Sep 12, 2012

E-Cat Conferenceの驚愕ニュース

E-Catカンファレンスが2012-09-09に行われ
アンドレア・ロッシ氏がパネルディスカッションに出ました。

 (ネタ元 PESWIKI)


-------------------------------------------------
(提示されている結論)

  • E-Catは、ガソリンの100-500倍のエネルギー密度
  • 出力も、ガソリンの100-500倍ということです。
  • しかも、総重量は、たったの 4343.4 [g]
  • しかも放射能は検知されない。

(私):ついに、産業革命、エネルギー革命のラッパが鳴らされた

19世紀は蒸気機関
20世紀は、ガソリンエンジンと原子力発電所と電力会社
21世紀は一人に一台E-Catの時代

-------------------------------------------------

E-Catは、常温核融合(Cold Fusion, LENR)の装置です。
大学工学部に入学できるぐらいの人なら
だれでも事の重大さに気がつくはずです。
-------------------------------------------------

パネルディスカッションの動画


---------------------------------
以下、添付資料の抜粋訳
---------------------------------

High Temperature Energy Catalyzer Test 
(Aug. 7th, 2012).

高温エネルギー触媒のテスト報告
(2012-08-07)

[前書きの訳]

On Aug. 7th 2012, I conducted a test on the high temperature
(800-1200° Celsius) Energy Catalyzer in the course of 
the current product certification process. 

2012年8月7日で、私は、現在の製品認定プロセスの過程で
高温(摂氏 800°から1200°)エネルギー触媒に関する実験を実施した。

On this occasion, the range of temperatures obtained were found 
to be comparable to the ones recorded 
for similar power input values 
in the previous validation test
(see full report attached)
performed on July 16th, 2012.

この機会に、得られた温度の範囲は、
2012-07-12に実施された
以前の検証テスト
(添付された完全なレポートを参照してください)における
同様の電力入力値のために
記録されたものと
匹敵するものであることが判明した。

(Signed)
Fabio Penon, M.Eng (Nuclear Engineering Specialist).

(署名)
ファビオ Penon、M.Eng(原子力工学の専門家)

Abstract
要約 

The object of this report are the measurements performed on the E-Cat module for the 
purpose of evaluating the order of magnitude of the power density in kW/kg, and of energy 
density in kWh/kg, of the source contained within the above-mentioned module 
subject to measurement. 

このレポートの目的は、
計測を条件として、
上記に言及したモジュールの内に含まれる原料の
kW/kg の電力密度、kWh/kg のエネルギー密度
の大きさのオーダーを評価する目的で、
E-CATモジュール上で実行される測定です。

The values are the coordinates of said source with reference to a Ragone plot. 

値は、ラゴン・プロットへの参照を使用して、
言われた原料に対等のものである。

Calculations attached to the present report are based on the data recorded by the infrared 
camera in use, as well as on observations performed during the test.

本報告書に添付の計算は、
テスト中に実行された観測と同様に
使用中の赤外線カメラによって記録されたデータに基づいています。

The mass of the active charge was obtained by subtracting, 
from the weight of the complete module as measured at the start of the test, 
the weight of its inert components as measured both before and after the test. 

アクティブチャージの質量は、
テストの開始時に測定された完全なモジュールの重さから、
試験の前と後の両方で測定されたその活性成分の重量を、
差し引きで求められた。

Therefore, the mass of what is considered to be the active 
charge also includes elements that are not part of it, f.i. 
the weight of paint and sealant putty, 
for which only a partial measurement was possible, 
as may be gathered from the photographs.

したがって、アクティブチャージであると考えられるものの質量は、
それの一部ではない要素、たとえば、
塗料の重量およびシーラントパテ、
写真から収集することができるように。
それについては、部分的測定だけが可能であった、
も含まれています。

(略)

In summary, the mass to be considered as active is 20.38 grams.

要約すると、アクティブであると考慮される質量は20.38グラムである。

(訳注: 燃焼などの伝統的化学反応として考えられる質量変化をとらえている
 つまり、試験の前後で化学反応の可能性がどの程度かを見積もるためである)

(略)

Power and energy density calculation 8.069 kW
電力およびエネルギー密度計算 8.069 kW

(略)

Maximum rated power for resistors 
抵抗の最大定格電力

Maximum power input during test 3.56 kW
試験中の最大電源入力 3.56 kW

Test duration 6.48 hrs. From 11:21 AM to 5:50 PM
実験時間 6.48時間。 午前11時21分から午後17:50まで

(略)

Power and energy consumption are summarized in the following chart.
電力とエネルギー消費量は以下の表にまとめられている。

(略)

Energy consumption (kWh) 8.330
消費電力量(kWh) 8.330

Total hrs. 
合計時間。

Average power(kW) 1.28
平均電力(kW)1.28

(略)
Power and energy density
パワーとエネルギー密度

(略)

In this instance, both average power density and peak power density 
should be calculated, inasmuch as the latter is more significant. 

この場合、両方の平均電力密度とピークパワー密度は、
後者がより重要であるだけれども、計算しなければならない。

(略)

POWER IRRADIATED BY THE EXTERNAL LATERAL SURFACE
外部側面を照射加熱した、エネルギー
平均(全コマ)2.115 kW
Peak (frame 17h49) ピーク(フレーム17h49)

(訳注 計測値は赤外線カメラの情報から計算で求められていると前部にコメントがある)

POWER DENSITY
電力密度

Average (all frames, average power consumption = 1.28 kW)
平均(全コマ、平均消費電力= 1.28キロワット) 

 (2.115-1.28)/0.02038 = 40.962 kW/kg

Peak (frame 17h49, power consumption = 3.56 kW)
ピーク(フレーム17h49、消費電力=3.56キロワット)

AVERAGE ENERGY DENSITY
平均エネルギー密度

(2.115-1.28)/0.02038 x 6.48 hrs = 265.435 kWh/kg

Conclusions and critical remarks.
結論と批判的な発言。

The E-Cat energy source is not conventional.
E-Catのエネルギー源は、従来のもの(化学反応)ではありません。

In the Ragone diagram, its energy density places it 
very far from any conventional source.
ラゴンの図では、そのエネルギー密度は従来の任意のソース
(化学反応や運動エネルギー)から非常に遠くに配置されます。

(略)

Attached documents.
添付書類。


(訳注 このグラフの意味することは、きわめて重要です。
E-Catは、ガソリンの100-500倍のエネルギー密度
出力も、ガソリンの100-500倍ということです。
つまり、今最も力を入れるべき新技術です。
マジンガーZやガンダムを本当に実現できるパワーかもしれません(笑))

E-Cat module coordinates.
E-CATモジュール座標。

Average energy density 265.435   kWh/kg
平均エネルギー密度 265.435   kWh/kg

Average power density 40.962     kW/kg
平均電力密度 40.962     kW/kg

Peak power density 152.243   kW/kg
ピークパワー密度 152.243   kW/kg

(略)

CONCLUSIONS
結論

The measurements show that, within the instrumentation 
limits given above, there are no signifiative differences in H*(10) 
with respect to instrumental and ambient background.

測定結果は、上記の制限内の計装で、
インストゥルメンタルと周囲の背景に関して、
H*(10)には意味の違い
が存在しないことを示している。

The dosimetry measurement is not dissimilar 
from the ambient and instrumental background within the instrument’s sensitivity,
 both in average and peak values. 
 
線量測定は、平均値とピーク値の両方で、
測定器の感度内の周囲や楽器の背景に、
似ていないというこはありません。