は何ですか? -

"My conclusion is that there is much about oil (and natural gas) that we have not been told, including how much of the stuff is available, and how it continually develops, even to this day." At the end of the article is a list of sites and articles on peak oil, but the interesting part is a second list of the contrary view -- could oil reserves be virtually unlimited? (by Sepp Hasslberger, NEC; 2004)

"私の結論は、次である。、石油(と天然ガス)については豊富にあります。今日に至るまで、どのくらいのものが利用可能であるかも、継続的にどのように開発されるかについても、私たちは知らされていないだけです"。記事の終わりにピークオイル上のサイトと記事のリストがあります、でも面白いのは、対するビューの2番目のリストです -- 石油埋蔵量は、実質的に無制限のだろうか?(ゼップ Hasslberger、NEC 、2004)

Article > Sustainable Oil? -
記事>持続可能なオイル? -

presents theory and evidence that oil is not solely of organic origin. (Rense.com; July 10, 2004)  a reprint of Sustainable Oil (WorldNetDaily; May 25, 2004)
油は有機起源のみからではないという理論と証拠を提示します。 (Rense.com、2004年7月10日)持続可能な石油の重版(WorldNetDaily、2004年5月25日)


Data >In situ Production of Inorganic - Derived Petroleum -
データ>現場で、無機で製造中 - 人工生成された石油

Scientists in the US have witnessed the production of methane under the conditions that exist in the Earth's upper mantle for the first time. The experiments demonstrate that hydrocarbons could be formed inside the Earth via simple inorganic reactions -- and not just from the decomposition of living organisms as conventionally assumed -- and might therefore be more plentiful than previously thought. (PhysicsWeb; Sept. 14, 2004)

米国の科学者は初めて、地球の上部マントルに存在する条件下でのメタンの生産を目の当たりにしました。実験では、炭化水素は、単純な無機反応 -- つまり従来から想定していた生物の組織の分解とははまったく違います -- を介して地球の内部に形成することができることを実証しました -- そして、それ故、いままで考えていたよりずっと豊富であります。(PhysicsWeb、2004年9月14日)


Peak Oil: Can 3D Exploration Postpone The Peak? -
ピークオイル:3D(三次元)探査がピークを延期することができます? -

Ability to find reserves more readily may postpone the "peak" phenomenon; general discussion of "peak oil" factors. (MSNBC; Sept. 23, 2004) (Alt Energy Blog)

より容易に埋蔵量を発見する能力は、"ピークオイル"の要因の一般的な議論である"ピーク"現象を延期するでしょう。 (MSNBC、2004年9月23日)(代替エネルギーブログ)

Follow-up > More Evidence For Sustainable Oil -
フォローアップ>持続可能な石油のためのより多くの証拠 -
(Rense.com; July 10, 2004)
(Rense.com、2004年7月10日)

PhysicsWeb - Science gets hot under the crust
PhysicsWeb - 科学は、地殻の下に熱を手に入れる

Thomas Gold - Wikipedia, the free encyclopedia
トーマス・ゴールド - ウィキペディア、フリー百科事典

Book > The Deep Hot Biosphere: The Myth of Fossil Fuels -
書籍>地底高熱生物圏:化石燃料の神話 -
(訳注 この本は、「未知なる地底高熱生物圏」として邦訳があります)
by Thomas Gold, Ph.D. (originally published 1999)
トーマス・ゴールド博士によって(当初は1999年発行)

The Deep Hot Biosphere - by Thomas Gold, Ph.D. (2001)
「未知なる地底高熱生物圏」 -
Amazon.com Description of Thomas Gold's book [link above]:
Amazon.com トーマス・ゴールドの著書の説明 [上記のリンク]:

Suppose someone claimed that we are NOT running out of petroleum. . . .
誰か次のように主張したと仮定します。。。。石油は不足していない。

Or that life on Earth began below the surface, in the dark airless pores of our planet's rocky crust.
さらに、地球上の生命は、表面の下、つまり私たちの惑星の岩の地殻の暗い空気の無い細孔内から始まった。

Or that oil and gas -- so-called "fossil fuels" -- are not the product of biological debris.

さらに、石油と天然ガス - "化石燃料"と呼ばれるものは - 生物的な破片に由来する物質ではありません。

You might expect to hear statements like these from an author of science fiction.
あなたは空想科学小説の著者から、このような文を聞きたいと期待するかもしれないでしょう。

But what if they come from a renowned scientist, someone who has been called "one of the world's most original minds"?

しかし、もし、それが、"世界で最も独創的な心の1"と呼ばれている人、有名な科学者から来ればどうでしょう?

In THE DEEP HOT BIOSPHERE, Thomas Gold sets forth truly controversial and astonishing theories: First, he proposes that Earth supports a subterranean organic domain of greater mass and volume than the biosphere -- the total sum of living things -- on its surface.

