Apr 20, 2012

LENRの仕組みを理解するすれば、先頭ランナーになれる

LENRは、常温核融合のこと、
日本は大学では禁止された技術で研究者はほとんどいません。

研究者は、江戸時代の隠れキリシタンのように潜んでいます。
禁止しているアナクロニズムな人がいそうですね。

民間企業も元気のあるところはありません。
米国やイタリアが先頭ランナーで実用化に向かっているようです。

日本にはアメリカほどの自由な空気が少ないことは承知していますが、、、残念ですね。

最新状況の紹介記事があるので、一部翻訳で紹介します。

記事
http://pesn.com/2012/04/19/9602078_Brillouin--Understanding_How_LENR_Works_Will_Enable_Us_to_Be_First/
の前部の一部訳です。

登場する Brillouin 社の URLは、
http://www.brillouinenergy.com/
です。

Brillouin: "Understanding How LENR Works Will Enable Us to Be First"
Brillouin: LENRの仕組みを理解するすれば、先頭ランナーになれる

Robert Godes, inventor of the controlled electron capture reaction (CECR)
being commercialized by Brillion Energy Corporation of Berkeley, CA,
says that understanding
how "cold fusion" works gives them a strong advantage to move ahead
of the other players to make it first to market with affordable, clean, distributed nuclear power.

Robert Godes(CECR) 、制御された電子捕獲反応(CECR)の発明者、
CECRは、カリフォルニア州バークレーのBrillionエナジー、によって実用化されている、
彼は "常温核融合"がどのように動作するか、その理解は、
それらを手頃な価格、きれいな、分散型原子力発電を最初に市場に投入するために
他のプレイヤーの前に行けるだけの強力な利点を与えると言います。

Brief Review of LENR Show
LENRショーの簡単なレビュー

One of the most exciting fields in the exotic free energy world right now is colloquially called "Cold Fusion,"
or Low Energy Nuclear Reactions (LENR)
-- "low energy" referring to the relatively low energy required to instigate the nuclear event
that produces copious amounts of energy, usually cleanly.



エキゾチックな自由エネルギーの世界で最もエキサイティングな分野の一つは、
今口語で "Cold Fusion 常温核融合"と呼ばれています
"low energy 低エネルギー"とは、核反応を起動するために必要な比較的低エネルギーという意味
それは、通常、きれいに、エネルギー大量のを生成します。

There are several things that make it exciting.
For me, the rebel element of something that mainstream academia for so long called "junk science" finally being vindicated over and over brings huge satisfaction and a grin to my face.
The fact that there are multiple groups competing for the "first to market" honor, not just one, and that each group has certain elements that make them strong,
and others that make them weak, so the potential winner is not obvious, adds to the intrigue.
Another point of high interest is the human drama involved, both within each group as well as between the competing groups. oments of heroism are intermingled with moments of infamy.

エキサイティングなことがいくつかあります。
私にとって、とても長く、主流学界からいわゆる "ジャンクサイエンス"と呼ばれた何かの反乱の要素が
最終的に正しさを立証され、もっともっとそれ以上に、巨大な満足と私の顔に笑顔をもたらします。
"市場への最初の"名誉を競う複数のグループ、ひとつではありません、が存在するという事実、
そして各グループは、彼らが強くなれる特定の要素を持っている事実があります。
また、彼らが弱くなるような他の事実もあります。
潜在的な勝者は明らかにされていませんので、陰謀や好奇の目が集まります。
関心の高さのもう一つのポイントは、関与する人間ドラマです。
各グループ内と競合するグループ間の両方の人間ドラマです。
英雄の機会は汚名の機会と混在しているのです。

It's like the horse race of the century, with several strong contestants taking turns in front.
これは、いくつかの強力な出場者が前面にターンを取っている世紀の競馬のようなものです。

What is dumbfounding to me is that more people don't share in the excitement of following the saga
that is destined to change the planet profoundly: making energy affordable, clean, distributed, portable, sustainable,
and opening all kinds of new opportunities (such as flying cars and asteroid mining),
not to mention creating gobs of jobs.

私をものも言えないほどびっくりさせいいる何かがあります、それは
多くの人々が、それはとてつもなく深くこの惑星地球を変更することが運命づけられている
次のサガ(栄枯盛衰物語)
「手頃な価格、きれいで、分散、ポータブル、持続可能なエネルギーを作り、
すべての種類の新たな機会(例えば、飛ぶ車や小惑星探索など)への道を開き、
たくさんの仕事を作成することは言うまでもありません」
この興奮を共有していないということです。

With the advent of any one of these exotic free energy technologies
(and there are several modalities emerging, each with multiple players like I just described for LENR),
not only do we have the tangible mechanism for recovering from our global economic downturn, but we can finally manifest the world of the Jetsons.

これらのエキゾチックな自由(ほとんどタダ)エネルギー技術のいずれかの出現で、
(私はちょうどLENRで説明したように、複数のプレイヤーによるいくつかの新しいの方式があります)
我々は世界的な景気後退から回復するための具体的なメカニズムを持つだけでなく、
我々は最終的に宇宙家族ジェットソンの世界を明示することができるのです。

Brillouin Interview
ブリルアンへのインタビュー

With the entry of Brillouin (pronounced "brillo" - "in") Energy Corporation (BEC) into the LENR fray,
the excuses to not pay attention just went to zero -- not that there were legitimate excuses before.

