Dec 6, 2012

石油無機起源説の裏付け


石油無機起源説とは、
「石油・天然ガス・石炭の由来は、
太古の生物の死骸(有機起源説)では無く、
地球の深部に元々ある炭素元素と水素元素が染み出し、
湧き上がってくるものである。
したがって、地球上どこでも徹底して深く掘れば必ずや石油が見つかる
とくに大陸のプレートの境目が比較的浅いところで見つかる。
日本列島はプレート境界にあり実は適地である」
という説です。

今まで、私たち日本人は、学校・社会で
石油有機起源説(石油等は生物の死骸化石である)と
従って日本は(地層的に化石が少なく、石油も天然ガスもない)
無資源の国である、と(古い過去の説を)教えられて来ました。

- 石油有機起源説(アメリカの主流だった説)
- 石油無機起源説(ロシアの主流の説)

ロシアは石油無機起源説に従い、一度枯れた油田を
再度掘り直しして蘇らせています。

アメリカでも、石油無機起源説が見直されており、
実際のメキシコ湾の油田は石油無機起源説を裏付ける
超大深度から掘り出されています。

これだけでも、私には石油無機起源説が信頼できると思えます。

石油無機起源説の裏づけとなる特徴は、
(1)生物化石があるとは思えない深さ(5,000m以上)から掘り出されること
(2)生物化石がない火山由来の岩石の中から石油や天然ガスが見つかること
です。

現在の科学の世界では、石油有機起源説が説得力を失いつつあり
石油無機起源説が広く承認されつつあるようです。

石油無機起源説に従えば、
日本国でも掘れば石油や天然ガスが出てくるはずですが、
日本ではなぜ掘られていないのでしょうか。

- どこを掘ればいいのか確信が無いので掘れないのか
- 掘る金(予算)がないから掘らないのか
- 外国から輸入するほうが安い(石油会社は儲かる)のか

かもしれませんね。

3.11以来の国難の時期、日本国内で大型の油田が見つかると
大変な希望になります,ね。

今、日本国内での掘削は、とても低調です。

しかし、
日本の会社は、外国で盛んに掘っていることも事実であり
会社の掘っている場所の様子は、石油無機起源説を裏付けるものがあります。


------------------------------------------------------
日本国には、石油などの地下資源を掘る大きな会社は二つあります。

国際石油開発帝石株式会社 (経済産業大臣が黄金株を持つ国策会社)

JX日鉱日石開発株式会社 (日本最大の民間の石油精製販売・JXホールディングスの子会社)

この会社のHPから、石油無機起源説を裏付ける内容を拾い出して見ました。
(これらの会社は、石油無機起源説について何も述べていませんが、、、)

------------------------------------------------------
国際石油開発帝石株式会社

日本国内天然ガス事業
南長岡ガス田
http://www.inpex.co.jp/business/japan/index.html

「南長岡ガス田は、新潟県長岡市の南西約10kmに位置する
国内最大級の埋蔵量を誇る大型ガス田であり、
同ガス田の天然ガスは、
国内最深の深度4,000~5,000mの
深部火山岩中に含まれています。」

深度4,000~5,000m
火山岩中

ということで、
太古の生物の死骸でないことは明らか
(石油無機起源説が正しい)ですね。


米国およびメキシコ: メキシコ湾周辺鉱区
http://www.inpex.co.jp/business/america.html
「2011年2月にはメキシコ湾 の大水深探鉱プロジェクトである
ウォーカー・リッジ95/96/139/140鉱区に参入」

石油無機起源説を信じているから、大水深探鉱しているわけです。

------------------------------------------------------
JX日鉱日石開発株式会社

ベトナム
http://www.nex.jx-group.co.jp/activity/southeast_asia/vietnam.html

「高度な基盤岩探鉱技術

ランドン油田およびフンドン油田は、花崗岩質基盤岩内に発達した
フラクチャー(岩石の割れ目)が貯留層(石油の溜まっている地層)と
なっている油田です。これは世界でも例が少なく、
当社のフラクチャー評価技術は国際的に高い評価を受けています。

現在、こうした先端技術や、水平坑井掘削技術(貯留層を水平に掘削)等を
効率的に活用し、生産能力のさらなる向上を目指して日夜活動を行っています。」

花崗岩質基盤岩内ということで、石油無機起源説の裏付となります。

アメリカ・メキシコ湾
http://www.nex.jx-group.co.jp/activity/america/mexico.html

「ヒューストンを拠点とした着実な事業展開

現在、当社は米国メキシコ湾の陸上、浅海(水深200m以浅)、
深海(水深200m以深)において、生産油・ガス田を保有しております。
2009年からは、未開拓の領域である浅海域の超深部探鉱事業にも参画しています。」

超深部探鉱ということで、石油無機起源説の裏付となります。