May 12, 2010

Android Dev 1 + b-mobile で、 PocketWiFiもどきを作る

今日の まとめメモです。

■ニーズ

田舎に一週間、親の様子を見に行く予定がある。
PCでネットを見たい。田舎すぎてネットを引いていない。
PocketWiFiのような装置が欲しいが、
もっと安くあげる方法はないか。

■材料(手持ちの材料と新規購入検討)

 PC(WiFi付き)
 Docomoのデータ通信(新規購入検討)
 UQWiMAX (契約切れ)
 e-mobile D02HW SIMなし(契約切れ)
 e-mobile PocketWiFi (新規購入検討)
 iPhone3GS (SIMロック端末)
 Android Dev 1 (SIMフリー3G端末)
 WILCOM(新規購入検討)
 B-mobile(新規購入検討)

■Docomoのデータ通信 検討して没に

高い、契約と解約が面倒そう(短期とかがない)。
さすがNTT系硬い硬いそして複雑な仕組みと料金体系の商売である。

携帯電話は、音声とメールだけで十分ですね。

■UQWiMAX 検討して没に

AU, KDDI系のUQWiMAXには
UQ1DAYというたいへん便利な契約方法がある。

自分は、WiMAX Wi-Fiゲートウェイ(UG01OK/UD01OK)を
半年契約していたが、
友人に貸していただけであったので解約した。
自宅ではUQ電波が無いためである。

念のため調べたが、田舎にはUQ電波が無い。
電波があれば、これか最も安くカタログ性能もいい。
実際は基地局との距離で速度が大きく違う。

■ e-mobile  も没

田舎もe-mobile電波はきている模様。

e-mobile D02HWは、2010年3月でちょうど二年となり
契約を解消した。手元にSIMをはずした端末がある。
SIMロックがかかっている端末であり、
DocomoやiPhoneのSIMを入れても認識しない。

D02HWに一週間だけ使えるSIMカードを出して欲しいが
そんなメニューはない模様。

EMチャージという方法も二年縛りの端末買取となり
今回のニーズには高価である。
PocketWiFiは特に人気があり高い。

■ iPhone の PocketWiFi 化 も没

iPhoneは、実験用でブラウザを使うだけの自分は
変わり者である。
が、もしiPhoneがPocketWiFi のように
なれば、同時にPCもモバイル環境でつながりベスト

iPhoneをPocketWiFi化するアプリは探せばあるが、
しかし監獄破り(jail break)という技が必要で
ソフトバンク・アップルと契約違反となる模様。

契約違反してまで実施する必要は無い。

■ Android Dev 1 の PocketWiFi 化

そこで、昔実験用に買った Android Dev 1 を思い出す
これは、SIM FREEのデバイスだった。
昔、DocomoのSIMでアクティベートしたことを思い出す。

早速 実験開始

音声通話 ==> OK

 iPhoneのSIMをAndroid Dev 1 に入れて動作成功

Android から ネット  ==> OK

  IP通信をするために、APNをWEBで探す、発見
  ソフトバンクのiPhone専用の smile.world  を利用


  さらに、AndroidをPocketWiFi化するために
  AndroidMarketからWiFi Tether(GPL・無料)をインストール
  ただし、カーネルの変更も必要でSDKの準備など大変だった。

WiFi Tether を設定しいろいろ試す

接続方法は、

 Clients(PC1,PC2,iPhone)==WiFiAdhoc==>Android===>(SoftBank3G-Net)

 Clientからのhttp/httpsは、問題なし。
 ClientからのSSHは、ブロックされている。
 (★ さすがにソフトバンクも一定の守りをしている模様。)

 ClientにPSPを試したが、PSPのアドホックは、PSP間専用のため、
 つながらないと判明。
 NintendoDSiをつなぐ気分はなくなってしまう。

 AndroidのWiFiを親機(インフラチスラクチャモードのステーション)に
 することは、無線ドライバの改修が必要で手間が非常にかかり、
 ソフトのライセンス問題も出てくる。今回は必要なし。

 自分は、PCからクラウド上のサーバへSSH接続をしたいので、
 iPhoneのSIMカードを流用する案は没となる。

実験終了 SIMカードは、iPhoneへ戻す。

ということで、正しく契約したSIMカードがあれば、
Android Dev 1 の PocketWiFi 化は、結構いける。

■ WILCOM 没

 WILLCOM CORE 3G という Docomo網の再販だが、
 価格がe-mobileと大差なく、
 経営状況も良くなく、没とする。

■ b-mobile

b-mobileは、SIMのみ販売、1ヶ月 6ヶ月 1年の三通りあり
Android Dev 1 の PocketWiFi 化にぴったりである。

b-mobile SIM U300 1ヶ月(30日)
使い放題 BM-U300-1MS 2,980 円
(送料は当社負担)

これを契約することにしたい。

■ おまけ

Docomoの3Gの全国網は、完成したが、
ソフトバンクはまだまだこれからと地図を見て思う。

同じ3Gを使うのに電波の割り当てが少ないソフトバンクは、
かわいそうでもある。

最近アゴラで話題の光の道構想などを言い出すあたり、
ソフトバンクの苦しい立場が良くわかる。
光の道構想は、池田信夫先生から一刀両断にされており、
どうにも筋が悪い模様である。
孫社長ならば、なにかとんでもない発想がでてきそうである。
(自分なら、DocomoSoftbank変換フェムトセル機を開発して田舎に設置するが)


KDDIは、3G方式を使っていないため、
今後に大変な問題を抱えている。
どこかと合併するのだろうか。

以上一日半の調査でした。