Nov 1, 2014

E-Catの理論仮説・束縛中性子トンネリング1

以下は、Ecat-Worldの記事、
Low Radiation Fusion Through Bound Neutron Tunneling (Proposed LENR Theory by Carl-Oscar Gullström)
に紹介されたE-Catの動作原理を推測し仮説を立てた論文の翻訳です。


以下は、私が勝手に翻訳したものですから、翻訳文の著作権は原論文の著者に属します。
翻訳はこれから少しずつ行いますので、細切れになります。

(ここから)

Low radiation fusion through bound neutron tunneling

束縛中性子トンネリングを通じての低放射の核融合

Carl-Oscar Gullström

カール·オスカーGullström

October 25, 2014

2014年10月25日

Abstract

要約

To achieve low radiation fusion one considers bound neutron tunneling in the MeV range.

低放射核融合を達成するために、人は、MeVの範囲での束縛中性子トンネルを考える。

It is found that the probability for bound neutron tunneling is larger then tunneling through a coulomb barrier for Ni Li interaction below the energy for fusion conventional Ni Li fusion.

分かったことは以下である、束縛中性子トンネリングの確率がかなり大きいので、NiのLiの相互作用のためのクーロン障壁をトンネリングすることが、従来のNiのLi核融合のためのエネルギーを下回るのだ。

The theory from basic quantum mechanic tunneling principles are compared with the e-cat device.

基本的な量子力学のトンネリングの原理の理論は、E-Cat装置と比較されている。

It is found that bound neutron tunneling fusion could explain isotope abundance, energy production and burn rate from an e-cat test run done by a third party collaboration.

分かったことは以下である、束縛中性子のトンネル核融合は、同位体存在、エネルギー生産および燃焼速度をを説明できる、それらは、サードパーティの共同作業によって行われたE-Catテストランから発生したものだ。




Bound neutron tunneling

束縛中性子トンネリング

Tunneling is a known process in nuclear physics.

トンネリングは、核物理学で知られているプロセスである。

Alpha decay in heavy nuclides and low energy proton capture in for example Li p interaction is explained by tunneling through a Coulomb barrier.

重い核種におけるアルファ崩壊、さらに、例えばLi(リチウム)とp(プロトン:陽子)の相互作用における、低エネルギー陽子捕獲、これらは、クーロン障壁を通過するトンネリングによって説明される。

These examples deals with nucleon above the free energy so the particles could be free.

これらの例は、自由エネルギーを超える核子を扱っています、それ故、粒子が自由でありうるのです。

What will be considered here by the simplest quantum mechanic model is tunneling between 2 potential well created by two nucleons.

最も単純な量子力学モデルによって、ここで考慮される何かとは、2つの核子によって作成されたポテンシャル井戸の間のトンネリングです。

The idea is that bound neutron tunneling should be considerable larger than coulomb barrier tunneling.

アイデアは、こういうことです、束縛中性子トンネリングが、クーロン障壁トンネリングよりも大きいと考えなければならないということです。

Bound neutron tunneling should give ground state ground state interaction if the neutron energy level is close in the two considered nucleus.

束縛中性子トンネリングは、基底状態と基底状態の相互作用を与えるはずです、もし仮に中性子エネルギーレベルが、その2つの核内で近いならばだが。

To calculate the difference in tunnel-ing probabilities one could considered basic quantum mechanics.

トンネルする確率の差を計算するために、人は、基本的な量子力学を検討できた。

In the WBK approximation the transmission coe cient T for a potential barrier is given by

WBK近似における、ポテンシャル障壁のための透過係数Tは、以下で与えられる、

where m is the mass of the tunneling particle, h~ is the planck constant,
V (x) - E is the distance between the energy level and the potential and the
integration limit is between the barrier wall.

ここで、m は、トンネリング粒子の質量、h~ (hに短い横線)は、プランク定数、
V (x) - E は、エネルギーレベルと電位との距離、
積分限界が障壁の間隔です。


In the following example interaction between Ni, Li and p is considered.

次の例では、Ni(ニッケル)、Liとpとの間の相互作用が、考えられている。

First one considered the outer wall point for different energies from coulomb interaction where the coulomb potential is given by

最初のものは、クーロン相互作用とは異なるエネルギーに対しての外壁点を検討します、そのクーロンポテンシャルは次で与えられます。

(訳注 1ージの終わり)

Table 1: Distance in fm between nuclides due to Coulomb repulsion

表1: クーロン反発力に関する核種の間でのFmでの距離

Table 2: Tunneling exp coe cients for coulomb repulsion

表2: クーロン斥力のためのトンネリングのexpの係数

where Zi is the charge of the different nuclides.

ここで、 Zi は、異なる核種の帯電。

The radius for different energies in the keV-MeV range is given in 1.

keVの-MeVの範囲の異なるエネルギーのための半径は、1で与えられる。

Next one considered Coulomb barrier tunneling for the same energies if one assumes the radius of the Ni and Li nuclides to be 4 and 2 fm.

次に、人は、同一のエネルギーのためのクーロン障壁トンネル検討した、もし仮に、人が、NiとのLi核種の半径を、4と2fm(フェムトメートル)と仮定する場合にだ。

The exponential coefficient

指数係数


is shown in tab. 2

は、表2で示される、

here only coefficient for particles above the coulomb barrier are set to below 0.

ここでは、上記の粒子のための係数だけで、クーロン障壁が0未満に設定されている。

For bound neutron tunneling one here consider the reactions

束縛中性子トンネルに関して、人は、ここで、この反応を考慮する


The potential depth is thought to be constant and calculated from differences in binding energies between the nuclides.

ポテンシャル深さは一定とされ、核種との間の束縛エネルギーの差から計算されたものと考えられる。

All binding energies are from ref. [2].

すべての束縛エネルギーは、参考文献 [2]からのものである。




For Lithium

リチウムについて、

is used while Nickel gives

が、用いられ、他方で ニッケルで与えられるのは、


The coe cients is calculated in tab. 3.

係数は、表3で計算されます。

Could one then consider tunneling for protons also but there one has to ad the coulomb
barrier and also for the considered nuclides the last proton binding energy is

人は、その後、プロトンのトンネリングを検討することもできるだけでなく、人は、クーロン障壁を追加する必要がありますし、考えられる核種についても、最終的な陽子束縛エネルギーは、以下です

Table 3: Tunneling exp coe cients for -7(Li) and -8(Ni) MeV n*

表3: トンネリングEXP係数、 -7(Li)と-8(Ni) MeV n* 用


(訳注 2ページの終わり)