「未知なる地底高熱生物圏」では、トーマス・ゴールドは本当に物議を醸す記載と驚異的な理論を設定します。まず、彼が提案します。地球は地上の生物圏 -- 生きとし生けるものの合計 -- よりも大きい質量と体積の地下の有機ドメインをサポートしています

Second, he proposes that the organisms inhabiting this Deep Hot Biosphere are not plants or animals but heat-loving bacteria that survive on a diet of hydrocarbons -- natural gas and petroleum.

第二に、彼は提案します。このディープホット生物圏に生息する生物は、植物や動物ではなく、炭化水素 -- 天然ガスと石油 -- を餌として生きる好熱性の細菌です。

And third and perhaps most amazingly, he advances the stunning idea that most hydrocarbons on Earth are not "fossil fuels" but part of the primordial "stuff" from which Earth itself was formed some 4.5 billion years ago.

さらに第3として、恐らく最も驚くべきことですが、彼は、地球上のほとんどの炭化水素は、"化石燃料"ではなく、約45億年前に形成された地球そのものからの原初の"もの"の一部であるという素晴らしいアイデアを進歩させてくれます、

The Deep Hot Biosphere may seem difficult to believe at first glance, but its theories are supported by a growing body of evidence, and by the indisputable stature and seriousness Thomas Gold brings to any scientific enterprise.
ディープホット生物圏は、一目見ただけでは信じがたいように見えるかもしれませんが、その理論は、証拠がどんどん成長することによって、またトーマス・ゴールドさんの科学分野への沢山の貢献という議論の余地のない名声と真面目さによってサポートされています、

In this book we see a brilliant and boldly original thinker, increasingly a rarity in modern science, as he develops revolutionary conclusions about the fundamental workings of our planet, the origins of life on Earth, the nature of earthquakes, and even the likelihood of life on -- or within -- other planets.
本書で、現代科学ではますます希少な、華麗かつ大胆に独創的な思想家に触れることができます。彼は私たちの惑星の基本的な仕組み、地球上の生命の起源、地震の性質、さらには他の惑星の上または内部の生命の可能性の高まりについても、革命的な理論を発展してくれます。

Black Gold Stranglehold - by Jerome R., Ph.D. Corsi, Craig R. Smith (2005)
ブラック・ゴールド・ストラングルホールド(訳注 黒い金(石油)の統制管理という意味です Stranglehold は、レスリング技ののど輪絞めで息苦しさを表現しています、邦訳はない模様です) - 著作 ジェローム・R、コルシ博士、クレイグ・R・スミス(2005年)
WND Description of book [Ref]:
WND 本の説明[参考]:

In "Black Gold Stranglehold," Jerome Corsi and Craig Smith expose the fraudulent science that has made America so vulnerable: the belief that oil is a fossil fuel and that it is a finite resource.
ブラック・ゴールド・ストラングルホールドでは、ジェローム・コルシとクレイグ・スミスはアメリカをとても脆弱にした不正な科学、つまり、石油は化石燃料であることとそれは有限の資源であるいう信仰、を暴露しています。

This book reveals the conclusions reached by Dr. Thomas Gold, a professor at Cornell University, in his seminal book "The Deep Hot Biosphere: The Myth of Fossil Fuels" (Copernicus Books, 1998) and accepted by many in the scientific community that oil is not a product of fossils and prehistoric forests but rather the bio-product of a continuing biochemical reaction below the earth's surface that is brought to attainable depths by the centrifugal forces of the earth's rotation.
この本は、コーネル大学教授、トーマスゴールド博士が彼の著書、「未知なる地底高熱生物圏:化石燃料の神話」(コペルニクスブックス、1998年)で到達した結論、石油は化石と先史時代の森林に由来する物質ではなく、むしろ地表の下での継続的な生化学反応のバイオ生成物であり、それが地球の自転の遠心力によって達成可能な深さに運ばれて来られるということ、これは科学界では多くの人に受け入れられた結論、それを明らかにします。

Jerome Corsi explores the international and domestic politics of oil production and consumption, including the wealth and power of major oil conglomerates, the manipulation of world economies by oil-producing nations and rogue terrorist regimes, and the shortsightedness of those who endorse expensive conservation efforts while rejecting the use of the oil reserves currently controlled by the U.S. government.

ジェローム・コルシは、石油の生産と消費の国際と国内政治を探ります、主要な石油財閥の富と権力も含みます、産油国とならず者テロリスト政権による世界経済の操作も、さらに高価な保護の努力を支持する彼らの近視眼、一方で米国政府によって現在管理される(米国内の)埋蔵石油の使用を拒否も。

As an expert in tangible assets, Craig Smith provides an understanding of the history of America's dangerous dissociation of the dollar with precious and truly scarce metals such as gold and the devastation that would be inflicted on the U.S. economy if Middle Eastern countries are able to follow through with current plans to make the euro the standard currency for oil instead of U.S. dollars.
有形固定資産の専門家として、クレイグ・スミスは、貴重で真に希少な金属としての黄金とドルのアメリカの危険な解離の歴史と、もし、中東諸国が米ドルの代わりに、石油について、ユーロを標準通貨にするという現在の計画でさらにもう一撃を加えることができる場合、米国経済に与えられたであろう荒廃の解説を説明できます。

"Black Gold Stranglehold" is a thoughtful work that is certain to dramatically change the debate on oil consumption, oil dependence, and oil availability.