Brillouin ( "ブリロ" - "イン"と発音 )Energy Corporation (BEC) のLENRの争いへの参入で、
注意を払わないための言い訳はちょうどゼロになりました。
以前は正当な言い訳をできましたけどね。

On Tuesday, I was privileged to conduct a 1.5-hour interview with Robert W. George II, who serves as CEO;
as well as with the inventor, Robert Godes (pronounced "God" - "ez"),
who serves as CTO.
Since they are both named Robert, the way they distinguish between them is that Robert George goes by "Bob". And the inventor goes by "Robert."

火曜日に、私はロバート(Robert W. George II)(CEO 最高経営責任者)に1.5時間のインタビューを行えました。
同様に発明者、Robert Godes(CTO 最高技術責任者)にもインタビューを行えました。
彼ら両方はロバートという名前が付けられているので、
彼らを区別する方法は、Robert George は "Bob"、発明者 は"ロバート Robert."


"We Know How It Works"
"我々は、それがどのようにはたらくか知る"

Photo of one of the Brillouin prototypes.
ブリルアン プロトタイプ のいずれかの写真。

Though they are latecomers in the public eye,
they are not newcomers to the science;
and they think they have an advantage that will make all the difference to enable them to actually make it to market first in a major way:
They understand how it works, thanks to the work and inventive intuition of Robert.
And because they understand it, they can optimize the design more rapidly,
complete with the ability to turn on/off the reaction,
govern it up and down,
and run it in steady state --
capabilities that none of the competitors have yet had to the same extent.

彼らは、世間の目に後発ですが、にもかかわらず
彼らは、科学への新参者ではありません。
そして彼らはつぎのように考えている。彼らが実際には主要な方法で最初に市場に投入できるように有効にするためにすべての違いを生むだろう利点を持っている。
彼らはそれがどのように動作するかを理解しています。彼Bobは、仕事とロバートの本発明の直感に感謝します。
そして、彼らはそれを理解しているために、彼らは、より迅速に設計を最適化することができます
反応オンまたはオフにする機能を完成する
アップとダウンを支配する
定常状態でそれを稼動させる
その機能は、競合他社のどれもまだ同じ程度にきていません。

For example, when I was watching the data emerge from the Defkalion set-up, when I was in Greece (story),
I was expecting to see a steady curve,
but instead what I saw were intermittent spikes from the nuclear events.
The Brillouin curve would be steady.

例えば、私はギリシャ(物語)にいたときに、Defkalion セットアップから出てくるデータを私が見ていた時
私は、安定した曲線を見て期待していた
その代わりに私が見たものは、核反応からの断続的なスパイクであった。
ブリルアンの曲線は、安定したであろう。

Speaking metaphorically of the competitors' technology,
Robert said: "They have a carburetor, but we know how the spark plug works (and the glow plug)."

競合他社の技術を比喩的にいえば、
ロバートは言った:
"彼らは、キャブレターを持っていますが、我々は、スパークプラグの動作(グロープラグ)方法を知っています。"

Independently Validated
独立して検証

They have had two significant independent validations of their scientific model and claims.
One of those was by Los Alamos National Laboratories.
The other was by Dr. Michael McKubre of Standford Research International (SRI), who subsequently joined their board of advisors.
McKubre was especially impressed by the consistency of the results.
This was the first time (in the LENR experimental arena) that he was able to repeat something every time, without exception.

彼らは科学的なモデルと特許請求の範囲の二つの重要な独立した検証を持っていた。
それらの一つは、ロスアラモス国立研究所で行われた。
他のは、その後の顧問、取締役会に加わったスタンフォード・リサーチ・インターナショナル(SRI)のDrマイケルMcKubreによって行った。
McKubreは、特に結果の一貫性に感銘を受けました。
例外なく、するたびに繰り返すことができたのは、
これが(LENRの実験の分野で)初めてでした。

McKubre is best known as the primary professional interviewed in the 60 Minutes piece on cold fusion that aired April 19, 2009 -- exactly three years ago today.

McKubreは、ちょうど3年前の今日 2009年4月19日放映された常温核融合の60分の作品にインタビューをされた主な専門家として最高に知られています


SRI is a highly respected laboratory involved in cutting-edge technology.

SRIは、最先端の技術に関与する非常に尊敬される研究室です。

Two Boiler Types
2つのボイラーの種類

One of the next development steps is going to involve a relationship with SRI to build
and test the Brillouin New Hydrogen Boiler"! (NHB"!) or "Hot Tube",
entailing BEC's new dry boiler system,
which will be capable of heats from 400oC to 500oC.
This technology will be capable of running power plant turbines.
Licensing this boiler technology is going to be the lowest hanging fruit
because of the number of power plant systems that have been mothballed by increasingly stringent EPA regulations.
By re-energizing these "stranded assets," the capital cost of building a system is dramatically reduced,
since the only thing they have to add is the clean boiler.

次の開発ステップの1つは、the Brillouin New Hydrogen Boiler(NHB"! "Hot Tube" )を
構築とテストするために SRIとの関係を含めようとしている
それは、BECの新しい乾燥したボイラーシステムを伴う、
それは400℃から500℃まで加熱することが可能となります。
この技術は、発電所のタービンをまわせるでしょう。
このボイラー技術をライセンスすることがいちばん簡単になるだろう。
理由は、ますます厳しいEPAの規制によって棚上げされている発電システムの数のためです。
"標準の施設"を再構築することによって、 システムを構築するための資本コストは劇的に減少します。
理由は、彼らは追加しなければならない唯一の事はクリーンなボイラーだからです。

-------- 翻訳につかれました、以下 略 です 原文をみてください。 ------------