Nov 17, 2012

ECAT Technology 翻訳


http://ecat.com/ecat-technology (2011年11月17日)の翻訳です
訳文の正確さを保障していませんので、解釈は自己責任でお願いします。

----------------------------------------------------

ECAT Technology

The ECAT, Energy Catalyzer, is a Game Changer in the Energy Production Sector because it is:
ECAT、Energy Catalyzer は、エネルギー生産分野におけるゲームチェンジャーです。なぜなら、

Energetically Superior
精力的に優れているから

Costwise Superior
コストの点で優れているから

Environmentally Superior
環境面で優れているから

What is the ECAT?
ECATは何ですか?

The ECAT is the first commercial Cold Fusion or LENR device (Invented by Andrea Rossi, commercialized by Leonardo Corporation)
ECATは最初の商用コールドフュージョンまたはLENRデバイスです(アンドレア・ロッシによって発明され、レオナルド社によって商品化されました)

The ECAT generates heat energy by fusing Nickel with Hydrogen (This is an exothermic reaction, i.e. produces excess energy)
ECATは水素とニッケルの融合により熱エネルギーを発生させる(これは発熱反応であり、すなわち、過剰なエネルギーを生成します)

ECAT Fuel Facts
ECATの燃料の事実

ECAT Fuel (Ni-H) in Comparison with oil:
石油との比較におけるECAT燃料(ニッケルと水素):

Costs 1/1000 of Oil  (Cost less than transportation cost of oil)
コストは石油の1/1000 (油の輸送コストよりも低コスト)

Energy Density > 100 000 x oil
エネルギー密度> 100 000 × 石油

Power Density > 100 kW/l
出力密度> 100キロワット/リットル

Reserves 10 billion years  oil 150 years
埋蔵量100億年 石油150年

(訳注、近年世界最大の産油国ロシアの石油は5千メートル以上の超大深度からくみ上げられ、
石油無機起源説が裏付けられつつあり、埋蔵量は数千年分あるともされますが、
E-CATのニッケルと水素方式は、それをはるかにしのぐ太陽系の寿命までOKという意味です)

No emissions, no pollution, no noise.
全く排出せず、無公害、騒音無し。

1 liter Ni-H <-> 2 000 000 liter oil
1リットルのNi-H < -(相当する)- > 2 000 000リットルオイル

The ECAT will revolutionize energy production as we know it. On top of the favorable Fuel Facts the ECAT features:
このように、ECATは、エネルギー生産に革命をもたらすでしょう。 :良好な燃料事実という、ECATの特徴の上において:

Low Operation and Maintenance Costs (the modular design admits minimal maintenance)
操業とメンテナンスのコスト削減(モジュラー設計は、最小限のメンテナンスになる)

Minimal Fuel Transport Cost (only 2 refuelings/year under continous run)
最小限の燃料輸送コスト(連続運転環境下で 一年にたった2回の再充填)

Zero Carbon Dioxide Emissions
二酸化炭素排出量ゼロ

Zero Noise (only noise from auxilliary products <50dB)
ゼロノイズ(補助製品からのノイズのみ<50デシベル)

The process that makes this possible is called Cold Fusion or Low Energy Nuclear Reaction (LENR).
これを可能にしたプロセスは、常温核融合や低エネルギー核反応(LENR)と呼ばれる。

Nickel is fused with Hydrogen and transmutes into copper.
ニッケルは水素と融合され銅へと核種変換します。

(訳注、ニッケルの原子番号は、28 銅の原子番号は29です。
一般にニッケルが銅に変化した場合、銅の同位元素となりますので、
放射性(被曝の可能性)があるかどうか慎重に確認する必要があります。
また、核種変換が銅だけに限定されるかどうかも
慎重に確認する必要があります。)

This is an exothermal nuclear process
これは、核発熱過程である
that releases energy at around 10MeV per atomic reaction compared to the burning of Hydrogen
水素の燃焼に比べて原子反応あたり10MeV付近でエネルギーを放出している
which only releases 1.5eV per atomic reaction (Burning H2 in O2).
(酸素 O2 内の 水素 H2 燃焼では)原子反応あたり、わずかの 1.5EV を解放します。

