May 15, 2012

ECAT.com News (2012年5月15日)の訳

ECAT.com Newsが、2012年5月15日に来た、訳をしてみます。 ---------------------------------------
Leonardo Corp and Andrea Rossi is currently working on a new reactor type with specifications far better than the previous versions of E-Cat. The canonical improvement is that the new E-Cat is now working stably at much higher temperatures than previously achieved.
レオナルド社、アンドレア・ロッシは、現在、E-Catの以前のバージョンよりもはるかに優れた仕様を備えた新しい炉型に取り組んでいます。正規の改善は、新しいE-Catが、以前の達成よりもはるかに高い温度で安定して動作していることです。
These temperatures allows for a vast number of electricity solutions at 40%+ gross heat-to-power efficiencies and 25%+ net efficiencies taking into account the power used by the process. The design allows for merely any heat transferring media including water/steam, heat-transferring-oils, molten salts but also hot air.
これらの温度により、 40%+の総熱対電力効率と、さらに、プロセスによって使用される電力を考慮しすると25%+正味の効率という、電力ソリューションの膨大な量の改良を可能にします。 そのデザインにより、単に、水/蒸気、熱伝導・油、溶融塩、それだけでなく、熱風を含めた任意の熱伝導媒体の利用が可能になります。
The high temperature E-Cat reactor currently in test also opens up for applications with Sterling Engines. The new reactor is smaller in size and has a charge of 1.5 grams and more shielding than the original reactor. The new progress also gives the possibility to increase the COP for industrial applications.
現在テスト中の高温E-Cat炉はまた、スターリングエンジンを持つアプリケーションのために道を開きます。新しい炉はサイズが小さくなり、1.5グラムの電荷を持っていて、 オリジナルの炉よりも遮蔽しています。新しい進歩はまた、産業用アプリケーションにCOPを向上させる可能性を与えます。
Currently a one month long E-Cat test is in progress as part of the new development process.
現在1ヶ月の長いE-Catのテストは、新しい開発プロセスの一環として進行中です。
To read the entire article, please visit Ecat.com
記事全体は、Ecat.com をみてください。
---------------------------------------
感想

えっ、新しい炉に取り組んでいる、て、、、 できの悪いラーメン屋の出前のようなニュースだな、、、。
まだ、実用的なE-Catになっていないことは確か。 どこまで信じてよいものやら、、、、 不安になるが、、、、。
そういえば、4月のイタリアでの会議結果が、公開されているのだろうか、 高橋 亮人博士らが参加したと記録があったはずだが、 日本語では何も発表されていない、、、。

2011年末の高橋 亮人博士のレポートはこちら
そして、それらを保存する LENR-CANR.ORG (A library of papers about cold fusion) は、こちら