Nov 13, 2013

小泉純一郎元首相の原発ゼロの具体策はこれだ

小泉純一郎元首相の原発即ゼロ提言は素晴らしい

さすが日本一の人気者、小泉純一郎元首相である。

カンの鋭さ、発表のタイミング、決断力、パフォーマンス、すべてが最高である。

「過ちては則ち改むるに憚るなかれ」を実践できる指導者はざらにはいない。

一方で、小泉純一郎元首相を批判している人は、何も本音を語っていないのが面白い。

本音は、すばり、「今の今まで原発で儲けている俺の生活を壊すな」である。

安倍総理の言う責任とは、原発で儲けている俺の生活への責任。

小泉純一郎元首相の責任は、日本人全体と日本人の子孫への責任。

どっちの責任が大きいか考えてみましょうね。

で、今の今まで原発で儲けている人たちの生活を壊さずに原発ゼロにする方法は、

原発をいますぐ止めて、火力発電所に改造することです。

これが一番。

こうすれば、今の今まで原発で儲けている人たちの生活を壊すことはない。

もっと具体的に知りたい人は、こちらこちらにまとめておいたのでどうぞ。

後、お節介ですが、、、

地球温暖化に踊ったお役人、NHKを始めとするマスコミ、そして東大の先生のために

地球温暖化については、すでにここここにまとめたように嘘だった可能性が高い。
少なくとも現時点では、ここ12年間は、まったく温暖化しておらず寒冷化している。

だから、今なら、環境省のお役人もNHKもマスコミも、そして東大の先生も、
色々な偽装が話題になっている今ならこう言える言い訳を考えておきました。。

欧米の学者や米国のゴア氏に騙されていました。
私達が慎重に再検討したらどうも可怪しいと気がついたのです。
「過ちては則ち改むるに憚るなかれ」です。
これからは独自研究をもっとして、長期気象予想の研究をしていきます。
原発は日本という地震津波の環境には悪いものなので止めましょう。
当面火力発電で凌いで新しいエネルギーを開発しましょう

あとトルコやベトナムへ原発をトップ・セールスした人のために

今ならこう言える言い訳を考えておきました。

「日本は、国内の原発をゼロにしますが、全て停止させるという意味です。
研究用と予備電力用に動かせる状態で保存するものはおそらく二基だけですが、
それも普段は、停止しておきます。
そして、停止した原発の活用方法と廃炉の研究が着手されます。
これは、貴国にもきっと役に立ちます。
日本で原発を停止する理由は、
地震・津波国では、原発は運転が危険であること、
使用済み核燃料の安全な廃棄場所も見つからないためですが、
停止した原発を改造して火力発電所にするこちができるからです。
貴国は、地震も津波もなく原発は、運転も廃炉も安全です。
が、日本からは、より安全な原子力と火力のハイブリッドの発電所を改めてご紹介できる予定です。
使用済み核燃料等は、これまでの研究で、そのままそっと保管しておくことが最上で最安です。」

高速増殖炉とか熱核融合炉を研究している学者さんのために

今ならこう言える言い訳を考えておきました。

「高速増殖炉を再検討したら、なにより安全性確保が難しく、発電方式として一番コスト高になることが判明しました、また一度事故がおきると、福島第1原発以上の爆発になるので、地震・津波国には向きません、中止します。熱核融合炉の研究は米国が撤退したという情報が入り、よく調査すると、LENRという方式が研究されだしています。我が国のエネルギー事情を劇的に改善できる可能性がある技術と思えるので、LENRに舵を切りたいと思います。」

ということで、原発をいますぐ止めて、火力発電所に改造しましょう。