Feb 3, 2013

PIANTELLIさんの特許は、eCatにとって障害?

PIANTELLIさんの特許 については、以前このブログでも紹介しました。

でも新しいこの記事で紹介されている特許は、微妙に違う資料およびタイトルです。

特許は何件も出願されていると考えるべきなのでしょう。

--------------------------
[記事要約]

このPIANTELLIさんの特許は、January 16, 2013 に取得されたとこの記事にあります。

PIANTELLIさんと Andrea Rossi  さんらは、University of Bologna での知り合いだったはずとのこと。

また、この特許は、 Andrea Rossi  さんの eCat や Defkalion の  Hyperionにとって障害となりうるという記事の内容です。

--------------------------
[私の意見]

でも、特許をざっと眺めてみて解るのですが、核反応式の要件が、陽子や重水素核(つまり+に帯電)が同じくプラスに帯電しているニッケル原子核と反応するというものです。中性子(neutron)の記述はありません。

「陽子または重水素核が、一旦電子と結合して、中性子(neutron)となってから、プラスに帯電しているニッケル原子核と反応する」とすれば、特許の要件を満たさないので、一般的な特許の判例からすれば、侵害とはなりえないと思われます。

そして、この中性子を経由する反応経路は、"Widom-Larsen theory"の主張するところです。もちろん、"Widom-Larsen theory"も特許を出願しているようです。