Sep 23, 2017

朝鮮戦争当時も、朝日新聞は嘘つきで共産党は危険だった

朝鮮戦争当時も、朝日新聞は嘘つきで共産党は危険だった


朝鮮戦争当時の朝日新聞は、朝鮮戦争が韓国とアメリカの侵略から始まったと嘘を流していた

倉山満『嘘だらけの日韓近現代史』より

「ちなみに一番間抜けなのは日本のメディアと学界です。金日成は「韓国が国境線で挑発してきたので、反撃を行った」と声明を出しましたが、おそらく本気でこんな声明を信じたのは、日本のメディアと新聞くらいでしょう。朝日新聞岩波書店、当時「朝日岩波文化人」と呼ばれた大学教授たちは、「南の侵略」と言い張っていました。しかし、十分な侵略準備もしていないのに、釜山以外の韓国全土を占領するなど不可能です。当事者の北朝鮮や韓国は真相を知っています。スターリンや毛沢東は笑い転げていたでしょう。」
朝鮮戦争当時の日本共産党と在日朝鮮人は、日本国内で武装蜂起(テロ)を起こした。( 第010回国会 法務委員会 第12号”. 衆議院森田実の言わねばならぬ 2013.9.6 )

参考 国連のファースト・エネミーだった中国