Dec 29, 2017

悪は隠せば大きくなり晒せば小さくなる

2017年(平成29年)酉年も暮れていきます。

今年の世相を見聞きして、日本の一市民として感しだことは、「悪は隠せば大きくなり晒せば小さくなる」でしょうか。

ニュースで聞こえて来るものは、飽きれてしまう悪事ばかりです。

悪事を隠した後に露見して大事になったことばかりです。

・朝日新聞の1982年の意図的誤報から始まったそもそも存在しない従軍慰安婦問題での韓国との外交問題とサンフランシスコ市への波及など数十年続くゴタゴタ
・朝日新聞等の偏向報道から始まった国会と省庁を騒がしただけの森友・加計の忖度問題
・スクランブル可能にもかかわらず受信料の徴収にまつわるNHK側の不作為による不公正を正当化する詭弁とそれに免罪符を与える裁判所と不作為の国会
・経歴詐称問題(蓮舫氏の辞任、齋藤ウィリアム浩幸氏の辞任)
・東芝の業績不振を不正会計と言い張る天下り役員と政官財を巻き込んだ一連のゴタゴタ
・神戸製鋼、東レハイブリッドコード、三菱電線工業、三菱伸銅の実害はないが契約より劣る製品データ改ざんという嘘
・日産、スバルでの海外向けは不要なのに国内向け出荷時のみ必要な車両検査を無資格者が実施していたがその品質はまったく同じという変な問題
・JR西日本の新幹線(12月11日博多13時33分発の東京行きのぞみ34号13号車  N700系K5編成 川崎重工業で製造)にて、車両の異音・異臭・煙を乗務員と乗り込み保守担当社員が始発駅の博多から感じながらも、新幹線総合指令所の指令員との連絡がうまくできず走行を継続してしまい、台車ひび割れのまま大阪でJR東海へ引継ぎし、JR東海の判断で名古屋で運転打ち切りにした危険時の判断能力の欠如という重大インシデント。
・APPLE社がiPhoneのバッテリー劣化時に処理速度を低下させていたことを非公開にしていた顧客の選択肢を狭めた問題
・相撲協会と関係者の暴力体質・隠ぺい体質・不公平さが露わになった日馬富士の暴行事件

悪事を隠すと大きく膨らみ破裂して大事件となります。

一旦悪事を働くともっと凶悪な悪人に弱みとして握られ、当人はさらに罪を重ねることになります。韓国との外交問題などは、韓国に弱みを握られて日本を貶める方に加担せざるを得ない人や会社が何人もいると想像されても仕方のない状況です。

悪や失敗を避けるにはどうしたらいいのか。自分が善と思っても、立場が異なる相手からすれば悪に見える場合もあります。善悪の判断は、世の中の半数以上が悪と考える、半数以上が被害を受けるなら悪でしょうか。

第一に、悪を為さない事が最も大切です。しかし、人間というもの完璧な100%の善であることは不可能です。勉強不足、怒りにまかせ、欲に駆られ失敗や悪をしてしまうものです。

自分が、失敗や悪をしたときの処し方しては、


  • 事件は速やかに正直に警察に通報する。
  • 速やかに正直に親・上司に報告する。
  • 親・上司が法律に違反した不正に対処しないときは警察へ内部告発する。
  • 法律制度そのものが害になるときは勇気をもって改定を提案する。
  • 失敗や悪を見聞きしたときは、速やかに正直に警察や親・上司に連絡する。


速やかに正直に悪を晒すことで、弱みを握られる恐れが無くなります。

警察に通報するような事件の場合、外部に情報をへらへらと漏らすことは捜査の妨害になったり犯人一味の口裏合わせになりますので慎まなければいけないことになります。捜査過程での人間の言動は本当にややこしいのです。公正な捜査をするには、関係者を一斉に隔離して聴取しビデオで記録することが最善です。

親・上司は、悪い身内を処罰し、自らの監督不行き届きの責任を取らなければいけません。正義、公正、公平を貫くために、不正を発見し報告した者、内部告発した者を処罰してはいけません。不正を働いた者だけを処罰することが大切です。

親・上司は、子供、部下が自分の悪を指摘されれば、正直に警察に自首するあるいは、速やかに正直に祖父祖母・さらに上の上司に報告することが必要です。

新幹線の重大インシデントから考えると、トラブル発生(機械故障だけでなく暴力事件、不正な誤魔化し隠ぺいも含む)はありうると考え、発覚時にどう対処するか、上層部・経営層も年に一度程度は訓練しておくことが大切と分かります。

終わりに「善も隠せば大きくなり自慢すれば小さくなる」と言えそうです。自分で考えてみてください。

本当に、考えさせられる一年でしたと、しみじみ思います。