Feb 22, 2014

事故と失敗はいつか必ず起きる、備えよ

人間、どんなに頭が良くても、全てを予見するすることはできない。

だから、事故や失敗はいつか必ず起きる。

絶対安全なんてものは無い。

足りない頭で、精一杯予想しなければならない。
想定の範囲をできるたけ広げて、悪条件を組み合わせて、、、。

そして、何かが完成するが、実地で試して見ると、いろいろと問題が出て来る。

問題ぐらいならいいが、事故や失敗となると悲惨だ。

問題、事故、失敗があれば、
正面から向き合い、原因を調べ、再現を確認し、
発生条件を確定して、
対策を打たなければならない。

これは、品質、つまり安全性という品質の向上活動である。

が、費用というお金と納期という時間の問題があり、
費用、品質、納期のバランスを取らなければならない。

どんな物でもいつかは壊れるから、
そのまま使い続ければ最終的に、事故が起きるので、
装置の寿命管理が必要である。

偶発的災害に対処するためには、
保険制度を使うしか無いのだ。

最近思うが、憲法や法律は、文章だから壊れないが、
時代に合わなくなり寿命を迎えると思う。
やはり、憲法や法律の寿命は、30年だろう。

参考サイト 失敗学の畑村先生の講演記録