Per atom, the exothermal process has an energy content of more than a million times the energy content of the most energetic (per weight) chemical process.
原子当たり、発熱プロセスが最もエネルギッシュな(重量当たり)の化学プロセスのエネルギー含有量の百万倍以上のエネルギー量を持っています。

The higher weight of Nickel and the fact one usually disregard Oxygen’s weight due to its presence in air makes the net factor around 200 000 when compared to oil.
ニッケルの高い密度の重さ、そして次の事実、通常空気中に存在するために酸素の重量は無視できる、それらから、石油と比べて、正味で約 200 000 倍の因子があります。

The abundance of Nickel in the earth’s crust and the low price of Nickel make the ECAT one of the cheapest energy producers around.
地球の地殻中のニッケルの量とニッケルの低価格は、だいたいにおいてECATを最も安いエネルギー製造機にします。

The ECAT does not pollute or release any carbon dioxide.
ECATは二酸化炭素をまったく汚染したり排出しません。

Put together, there is no doubt that this is a good and safe energy source for the future.
まとめると、これは将来のために良い、安全なエネルギー源であることに、疑いの余地はない。

For more information about the sience behind the process read ECAT Science.
プロセスの背後にあるサイエンスについての詳細はECATサイエンスをお読みください。

If you are interested in this technology or in one of the ECAT products, do not hesitate to sign up and contact us by using the ECAT Inquiry form.
あなたが、この技術やECAT製品のいずれかに興味がある場合は、サインアップして、ECATお問い合わせフォームを使用してご連絡することを躊躇しないでください。

Cold Fusion expert Jed Rothwell has written an excellent paper of possible applications where he shares his view on this groundbreaking technology:
Cold Fusionの専門家ジェド・ロスウェルは可能なアプリケーションの優れた論文を書いています、ここで彼は、この画期的な技術上の彼の見解を共有しています:

(訳注 ここから、ジェド・ロスウェルの論文の引用です)
Cold fusion has been called the ideal source of energy:
常温核融合は、理想的なエネルギー源と呼ばれています:

it does not pollute;
それが汚染しません。

the fuel is inexhaustible;
燃料は無尽蔵である;

it is potentially thousands of times cheaper than conventional energy;
それは潜在的に、従来のエネルギーよりも数千倍安いです。

and it is compact.
そして、それはコンパクトです。

“Compact” means both energy and power density are high.
"コンパクト"は、エネルギーとパワー密度の両方が高いことを意味します。

(訳注 ここでのエネルギーとパワーの意味は、
自動車に喩えると、エネルギーは一回の給油で走れる走行距離、パワーはエンジンの出力・馬力になります)

Gram for gram, energy density appears to be about a million times better than oil, coal or other chemical fuel;
重さのグラムとグラムをくらべて、エネルギー密度が石油、石炭やその他の化学燃料よりもv百万倍程度優れていることが明らかです。

a single, small charge of heavy water fuel will last for decades.
重水燃料の単一の小さな充填だけで、何十年も運転が続きます。

(訳注 ジェド・ロスウェルは重水燃料を想定していますが、ECATは、どこにでもある軽水素でよいのでさらに有利です)

Power density is at least as good as a uranium fission reactor core,
パワー密度は、ウランの核分裂炉心と少なくとも同じくらい良いです

but fission requires gigantic, heavily shielded, centralized reactors,
しかし核分裂は、巨大な、重いシールドされた、集中管理の原子炉を必要とします

whereas cold fusion engines will probably be as small and light as gasoline engines.
一方、常温核融合エンジンは、おそらくガソリンエンジンのように、小型軽量になります。

These advantages are so remarkable
これらの利点は、とても目を見張るものがあるので、

they give people a sense
それらは人々に次の意味・感覚を与えます、

that cold fusion must be “too good to be true.”
常温核融合は "話がうますぎる"に違いない。

Yet, cold fusion has no unique virtues”

けれども、常温核融合には、独特の長所がありません。

(訳注 ジェド・ロスウェルの論文の引用の終わりです)