Jan 4, 2013

MITで常温核融合のセミナーが開かれます


アメリカの科学技術の殿堂
MIT(Massachusetts Institute of Technology)
にて、
IAP 2013 (The Independent Activities Period 独立活動期間)のメニューとして

"Cold Fusion 101: Introduction to Excess Power in Fleischmann-Pons Experiments"
訳 "常温核融合 101: フライシュマン - ポンス実験における余剰パワーの概要"
http://student.mit.edu/searchiap/iap-BD6D0CF8E170B284E0400312852F4A61.html

が、開催されます。

講師は、MITのPeter Hagelstein教授 と JET Energy, Inc のMitchell Swartz博士です。

MITとJET Energyでは、昨年から一年間、NANOR energy generator という
Cold Fusion(常温核融合) システムのデモを成功させています。
(つまり、MITでは、 Cold Fusionは、認めら成功している実験です)
http://coldfusionnow.org/massachusetts-state-sen-bruce-tarr-visits-still-operating-jet-energy-nanor-demo/

ジルコニウム酸化物のナノ構造を持つ量子電子デバイスと言われています。
現象は、学生と凝縮物質原子力科学(CMNS)コミュニティの両方で観察されています。
資料はこちら、
http://cdn.coldfusionnow.org/wp-content/uploads/2012/12/HagelsteinPdemonstra.pdf
とこちら、
http://coldfusionnow.org/conclusively-demonstrating-the-new-energy-effect-of-cold-fusion/

-----------------------------------------------------------------
IAP 2013の該当講義の概要は以下です。
-----------------------------------------------------------------

(講師)
Peter Hagelstein, Mitchell Swartz
(日程と場所)
Jan/22 Tue 11:00AM-01:00PM 4-153
Jan/23 Wed 11:00AM-01:00PM 4-153
Jan/24 Thu 11:00AM-01:00PM 4-153
Jan/25 Fri 11:00AM-01:00PM 4-153
Jan/28 Mon 11:00AM-01:00PM 4-153
Jan/29 Tue 11:00AM-01:00PM 4-153
Jan/30 Wed 11:00AM-01:00PM 66-144

Enrollment(入学): Unlimited(無制限): No advance sign-up(事前サインアップ不要)
Attendance(出席): Repeating event, particpants welcome at any session (イベントを繰り返し、参加者は、どのセッションでも歓迎)

Excess power production in the Fleischmann-Pons experiment; (フライシュマン - ポンス実験における余剰パワーの生産;)
lack of confirmation in early negative experiments; (初期の否定的の実験で確認の欠如;)
theoretical problems and Huizenga's three miracles; (理論的な問題とハイゼンガの3奇跡;)
physical chemistry of PdD;  (PdD(パラジウム・重水素)の物理化学;)
electrochemistry of PdD; (PdDの電気化学;)
loading requirements on excess power production; (過剰なパワー生産に関する要件のローディング;)
the nuclear ash problem and He-4 observations; (核の灰の問題とHe-4の観測;)
approaches to theory; screening in PdD; (理論へのアプローチ; PdDのスクリーニング;)
PdD as an energetic particle detector; (高エネルギー粒子検出器としてのPdD;)
constraints on the alpha energy from experiment; (実験からアルファエネルギーの制約;)
overview of theoretical approaches; (理論的アプローチの概要;)
coherent energy exchange between mismatched quantum systems; (不一致の量子系間のコヒーレント(可干渉性の)エネルギー交換;)
coherent x-rays in the Karabut experiment and interpretation; excess power in the NiH system;
(Karabut実験と解釈におけるコヒーレントX線; NiH(ニッケル・水素)システム内の余剰パワー; )
Piantelli experiment; (Piantelli実験)
prospects for a new small scale clean nuclear energy technology.(新しい小規模クリーンな原子力エネルギー技術の展望)

Sponsor(s)(スポンサー): Electrical Engineering and Computer Science(電気工学とコンピュータサイエンス)
Contact(連絡): Peter Hagelstein, plh@mit.edu

-----------------------------------------------------------------
MITが常温核融合(Cold Fusion, LENR) 着実に前進しているみたいです。