ブラック・ゴールド・ストラングルホールドは、考え抜かれた成果であり、それは石油消費、石油依存、石油可用性に関する議論を劇的に変更することは確かです。

For Further Study
さらなる研究のため

Google >
Google(で以下のキーワードを検索しましょう)

"Origins of Petrolium"
"石油の起源"

"abiotic theory of petroleum"
"石油の非生物的理論"

Gas Origin Theories To Be Studied
研究されるガスの起源論

The Mystery Of Eugene Island 330
ユージン・アイランド330の謎

Odd Reservoir Off Louisiana Prods Oil Experts To Seek A Deeper Meaning
ルイジアナのはずれ。奇妙な貯水池で、新教徒の石油専門家、より深く探している、その意味は

Fuel's Paradise
燃料の楽園を求めて

No Narrow Profit Margins
小さな利益率ではありません

Big Oil's obscene profits -
ビッグオイル会社のいやらしい利益 -

Exxon Mobil, the world's largest publicly traded oil company, announced a 32 percent boost in second-quarter profits, the third-largest increase in company history.
エクソンモービル、世界最大の上場石油会社は、第2四半期の利益が32%のブーストを発表、会社の歴史の中で三番目に大きな増加となりました。

Royal Dutch Shell, the world's third-largest oil company, reported second-quarter profits up 34 percent.
ロイヤル・ダッチ・シェル、世界第三位の石油会社は、34%増第二四半期の利益を報告した。

British Petroleum's were up 29 percent.
ブリティッシュ・ペトロリアムのは29%増でした。

ConocoPhillips, America's third-largest, reported profits that skyrocketed by 51 percent. (Cincinnati Post; Aug. 4, 2005)
コノコフィリップスは、アメリカの第三位、51%急騰し、利益を報告した。 (シンシナティ・ポスト、2005年8月4日)

See also
参照

Peak Oil -
ピークオイル -

Index of resources relating to Hubbert's Peak model which says that once the maximum amount of oil extraction is reached, the back side of the curve wills spell much higher prices as extraction becomes more and more difficult.
ハバートのピークモデルに関連するリソースのインデックス。
そのモデルは、曲線の意味の裏側として、いったん石油抽出の最大量に達すると、石油の採掘はますます困難になるとして、はるかに高い価格になっていくことを示す。

Oil
石油

GeoBioreactors -
地質生化学反応炉

A bacteriological process that may provide opportunity to convert finite oil resources to long-term generation of natural gas. (PESWiki.com)

有限の石油資源を天然ガスの長期的な世代に変換するための機会を提供するかもしれない細菌プロセス。 (PESWiki.com)

"Stranded Natural Gas" Procedure Converts Hitherto Unusable Natural Gas to Crude -
"浜辺に取り残された天然ガス"プロシージャは、これまで使用できなかった天然ガスを原油に変換 -


Conversion process is "like finding another Saudi Arabia." 1:3 conversion ration could potentially create 250 billion barrels of oil. Refundable newsletter subscription provides access to the pertinent company information. (FreeEnergyNews; Feb. 11)
変換プロセスは、"別のサウジアラビアを見つけるようなもの"です。1対3の変換比は、潜在的に油の250億バレルを作成することができます。再送ニュースレターの購読は、適切な会社情報へのアクセスを提供します。 (FreeEnergyNews、2月11日)


=========================================================

おまけ
http://anticorruptionsociety.com/2012/07/14/anatomy-of-a-massive-con-job/?year=2012&monthnum=07&day=14&like=1&_wpnonce=a10f8b1435&wpl_rand=31a0b57f4d
より

Anatomy of a Massive Con Job! -
大きな詐欺の解剖!

John Truman Wolf does an excellent job explaining how the 'environmental crisis machine' was constructed and the con job it is.

ジョン・トルーマン・ウルフは、どうやって"環境危機マシンが"構築されたか、それが詐欺であるかを説明する優れた仕事をしました。

For example, Con #2: Oil is renewable;
たとえば、詐欺 #2: 油は、再生可能である;

Con #3: Global Warming on cooked data;
詐欺 #3:でっち上げたデータで地球温暖化;

Con #4: The biofuel push results in deforestation, oxygen depletion, and dead zones in the oceans from nitrogen and other pollutants. (AntiCorruptionSociety; July 14, 2012)

詐欺 #4:バイオ燃料は、森林伐採、酸素欠乏、そして海洋における窒素などの汚染物質からによるデッドゾーンというこれらの結果を後押しします。 (AntiCorruptionSociety、2012年7月14日)