Aug 31, 2012

100度も高温のE-Cat


E-Catの最新ニュースから

A Barrel of a Hundred High Temperature E-Cats

100度も高温のE-Catsの一樽


Andrea Rossi, the inventor of the E-Cat (Energy Catalyzer),
has revealed that the upcoming high temperature plant
will be very compact in size.
In fact, if the plant performs as he expects,
a megawatt of power -- in the form of heat -- will be produced
from a barrel sized container!

アンドレア・ロッシ氏、エネルギー・触媒 E-Cat の発明者、は、
もうすぐ発表される高温装置がとてもコンパクトな大きさであると
公開しました。
実際、彼の説明では、装置は1メガワットの - 熱 - 出力があり、
樽サイズのコンテナになります。

The high temperature E-Cat technology, as described in a series of
online "leaks" by the consultant of Rossi's military customer,
seems to be very promising.
According to the information provided by the consultant and Rossi himself,
a single, small "hot cat" (weighing about ten pounds or 4.5 kilograms)
can produce high temperatures up to 1,200 degrees Celsius or higher.
At the same time, Rossi asserts that a single module can produce
approximately ten kilowatts of power.
Most importantly, it is alleged these temperatures
and power output levels can be achieved with total stability
 -- along with kilowatts more output than input.

高温のE-Cat技術は、それはロッシ氏の軍関係の顧客のコンサルタントによる
オンラインでの一連のリークで述べられていました、
強く確かなようです。
このコンサルタントとロッシ氏自身からの情報によれば、
一つの、小さな、"hot cat" (重さ 10ポンド つまり 4.5 kg)は、
摂氏1200度以上までの高温を出します。
同時に、ロッシ氏は、10キロワット程度の出力であることを
付け加えました。
最も重要な点として、
入力より出力が数キロワット多いことに加えて、
この温度と出力の水準は、
総合的に安定して達成できているといわれていることです。

以下、翻訳略

以下は、考察です。

10kwの出力は、家庭の電力源 + 熱源としては、
これ一台あれば、十分な出力です。

10kwの出力は、約 13.5 PS に相当します。

自動車として考えると、この10倍の出力が
欲しいと思います。

つまり、10倍で、
100kw 約135 PS です。
それでいて重量は、約3倍から10倍の間に
つまり、15kgから45kgの間に
収まると思います。

重量だけ考えるとガソリンエンジンより
ずいぶん軽いと思います。

ただし、熱がすべてタイヤを回転させる力になるわけでは
ありません。

E-Catは、おそらく、
定常運転するものになりそうです。
つまり、ズーット 一定の熱出力がある。

自動車として考えると
ちょっと使いにくいものです。

使い方は、熱で空気を温めて
タービンを回して発電して、
その電力でモーターを回す。
または余った電力電池に蓄えて
急加速用に利用する。
そんな形でしょうか。

そうすると、

  • 熱からタービンを回して電気にする変換効率
  • 電気からモーターを回して走力にする変換効率

を考える必要があります。
E-cat自動車で総合効率は25%行けば、
たいした技術の成功ということです。