Sep 20, 2017

共産党一党独裁の中国との付き合い方

中国の何が日本にとって問題なのか

共産党一党独裁中国だから政治的にも経済的にも自由が無いので、日本の投資が無駄になる
日本にスパイを侵入させ日本の国力を落とすように策謀している(だろう)
日本やその他の国を移民・軍事力・経済力で侵略・支配・隷従させようとする
中国国内統一のため外国として日本を敵視し侮辱し陥れようとする

孫子の兵法

最善の策とは、戦わずして勝つ
彼を知り己を知れば百戦殆うからず

中国との付き合い方

中国人旅行者には日本入国時に正しい情報(自由な世界と不自由な中国)のパンフレットを配布する
中国人旅行者には日本入国時に正しい情報(自由な世界と不自由な中国)をメモリーカードで渡す
中国人旅行者には日本入国時にWiFiのみで相互通信できるスマホアプリをメモリーカードで渡す

中国人に日本の土地を買わせない(日本人が中国の土地を買えないため)
中国人に日本の会社を50%以上買わせない(日本人が中国の会社を買えないため)
中国人に日本の軍事基地には近づかせない(日本人が中国の軍事基地に近づけない)

中国に回収できない投資をしない(物品貿易は可)
中国に科学技術を流出しない

中国人をスパイの疑いありと見る(特に中国滞在中)
中国人のハニートラップに用心する(特に中国滞在中)
中国人から土産物を貰わない(特に中国滞在中)
中国人記者を日本のNHK, 新聞社に出入りさせないで別の建物に入れ住まわせ監視する。

中国籍から日本国籍取得者には日本国憲法への忠誠を誓わせ、中国籍を離脱させる

中国と仲良くする国に自由主義陣営に入る方が得であることを説得する
中国人に自由主義陣営に資金と国籍を移動した方が得であることを説得する
中国に遠方の国にドルで投資させてから、契約違反を指摘して、その国に奪い取らせる
中国にドルで遠方の国の資源・港湾をドルで買わせてから、契約違反を指摘してその国に奪い取らせる
中国の国際法違反行為(領土領海侵略、人権侵害)を指摘して興奮させる
中国を奢り高ぶらせて外国を侵略させてから、自衛権の行使で国連軍として成敗する

日本は中国の苦手な分野(自由な文化、最新の技術)に注力する
日本の国防を費用対効果を見ながら強化する
日本にスパイ防止法を成立させる

共産党一党独裁の中国の優位点

人口が多い
人口が多いから経済力がある
人口が多いから頭のいい人も多い
人口が多いから軍事力がある
人口が多いから戦争では人海戦術に出る
核兵器と弾道ミサイルを所有
スパイを使い謀略を仕掛けるのが得意

共産党一党独裁の中国の弱点

共産党一党独裁の政治
民主的選挙が無い政治
国民に自由(言論、信教、居住、移動、行動、財産)がない
国民に共産党に服従を強制する
国民は常に監視されている国家
外国の情報が遮断され国民に伝わらない
自国の共産党の虐殺史を隠ぺいしている
人治主義であり法治主義でない
国際司法裁判所の強制管轄受諾宣言していない(ロシア、韓国などの武力至上主義国の仲間)
国際法を無視する国(オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判決(南シナ海は中国の領土領海ではない)を無視)
騙し打ちを是とする共産主義を信奉している
共産主義は全体主義の一種である
共産主義は軍国主義の一種である
共産主義は歴史を改ざんする
共産主義は旧文化を破壊した
中国金融資産の70%を、総人口の約0.5%にあたる共産党官僚が独占
台湾政府と正統性の争いがある
慢性的な資源不足(食糧、鉱物、エネルギー資源の不足)
自然環境保全に無関心
建国以来継続して外国を侵略し占領(チベット、新彊ウイグル、南シナ海、東シナ海)あるいは戦争し続けている
建国以来、自国民を6500万人(世界史上最大)虐殺している
国内で頻繁に暴動が起きている(らしい)

1950年 チベットを侵略
1951年 朝鮮戦争に参戦(国連決議で侵略者と断定されている)
1954年 新彊ウイグルを侵略
1959年 インドと武力衝突
1962年 インドと戦争(中印国境紛争)
1969年 中ソ衝突(ソ連=ロシアと戦争)
1970年 アメリカ合衆国の施政権下の尖閣諸島について領有権を突然に主張
1974年 西沙諸島を南ベトナムから奪う
1979年 中越戦争(ベトナムと戦争)
1988年 ベトナム海域サンゴ礁をベトナムから奪う
1995年 ミスチーフ環礁をフィリピンから奪う
1992年 領海法を制定し尖閣諸島について領有権を主張し、
1992年 東シナ海で日中中間線上に石油とガス鉱区を開発
2014年 南沙諸島に人工島と軍事基地建設、
2016年 オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判決を公然と無視

1966年から内モンゴル人民革命党粛清事件によってモンゴル人数十万人が粛清
1950年~1976年 チベット虐殺被害者120万
1958年~1961年 大躍進政策と称する無謀な産業政策の失敗によりうみだされた飢餓(餓死者総数、3,000~4,500万人)
1964年~1996年 中国新疆ウイグル自治区核実験で19万人急死、被害は129万人
1966年~1976年 文化大革命(数百万人から1000万人以上、最大2,000万人)
1989年 六四天安門事件(3000人の学生たちの抗議者が殺された)
1999年~2011年 法輪功事件(虐殺被害者 3397人)